« April 2008 | Main | June 2008 »

ウイークリーニュースダイジェスト(2008/5/30)

●毎週金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けする。


・2008/5/26 - インド新聞
印IT関連団体、インド情報技術大学新設の計画書提出

インドのIT産業の成長軌道を維持するため、国内技術を向上していくことは、将来の需要を考えても非常に重要である。また、IT産業における需要を鑑み、大学生、大学院生、博士研究員レベルで、従来の受け入れ人数を超えた新しい施設の必要性を指摘している。


・2008/5/27 - 中国情報局
オフショア開発:国際取引を意識した契約を!

価格算定はどのように行うのですか?
契約書は英語ですか?
契約形態の主流は?
契約概念は通用するのですか?


・2008/5/29 - bp special
オフショア開発しなければ、企業が「滅びる」時代に

オフショア開発最大の問題は、コミュニケーション不足
オフショア開発の鍵を握るのはブリッジSE


・2008/5/30 - Think IT
オフショア開発向けUML適用ガイドライン

オフショア側の成果物は信用できないと重箱の隅をつつくようなチェックを続けていても、両者の信頼関係は悪化するばかりで、日本側の負荷は軽減されません。オフショア側も「どうせ日本側でもレビューするのだから」と手を抜きます。


・2008/5/30 - アクセンチュア
オフショアを活用した業務アウトソーシング

「オフショアを活用した業務アウトソーシング」について、よく聞かれる“3つの問い”に対する見解を述べると共に、そこから導かれる成功の要諦を考察してみたい。


・2008/5/30 - アイコーチ
第26回オフショア開発勉強会 ~文化的相違を考慮した交渉術

講演テーマは、文化的相違を考慮した交渉術。 前半は、米国を中心に研究が進むビジネス交渉術の基本理念を紹介し、後半にはオフショア開発への適用方法を議論します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1週間後の中間振り返り

今朝は5:50起床。

この二日間ほど急に冷え込んだため、のどを痛めてしまいました。明日はオフショア大學「コーディネート概論」の講師会議、通称オフショア大學パワーミーティングです。部屋を片づけなきゃ。

オフショア大學第3期が始まって1週間経ちましたので、その振り返りと改善点の洗い出しを行います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もしも中国人が金髪だったら?

よく聞くセリフ
中国人女性はコミュニケーション能力が高いので、オンサイト開発には女性技術者を優先的に配置します。(人材派遣業/日本人)

●問いかけ

あなたは、この意見に同意しますか?
理由を添えてあなたの考えを述べなさい。

◆同意する
◆同意しません
◆その他

○結果を見る
○コメントボード


オフショア開発PRESS 巻末記事より。
http://press.1offshoring.com/index.html


中国人を日本に研修生という名目で呼んで、工場労働者として働かせていました。私がお会いしたのは、その社長が初めて研修生を受け入れた頃です。

わずか20歳そこそこで突然親元を離れ、初めて行った外国でそのまま2年間も研修するのは大変だろう、里心も付くだろうからと、慰める意味でも休日には自宅に呼んで食事をとりながら話を聞いてあげたりしていました。

その社長曰く、

「なぜ、中国人はあんなに礼儀知らずなのか? 人の家に上がるのに、靴も脱がない」

私は、その社長に質問しました。

「それは、日本人に容姿が似ているからじゃないですか? もし、同じ行為をパツキンでナイスバディーな西洋人がしたら、社長は同じように礼儀知らずって、怒りますか?」

しばらく考えて、

「確かに、パツキン・ナイスバディーでは怒る気にもならない。元々生活習慣が違うからって、諦めるだろうなぁ」

「社長、中国人も外人なんです。生活習慣も違います」
 ・・・・・・

オフショア開発PRESS 公式サイト
http://press.1offshoring.com/index.html


■成功の勘所

日本でオンサイト常駐する中国人の男性技術者は、一見しただけでは周囲の日本人従業員と区別がつかない。その為に、不合理な扱いを受けることはないだろうか。問題を抱えても誰にも相談できないし、誰にも気づかれない。そんな状況下に放置されていないか、改
めて点検してみよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

CCPMはオフショア開発勉強会のテーマに相応しいか

今朝は5:20起床。

6/6(金)に予定していた東京オフショア開発勉強会「CCPMをオフショ
ア開発で使ってみたら」ですが、実務者として忙しい日々を送るゲ
スト講師と相談した結果、日程を後ろにずらすことになりました。

中止ではなく延期です。

ゲスト講師は、CCPMはオフショア開発勉強会のテーマに相応しいの
か? と迷っているようなので、「ぜひCCPMの話を聞きたい!」とい
う方がいらっしゃれば、ご要望メッセージをください。

6月オフショア開発へは別の話題を用意して、7月にCCPMを持ってい
こうかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

女性技術者はコミュニケーション能力が高い

●よく聞くセリフ

中国人女性はコミュニケーション能力が高いので、オンサイト開発には女性技術者を優先的に配置します。(人材派遣業/日本人)


●問いかけ

あなたは、この意見に同意しますか?
理由を添えてあなたの考えを述べなさい(*)。

◆同意する
◆同意しません
◆その他

○結果を見る
○コメントボード


締切:2008年06月05日18時00分
協力: クリックアンケート

(*)法令遵守云々よりも、人材活用や異文化コミュニケーション・マネジメントの観点から議論すること。

| | Comments (14) | TrackBack (0)

朝型生活挑戦中

今週から、朝型の生活に挑戦中。

中国出張、私の腕時計やノートPCの時計は日本時間のままでした。
そのため、朝8:00起床したつもりでも、中国時間は7:00起床。
朝7:00起床なら現地時間6:00起床。

その勢いをそのままに、日本でも早起き生活を維持しています。
新しい早起き実践法です。

ちなみに
月曜日は5:00起床
火曜日は4:45起床
水曜日は1:30起床

1:30起床は意味不明です。
昨夜のサッカー日本代表戦をTV観戦した後すぐに床につきました。
だから、妙な時間帯にオフショア大學に出没しています。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

外注先メンバーの休日申請を却下

オフショア開発の管理方針
オフショア開発プロジェクトでは、カリスマ的なリーダーシップを発揮した厳しい管理が有効だと思いますか? それとも、支援型の目立たないリーダーシップによる自律性を尊重する管理が有効だと思いますか?
(オフショア大學/今週の討論テーマ)

先週末から始まったオフショア大學「開発コーディネート概論」では、毎週替わる討論テーマに沿って、クラスで各自の体験を共有する。

今週の討論テーマは「厳しい管理、支援型の管理」。管理方針について「厳格型か支援型か」と二元論的に質問されると、私たちは、つい「自律を重んじる支援型の管理を・・・」と答えてしまいがちだ。ところが、よく考えると、これは意地悪な問いかけである。

管理方針には、原則として善悪はなく、組織によって向き不向きがあるだけである。つまり、厳しい管理が相応しい工程もあれば、支援的な管理が相応しいチーム構成もある。

厳格な管理方針で知られるA社は、委託契約にも関わらず、受託企業B社のメンバの出退勤にまで口を出すという。

「ある日、B社のPLが私用のため事前に休暇申請を出したら、お客様であるA社から拒否された」

休暇申請の却下理由を確認すると、仕事が未完成のうちは「社会人として休む資格はない」とのこと。これは、国内オンサイト開発での出来事だが、話題を提供してくれた中国人オンサイト技術者のモチベーションは一気に低下したという。

[PR]”社会人だから・・・”という言い訳が日本で通用する理由を知りたい方へ オフショア開発PRESS特集3をご覧あれ!
http://press.1offshoring.com/index.html


■成功の勘所

多国籍チームでは、「社会人だから・・・すべき」の理屈は通用しないことが多い。その理由を合理的に説明しよう。

・なぜ日本では「社会人だから・・・」が通用するか?
・なぜ多国籍チームでは「社会人だから・・・」が通用しないか?

次に、多国籍チームを率いる際に「社会人だから・・・」の代わりに使える理屈や言い回しをそれぞれ1つ以上挙げなさい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コピペしたリポート、ばれちゃうぞ

今年の6月に卒業予定なのに、卒業論文がまだ完成していない中国人学生がいます。心配になって、どうするのか聞いたところ、ニコニコ笑いながらこう答えました。

「ネットで調べて書くから大丈夫です」

あぁ、学生の行動様式は日本も中国もそっくりだ・・・(苦笑)ネットからコピペした卒業論文が蔓延る世の中。

私の書いた記事も、いったいどれだけの学生に無断で利用されたことでしょうか。これまでに何度か、学生さんから「無断転載しました」と報告されることもあります。転載許可のお願いではなく、無断転載の事後報告です。しかも悪気がない。

という悩みを抱える先生方に朗報です。

コピペしたリポート、ばれちゃうぞ 検出ソフト開発
http://www.asahi.com/life/update/0525/TKY200805250186.html


何という感動的なアイデア商品でしょう。
でも、すぐ真似されちゃいそうですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

構成管理を日本側が放棄した

オフショア拠点との共通リポジトリを用意したところ
CSV では日本語名のファイルが作りにくい事、ディレクトリ構成を後から変更できない事があり、最初に見通せなかった日本スタッフが途中で CSV を使うのを止めてしまいました。
(オフショア大學受講生の体験談より)

Q&A管理、バグ管理そして構成管理は、オフショア開発で必須とされる三大管理業務である(と勝手に定義)。ツール導入の投資効果が大きいため、小規模プロジェクトでも早い時期から環境整備が進んだ。

ところが現実には、オフショア開発で”何とか管理”の仕組みを導入したところ、日本側が対応できずに管理が形骸化してしまう。よくある話である。

新しいことに挑戦して、失敗から学ぼうとする姿勢は立派だが、現実には忙しすぎて日本側には内省する暇などない。若手主体の中国企業には、内省の習慣すらない。だから、現場は疲弊する一方である。

だが成長する組織は、失敗から学ぶ。日本側がCSV 運用を辞めてしまった前出の会社では、日本語のファイル名を扱えるツールに切り替えて、さらに、ソースコードだけではなく仕様書も同時に構成管理の対象とした。


■成功の勘所

共通リポジトリによるツールを使ったコードの共同所有によって、日本側で修正して例示したソースコードが中国側にも伝わるようになったと報告された。構成管理はfool proofとして絶大な威力を発揮する。

その一方で、責任分担の切り分けという重大な課題が残る。日本側がソースを修正した影響範囲の検査や納品後の瑕疵担保責任など。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

e-learning導入に手こずるも無事スタート

いよいよ先週末からオフショア大學がスタートしました。

今回から新しいe-learningツールを採用したのですが、導入でつまづく人が多くとまどっています。技術的な課題、回線状況の課題、導入手順書の課題、そしてユーザーインターフェースの課題がリストアップされました。

中国から受講する方も多いのですが、回線状況によってはダウンロード中にエラーが発生するなどの問題が報告されています。何度か繰り返すうちに、いつの間にかインストールに成功した、なんて言われると???となってしまいます。何はともあれ、結果オーラ
イ(^^;)。

オフショア大學adminチームの迅速な対応によって今のところは事なきを得てますが、これからも彼らの24時間サポート体制は続きます。

24時間サポートは嘘です。admin が起きている時間帯は、ほぼリアルタイムで対応してくれます。これは事実です。

オフショア大學は、ものすごく大勢の人に支えられて運営されています。関係者の皆さんに大感謝です。謝謝。


[PR] オフショア大學「コーディネート概論(2008年5月コース)」は始まったばかりです。もし、オフショア開発の体系的なマネジメント&コーディネート知識に興味ある方は、どうぞお気軽にお試し受講にお申し込みください。今なら間に合います。

気に入ったら最後まで走り続けてください。事情により途中で続けられなくなったら、2008年6月14日までにご連絡をください。受講料をお支払い済みであれば、全額返金します。中途退学の理由は一切問いません。どうぞ、安心してご受講ください。

詳細→ http://www.offshoringleaders.com/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウイークリーニュースダイジェスト(2008/5/23)

●毎週金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けする。


・2008/5/13 - @IT情報マネジメント
ベトナムのオフショア開発事情知っていますか?

いくら文化が似ていて親日的とはいっても、違う国であるという点だ。ベトナムを最大限活用するには、相手のコンテキストを知り、お互いの共通点や相違点を認識した上での協業体制を取っていくことが肝要となる。


・2008/5/15 - ITpro
中国:第1四半期オフショア開発市場規模、40億元に迫る

中国国内最大の情報科技諮詢会社易観国際が発表した最新統計データによれば、2008年第1四半期、中国国内のソフトウエアアウトソーシング、オフショア開発市場は 39億2700万元(約590億1456万円)に及び、前年同期比25.27%増加した。


・2008/5/20 - Computerworld.jp
米国企業のITアウトソーシング費、2011年には最大のIT支出へ

総支出額の30%以上に達し、電気通信コストを上回るとの予測


・2008/5/22 - ITpro
オフショア開発では双方にPMOを置く

ブリッジSEの役割は,オフショア先に要件を正しく伝え,理解させることにあります。あくまでSEであり,プロジェクト全体を見る視点に欠けている場合が多く,プロジェクト管理も適切に行えない場合がほとんどです。


・2008/5/22 - @IT
IT技術者の4割は月200時間以上労働――IPAが調査

オフショアリングを実施している場合は、国内のみの外注の場合に比べて、QCDすべてで否定的な回答率が高かった。


・2008/5/23 - ITpro
UMLがオフショア開発を変える!

モデル利用で「腹割り」型委託を実現。クラス名を「トレーサビリティ」とするのと「Traceability」もしくは「追跡可能性」とするのでは理解してもらえる確率が大きく異なります。


・2008/3/31 - 財団法人中部産業活性化センター
外国人高度人材活用の事例調査と今後の活用推進に向けての調査研究

(1) 国内における人材確保の視点
(2) 海外戦略の推進の視点
(3) ダイバーシティマネジメント推進の視点


・2008/5/23 - 日経ビジネス
「グローバリゼーション」から「グローバリティ」へ

中国の家電メーカーは、大学と提携してエンジニアリング専攻の大学院を新たに設けたり、社員向けのMBA(経営学修士)コースを開設したりしている。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

日経BPから取材を受けました

日経BPの記者から四川大地震に関する影響の取材を受けました。

オフショア開発フォーラムの調べによると、成都のオフショア開発会社では、人・建物ともにほとんど被害を受けなかったという明るい報告が真っ先に入ってきました。

ところが、その後、被害に遭われた親戚縁者の復旧支援のため、会社を長期休暇せざるを得ない社員が続出との報告も入っています。

成都では直接的な被害は少なかったものの、これからじわりと間接的な影響が予想されます。未だ余談を許さないといった状況です。

本日正午の飛行機で東京に戻ります。
久しぶりのニッポンです。
成田空港についたら、すぐに出版社の担当者に連絡を入れなきゃ。

そして、いよいよ明日から、オフショア大學コーディネート概論が始まります。今回も盛り上がりそうです。今夜からは、オフショア大學の講義で大忙しです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国の大学で初講義

今日の午前中、中国の大学で若い学生たちをを相手に一時間ほど講義しました。場所は、無錫の江南大学。中国の大学では初めての体験です。

*江南大学 概要
http://www.sytu.edu.cn/bumen/guojijiaoliu/japanese/index.html


相手は、まもなく卒業を迎える22-23歳(中国式年齢)のIT系学部生。しかも、日系のソフトウェア会社への就職が決まっています。いわば、日本企業の面接に合格した選抜メンバーです。

2007年12月から日本語クラスで特訓を開始、そこから半年後、今では全員が日本語能力検定試験3級を持っています。卒業論文や長期休暇などの”割り込み”を考慮すると、なかなか優秀な成果だと感心しました。

ところで、私は何を講義したかというと、”ほうれんそう”の観点から日本語の使い分けについてです。

学生からの質問
Q.次の言葉の意味の違いを教えてください

「たえず」
「つねに」
「しょっちゅう」

→あなたが日系企業の上司なら、何と回答しますか?


[PR] 江南大学の先生も、オフショア大學にも興味津々でした
http://www.offshoringleaders.com/02curriculum/02.html


■成功の勘所

日系企業に就職が決まった江南大学の特設クラスでは、日本語の分野別に先生が3名もつく。

・日本語文法の先生
・日本語読解の先生
・日本語聴解の先生

焦点を絞って、狭く深く、短期間に集中して成果を出す教育方針。
次回の講義は7月頭の予定。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国の大学で初講義

今日の午前中、中国の大学で若い学生たちをを相手に一時間ほど講義しました。場所は、無錫の江南大学。中国の大学では初めての体験です。

*江南大学 概要
http://www.sytu.edu.cn/bumen/guojijiaoliu/japanese/index.html


相手は、まもなく卒業を迎える22-23歳(中国式年齢)のIT系学部生。しかも、日系のソフトウェア会社への就職が決まっています。いわば、日本企業の面接に合格した選抜メンバーです。

2007年12月から日本語クラスで特訓を開始、そこから半年後、今では全員が日本語能力検定試験3級を持っています。卒業論文や長期休暇などの”割り込み”を考慮すると、なかなか優秀な成果だと感心しました。

ところで、私は何を講義したかというと、”ほうれんそう”の観点から日本語の使い分けについてです。

学生からの質問
Q.次の言葉の意味の違いを教えてください

「たえず」
「つねに」
「しょっちゅう」

→あなたが日系企業の上司なら、何と回答しますか?


[PR] 江南大学の先生も、オフショア大學にも興味津々でした
http://www.offshoringleaders.com/02curriculum/02.html


■成功の勘所

日系企業に就職が決まった江南大学の特設クラスでは、日本語の分野別に先生が3名もつく。

・日本語文法の先生
・日本語読解の先生
・日本語聴解の先生

焦点を絞って、狭く深く、短期間に集中して成果を出す教育方針。
次回の講義は7月頭の予定。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

今夜19:30 上海食事会

上海出張中の私の予定。
今夜は、このお店でメルマガ読者と楽しい懇親会です。

味道淋 (四川・広東) 021-5150-6767
http://www.gadoo.com.cn/rest_top.php?shopcd=12

時間は19:30から。予約名「山口」。

興味ある方は、どうぞお気軽にお越しください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人件費高騰が未曾有の事業機会を生む

中国への期待
大学で画像処理を専門的に学んだ優秀な学生が欲しいが、日本では思うように採用できない。
(株式会社ファースト/日本人幹部)

1982年の創立以来、独自の画像処理技術にこだわる専業メーカーの株式会社ファースト(本社:神奈川県大和市、牧野正勝社長)。ここ4年間で売上を倍増させた実績をひっさげて、いよいよ本格的に中国・無錫に開発センターを立ち上げます。

ファースト社から特別に許可をいただいて、ファースト(無錫)開発センターの立ち上げ教育の様子を取材させていただきました。

[写真付き] ファースト(無錫)開発センター取材メモ
http://aicoach.tea-nifty.com/offshore/2008/05/post_20d9.html


日本からやって来た技術者が講師となって、画像処理技術の基本を指導します。現在、開発センターのメンバーは日本語を特訓中。若手メンバーの大半は初めての対日業務なので、急速に力をつけた読み書き能力に比べて、話す力はまだまだ未熟です。当面は、ファースト社の製品知識や画像処理技術の基礎をじっくり学びます。


・FAを中心に当社の画像処理技術は応用されます。例えば生産ラインの品質検査、高速道路や壁の亀裂の自動検知など。中国では、人件費の高騰を理由に今後ますます工場の自動化・省力化が進むでしょう。それが、我々にとって絶好の事業機会となります。
             (株式会社ファースト/日本人幹部)


[PR] 要請があれば、技術者の国際化教育を支援します
http://www.offshoringleaders.com/02curriculum/02.html


■成功の勘所

巨大な中国市場を見据えて、まずは無錫に12名の開発センターを立ち上げた日本の小さな画像処理専業メーカー。高度な日本語能力は求められない反面、技術力とFAへの深い理解が要求されます。

製造、生産に始まり、販売・導入・保守へと事業範囲を拡張。そして技術力が蓄積されたら、やがては設計や研究開発にも乗り出す構えです。

コスト削減のみを追求するオフショア開発とは、ひと味違った課題がファースト社を待ちかまえます。健闘を祈ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日式カラオケ、営業自粛

四川省大地震への追悼の意を込めて、無錫では夜の華やかな営業を自粛するよう当局から指導を受けています。食事や地味なマッサージはOKですが、カラオケはNG。

無錫だけではなく、基本的には中国全土で風俗系の営業が自粛されているようです。幸か不幸か、この時期に訪中された日本人出張者は、健全なナイトライフを過ごしています。

今夜まで営業自粛というよりも、禁止令が続くと聞いています。他の地域でも同様でしょうか?

ところでわたくし、明日5/22夕方に上海入り、翌朝に帰国します。5/22(木)夕食時のアポイント可能です。本誌発行人との団らんに興味がある方、お気軽にご連絡ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本屈指の画像処理技術メーカー

Dsc00720
1982年の創立以来、独自の画像処理技術にこだわる専業メーカーの株式会社ファースト(本社:神奈川県大和市、牧野正勝社長)。ここ4年間売上を倍増させた実績をひっさげて、いよいよ本格的に中国・無錫に開発センターを立ち上げます。

今日は、ファースト社から特別に許可をいただいて、ファースト(無錫)開発センターの立ち上げ教育の様子を取材させていただきました。

Dsc00721
いそいそと、開発センターに机を運び込むスタッフ。

Dsc00722
今日は、日本からやって来た技術者が講師となって、画像処理技術の基本をレクチャーします。その為に、急遽ホワイトボードを設置中。

Dsc00725
呂センター長が、日本から訪中されたファースト社の主要担当者を紹介します。今回は、役員、部長、技術、そして企画・管理部のメンバーが無錫に足を踏み入れました。

Dsc00726
真ん中の女性が日本語通訳。現在、開発センターのメンバーは日本語を特訓中。対日業務は初めてなので、読み書き能力に比べて、話す力はまだまだ未熟です。これから画像処理技術とファースト社の製品知識、そして語学力&異文化コミュニケーション能力を必死で磨きます。

Dsc00727
開発机に並ぶ日本語の教科書。

Dsc00730
午後は、こうしてレクチャーを受けます。

Dsc00745
無錫の宝、湖の畔で関係者の記念写真を撮ります。

Dsc00748
ここは太湖の隣の小さな湖。琵琶湖より大きな太湖では、向こう側に陸地は見えません。海と同じく水平線が広がります。ここで、緑茶とひまわりの種をいただきながら、将来の中国展開の夢を語り合います。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

一心不乱

Dsc00715
午後のおやつにいただいた飲み物とお菓子です。

この日は、朝から晩までずっと原稿書きでした。中国に来て、初めて誰にもじゃまされず、一心不乱に終日自分の仕事に集中することが出来ました。

と油断していたら、バチーンとブレーカーが落ちる音がします。
Dsc00714
みんな、騒然と立ち上がります。

そう、停電です。

久しぶりにこんな風景に出会いました。
貴重な体験です。

結局この日は、無錫新区で断続的に停電が発生したようです。
珍しいですね。

19:00過ぎ、晩ご飯を食べに無錫新天地にいったら、あたり周辺が全部真っ暗闇でした。無錫っ子は夜が早いね、と暢気な事を考えながら、唯一こうこうと明かりを照らすKFC(ケンタッキー・フライド・チキン)でバーガーセットをほおばってました。

すると、20:00ごろ、一斉にあたりの電気がつきます。これまで真っ暗で、長江路を横断することすら躊躇しましたが、ようやく本来の賑やかさを取り戻しました。初夏の無錫旅情のヒトコマです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蘇州ハイテク・ソフトウェアパークSSTP

Dsc00710
先週末から、中国は無錫に滞在して周囲に点在する開発区・工業団地を取材しています。

Dsc00704
今夜は、オフショア開発PRESS創刊記念セミナーの参加者と無錫新区の上海料理屋にて会食。その席で、蘇州の話題がでました。「私は、過去に3回も蘇州を訪問しましたよ」と自慢したら、「それとは違うソフトウェアパークの話です」と一言。どうやら、大連ソフトウェアパークを立ち上げたデベロッパーが蘇州にも進出してきたらしいです。

Dsc00705
このあんかけご飯は最高でした。

Dsc00700
食後はコンビニで買った缶コーヒーです。ファイアー。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

ブリッジSEの卵たちと会食

Dsc00683

私を除き全員が20代前半という、少し場違いな食事会。といっても、自分より一回り以上も年が違うと、もやは世代間ギャップなど微塵にも感じません。とりあえず共通の話題があれば、その場は盛り上がります。

Dsc00687
日本から来られた日本語の先生(女)が何か発見しました。

Dsc00689
うげ~、また私のだけ頭だよ~(鶏)

Dsc00688
今夜は、地元の若者仕様の円卓でした。7名で飲み食いしたのに、300元で十分におつりが来ます。そしたら、中国人の先生(女)が「ちょっと高いですね~」と一言。やはり、金銭感覚が違います。


帰り道は、ちょっとだけ気を遣いました。

7人中、5名は歩いて10分ほどで帰宅できますが、私ともう一人は車の距離です。ここで私は、気軽に”タクシーを捕まえよう”とは言えず、ニコニコしながら”バスで帰りますか”と問いかけました。やっぱり、日本人が中国の若者と飲んだ後に、気軽に「へい!タクシー」はまずいでしょう、と直感的に思ったからです。

結局は、タクシーをとめて二人で乗り込みました。会食時は無礼講でしたが、外にでるときっちり対応してくれました。さすが、現役の日本語教師(来日経験なし)。ちなみに、バスだと一人2元、すなわち二人だと4元。タクシー帰宅だと、1台で9元の距離です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国での新しい教育施設

Dsc00661
今回、中国は無錫にオフショア大學の拠点を立ち上げました。日本で展開する講座とは異なり、ここでは若手中心のプログラマが教育対象です。

Dsc00665

Dsc00668

若手中心の授業といっても、中国では対象を細かく分類する必要があります。中国には、日本語すらしゃべれない、かつ実践経験のないIT技術者の卵がわんさかいますが、彼らはオフショア大學では対象外とします。実際には、この層が最も分厚く存在して、中国としては彼らが教育投資の対象と考えられています。費用対効果の観点から、IT技術者の卵を孵化させる期間を、教育によってどれだけ短縮できるかが勝負となります。

ブリッジSEやUML教育など、”日本的”な実践教育はもうしばらく後になりそうです。少なくとも、あと3,4年は経たないと、卵から生まれたばかりの雛が大きくならないので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウイークリーニュースダイジェスト(2008/5/16)

●毎週金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けする。


・2008/5/1 - @IT
エンジニアの「質と量」IPA新理事長が「私は楽観している」

量を増やすために西垣氏が期待するのは2009年に開始する「ITパスポート試験」。 質では、既存の未踏ソフトウェア創造事業を重視し、「有望な人をどんどん引き上げていき、人材育成につなげることを地道にやっていく」と表明。


・2008/5/7 - ITpro
「インドにオフショア」でIT部門が取り戻したもの

情報システム部課長は「インド企業と付き合ったことで、仕様書が書けるようになった。『なぜこの機能が必要なのか』をユーザー部門と議論するようにもなった」と語る。


・2008/5/12 - VOICE OF INDIA
BPO産業がインド文化を「虐殺」する

インドの社会的、文化的な変化、つまり若者の物の考え方や価値観が急速に変化してきている。「マーケット(市場)」、「マスティー(満足)」、「マザー(快楽)」、そして「マズブーリー(強制)」だ。


・2008/5/13 - @IT
日本人の器用さがプロジェクトを失敗させる

WBSの詳細化が避けて通れない大きな環境変化が2つ発生してきている。1つは、オフショア開発の増加である。あいまいな仕様でも仕事をしてくれるのは世界中でも日本のSEぐらいである。中国やインドのSEは指示書や設計書に記載されていない作業は一切行わない。


・2008/5/14 - ITpro
オフショア開発で奮闘する中国開発者の視点

中国の新人開発者は,開発量を自分の評価基準と思い,候補タスクを自分の責任範囲と考え,より早く完成できることで自己アピールをします。さらに,タスクを出す側が,タスクの結果をテストすべきだと考える風習があります。


・2008/5/16 - 日経パソコン
四川省大地震、震源地近くのIT企業は被害軽微

成都市に研究所や工場を構える主な企業は、米インテル、米AMD、米マイクロソフト、米IBM、NEC、富士通、フィンランドのノキア、米モトローラ、米シマンテックなど。いずれも被害は軽かったことから、翌13日からは義援金の寄付などの対応をとり始めている。


・2008/5/16 - NEWS CHINA
中国・海輝軟件が「世界アウトソーシングトップ100」の20位に

同社はIAOPの同ランキングに3年連続して入選しており、2006年は68位、07年は34位、そして今年は20位と、年々順位を上げている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

家なき子

Dsc00648
今日は5月16日。先月末から、ほとんどの時間を海外で過ごしているような気がします。

4月25日にオーストラリアに旅立ってから今日まで、日本に居たのはわずか5日間だけです。つまり、22日間のうち、17日間は家を空けた生活をしていることに改めて驚きました。

6月には沖縄にも行きますよ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

技術力よりも日本語能力を優先する根拠をいえますか

あえて技術力よりも日本語能力を優先する風潮
現在の中国オフショア開発では、残念ながら高い技術力は求められない。そこで、我が社では、中国人IT技術者を採用する際には、設計やプログラミングの能力よりも、日本語力を優先する。
(中国でよくある発言)

上海では、優秀な中国人IT技術者がなかなか採用できず、各社とも苦労している。上海で約100名の技術者を抱える日系現地法人のマネージャに、「優秀さ」とは何かを問うてみた。

優秀さ1:今、~ができること
優秀さ2:将来性を秘めていること

前者を職能という。職能給制度では、従業員がどんな技能を有しているか、どんな資格を有しているかで評価される。職能とは、業務遂行に必要な知識やスキルを指す。

一方、後者をコンピテンシーという。たまに、コンピテンシーを行動特性と訳す人がいるが、避けたほうが無難である。なぜなら、この日本語訳では、本来の意味の一部しか表現できていないから。コンピテンシーとは、将来の成果につながるあらゆる能力である。

問いかけ

・現在の中国オフショア開発では、残念ながら高い技術力は求められない。そこで、我が社では、中国人IT技術者を採用する際には、設計やプログラミングの能力よりも、日本語力を優先する。

これは、職能ではなく、コンピテンシーを優先した採用基準といえるだろうか?

答え → mailmag@ai-coach.com


[PR] 正解はオフショア大學で詳しく扱います
http://www.offshoringleaders.com/02curriculum/02.htm


■成功の勘所

問いかけのヒント

日本語能力を優先する理由によって、答えは変わる。


もし、あなたが外国人技術者を採用する立場なら、下記2つの優秀さのうち、どちらを優先するだろうか。明確な根拠とともに答えを1つ選びなさい。

優秀さ1:今、~ができること
優秀さ2:将来性を秘めていること

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日本人の最高のコンピテンシーとは

Dsc00646
上海の宿泊先から目と鼻の先にある床屋で散髪しました。
カットを終えた後に、ハサミを持ちながらにーちゃんが、

「白髪ある、黒がいい。今のままは格好悪い。染めろ」

と中国語でまくし立てます。

No thank you
ぶーやお

と答えているのに、それでもしつこく売り込みます。
腕時計を見ると、夜の22:00過ぎ。

次は、髪をセットしろ、明日の仕事のために綺麗にまとめよ、今のままだと決まっていない、とやはり中国語でまくし立てます。

散髪の後は、ホテルに戻って寝るだけです。
翌朝は、普通に寝癖がつきます。
だから、セットなど要らないから、仕事を早めに終えてください。

・・・

と思いきや、売り込みに必死な床屋の彼は、一生懸命に仕事をしているに過ぎません。ある意味、自分の職務に忠実な人です。

ホスピタリティ、日本語では「おもてなしの心」とでもいいましょうか。これが、日本人が持つ最高のコンピテンシーの一つです。

では、中国人が持つ最高のコンピテンシーは?

Dsc00651
バイタリティ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中国IT人材のレベル別分類法

上海市ITアウトソーシング推進当局の現状分析
上海市ITアウトソーシング推進当局では、発展途上の中国ソフト企業はPMBOKやCMMIを十分に活かしていないと現状分析する。最下層の初級プログラマを大量に輩出する仕組みは整ったが、対日オフショア開発に対応できる高級人材は圧倒的に不足したまま。
(上海市信息服務外包発展中心(iISO)主任)

2008/5/12、上海にてオフショア開発PRESS創刊記念セミナーが開催された。セミナー前後の雑談中に、最も盛り上がった中国IT人材に関する話題を1つ紹介する。

写真付き簡易報告はこちらから。
http://aicoach.tea-nifty.com/offshore/2008/05/press_fe19.html


「中国には優秀な人材が豊富にいる」という発想は無意味である。国土が広く、言葉や習慣も異なり、個人のバラツキも大きな人々をひとくくりに分類してはいけない。

上海市ITアウトソーシング推進当局は、高級人材の育成に力を注ぎたいというが、「高級」の定義が日本企業の感覚とは大きくズレている。そこで、我々は独自に中国IT人材を6つの水準に分類した。

A層:安心して全てを任せられるプロジェクトマネージャー層
B層:日本語が堪能なリーダー層
C層:日本語を多少なりとも理解するサブリーダー層
D層:一人でコーディングできるプログラマ

ここまでは、対日オフショア開発で戦力となる人々。ところが、実際には、戦力外ともいえるプロジェクトの足を引っ張る二階層が存在する。

E層:他人の指導を受けながらコピペで製造するコーダー層
F層:MS-Office文書を使えるだけのテスタ層


問いかけ

上海市ITアウトソーシング推進当局がオフショア大學に期待を寄せる「上級人材の育成」とは、上記A~F層のうち、どこを対象とした取り組みでしょうか?

答え → mailmag@ai-coach.com (あくまでも雑談ネタです)


[PR] オフショア大學「オフショア開発コーディネート概論」
http://www.offshoringleaders.com/02curriculum/02.html


■成功の勘所

あなたも独自の基準で、自社に必要なオフショア開発技術者を分類してみよう。例えば、上記のA~F層を一覧表にして、それぞれの保有技術、要求されるコンピテンシー、給与水準を書き込んでみよう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

四川省大地震、オフショア開発への影響調査

中国四川省を襲った大地震の影響が気になります。

地震があった日、私は上海に居ましたが、揺れには全く気づきませんでした。

一般的な地震被害については、マスコミ各社が扱いますので、オフショアリング業務に関する影響について、どんな情報でもいいのでお寄せください。

心からお待ち申し上げます。
ご協力をお願いいたします。
犠牲者のご冥福をお祈り申し上げます。

地震の影響を知らせる方法:

メールする → mailmag@ai-coach.com
ブログに書き込む → http://aicoach.tea-nifty.com/


| | Comments (0) | TrackBack (0)

上海ITアウトソーシング推進当局が人材育成に投資する理由

上海市ITアウトソーシング推進当局の現状分析

・世界標準のマネジメント体系は中国でうまく適用されない
・対日オフショアリング向け上級人材が足りない


(上海市信息服務外包発展中心(iISO)主任)

2008/5/12、上海にてオフショア開発PRESS創刊記念セミナーが開催された。オフショア開発PRESS特集1を執筆された上海オフショア開発フォーラム事務局様を中心とするボランティアスタッフの活躍により、盛大なイベントとなった。

セミナーに先立ち、当日の午前中にオフショア大學と上海市ITアウトソーシング推進当局(iISO)は、90分近く事業化を前提とした交渉を行った。午後のセミナーでiISO主任様が概要について言及したので、私からも核心部分をぼかしつつ補足説明したい。
Seminar

■成功の勘所

上海市ITアウトソーシング推進当局では、発展途上の中国ソフト企業はPMBOKやCMMIを十分に活かしていないと現状分析する。最下層の初級プログラマを大量に輩出する仕組みは整ったが、対日オフショア開発に対応できる高級人材は圧倒的に不足したまま。

そこで、オフショア開発コーディネータ人材育成に定評がある私のところに白羽の矢が立ったというわけだ。続く・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

上海オフショア開発PRESS創刊記念セミナー/写真付き報告

Dsc00587
2008/5/12、上海にてオフショア開発PRESS創刊記念セミナーが開催されました。

Dsc00583

Dsc00593
主催者はお馴染みオフショア大學ですが、上海場所では様々な応援団がついてくれました。

主催:
・上海オフショア開発フォーラム(感謝)

協賛:
・iISO(上海信息服務外包発展中心)、
・上海漫歩創媒広告

↑中国全土12万人の読者を結ぶビジネス専門誌ウェネバーチャイナ
でセミナーを案内してもらいました。

後援:
・ヒートウェーブ株式会社
・上海精華外語専修学院(IT学科)
・ぶりコム【ブリッジSE.com】
・上海乾創軟件科技有限公司
・沖縄県情報産業振興課
・北京天空石信息技術有限公司

↑なんと、セミナー運営に資金援助してくれました。


Dsc00598

Dsc00597

Dsc00583_2

Dsc00602

Dsc00604_2

Dsc00609_2
某かつしんさんを中心とする上海オフショア開発フォーラムの皆様のご活躍により、平日昼間の開催にもかかわらず、40名以上の参加者がありました。ありがとうございます。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

北京大学(無錫)落成式

Dsc00527
無錫に移動して初日。急速に開発が進むK-Parkに進出した北京大学の落成式に来賓として出席しました。

Dsc00529
中国式のセレモニーは相変わらずど派手です。

Dsc00525
大音量、紙吹雪、花火、火花・・・・・・

Dsc00561
豪華なおみやげ付きです。「北京大学」と刻印されたペンが2本。ずっしり重くて手になじみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2週間ほど上海へ

Dsc00520_2
16:55の便で上海に飛びます。

Dsc00519_2
成田空港にて仕事をいくつかかたづけます。

Dsc00521
東京でお昼を食べて、上海行き便で機内食を食べたにもかかわらず、夜食をいただきました。地元民に愛される、ごく普通の食堂です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

交渉に影響を与える文化の構成要素

中国人はいきなり交渉から入るので疲れる
中国人と日本人と対峙するとき、それぞれ話し方のモードを切り替える。中国人とは最初から単刀直入に、日本人とは1回目の話ではさわりだけ。きっと2回目に確信部分が出てくるので、そこである程度切り込む。
(日本人マネージャー/本誌 2006/11/17 号より)

国民文化の違いは、交渉のスタイルに影響を及ぼす。例えば、交渉を敵と味方に分かれた”勝ち負け”を決める手段とみなすか、それとも互いに情報を共有し、長期的に価値を分かち合うための手段とみなすかは、国民文化によって大別される。

・米国式=(勝ち負け/短期/契約ベース)
・日本式=(             )
・中国式=(             )


異文化マネジメントの研究が発達した米国では、文化の構成要素を取り出して、業績に与える影響を様々な角度から検証してきた。その知恵を、中国オフショア開発の問題解決にも役立てたい。

【交渉に影響を与える文化の構成要素】

・交渉で得られるモノ(勝ち負けで一方が総取り/仲良く山分け)
・交渉で大事なこと(契約/人間関係)
・意思伝達の方法(直接的/間接的)
・リスク耐性(許容/回避)
・時間軸(敏感/鈍感)
・時間軸(短い/長い)


■成功の勘所

中国オフショア開発では、品質に関する見解の違いから頻繁に衝突が発生する。「交渉」の観点から、品質問題を解決する糸口を探ってみると面白い。

・問題
なぜ、日本と中国は品質問題で対立するのか?

・ヒント
交渉に影響を与える文化の構成要素を10項目以上挙げて、対立しそうな要素を重要順に並べる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今月の研究テーマ

今月は、交渉・対話・討論などのコミュニケーション技法をテーマに取り上げます。

いま、交渉・対話・討論をコミュニケーションの「技法」と書きましたが、より深く理解するには「技法」ではなく「思考法」として扱うべきかもしれません。

4月度オフショア開発勉強会では、対話が持つ力をケース学習を中心に学びました。責任分担が明確すぎて柔軟性が損なわれる、という恐ろしい話が印象に残っています。

次回のオフショア開発勉強会[東京場所]では、クリティカルチェーン・プロジェクトマネジメント(CCPM)を取り上げる予定ですが、やはり対話の重要性が指摘されています。

ここで大事な指摘があります。対話の重要性を再認識するためには、交渉や討論といった西洋的な思考法をしっかり把握しておかなくてはいけません。

ちなみに、多くの人は、交渉を誤解しています。もしかしたら、交渉を勝ち負けを決める奪い合いのゲームだと認識していませんか。必ずしも間違いとはいえませんが、ちょっともったいない。

こういった抽象的な概念をメルマガでどう表現すべきか、今月は試行錯誤が続きそうです。出来るだけ事例を取り上げますので、ご意見・ご感想をお待ちしています。

衆知を結集させて、よりよいメディアを目指すぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豪州から帰国しました

Dsc00514
東京に戻って最初の夕食は「野菜炒め定食」でした。

この日は、朝4:30起床。5時には宿をチェックアウト。車で1時間30分離れたブリスベンの国際空港に向かいます。オーストラリアから定刻通りに出国。約8時間の空の旅を経て、午後5時前に成田空港に到着しました。

――帰国したら、日本で何を食べたいですか?

何でもいいから、あっさりしたモノが食べたいです。

――蕎麦なんてどうですか?

いいですねー。ゆで太郎でもいいです。

こんな会話を交わしながら、高速バスに揺られて帰宅しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豪州八日目

Dsc00504
今日もいきなり、ひつじ肉料理から。
これは、$55もするランチコースのメインディッシュです。

Dsc00506
私の昼食は、チキンサンドイッチ&フライドポテト。これで$17なり。

Dsc00507
同行者は、牛ひれステーキをご堪能。一品すくないため$45なり。

Dsc00505
「13期は丙午」「14期は×××」・・・、過激な発言で周囲を盛り上げます。

今夜は、部屋でゆっくり、まったり。他のメンバーは近所のカジノでフィーバーしてきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豪州七日目

Dsc00492
ブログ管理人、オーストラリア初登場!
真剣に勉強する姿に感銘を受けます^^

Dsc00494
夜は、牛ひれステーキの予定。料理人を撮影する姿をらさらに後ろから撮影する私。

Dsc00496
オーストラリアの記憶は、肉とサラダとお勉強。

Dsc00501
食後に甘いデザートを堪能しながら、もう一踏ん張りです。それにしても、このケーキは甘すぎ。口に入れると、じゃりっと砂糖をかんだ食感が伝わってきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

効果的なコミュニケーションを支える4つの原理原則

仕様変更を丸く収めたい
初めての中国オフショア開発ですが、当初の想定よりも仕様変更が増えました。明日、追加請求の件で、先方の総経理と直接対談します。どんな点に気をつけたらよいでしょうか?
(日本企業/プロジェクトマネージャ)

「仕様変更が収束しない」など一方的に発注側に非があったとしても、単純に追加請求を受け付けるほど予算的な余裕はない。さて、あなたが日本側のプロマネなら、どう対処すべきか。

残念ながら、中国企業との交渉に万能薬はない。そのため、原理原則でお茶を濁すしかないが、以下の4項目はすぐにでも応用が利くだろう。

・十分に時間をかけて交渉を進める
勢いに押されてその場で意志決定しないこと。
交渉場所が(  )なら、なおさら焦らずじっくり対話すること。

・相手方の憤りや怒りなどの感情を素直に受け止める
責任論などの理屈はいったん脇に置いて、相手の感情に配慮する。
目的を見失わず、当事者と(   )を切り分けて議論すること。

・総論より各論を意識して、的確なフィードバックを与える
一般論ではなく個別具体論で対応する。フィードバックを与える際には、「その場で」「   」「具体的に」の三原則を遵守すること。

・全ての言葉遣いや数字・データを丁寧に正確に扱う
勢いに押されて、何でも「はいはい」と流さないこと。日本語で交渉する際には、主語や指示語の曖昧さに留意すること。文脈に依存する表現(high context)が出てきたら、その都度確認する。


■成功の勘所

どんなに厳しい交渉の場面でも、根底にあるのは効果的なコミュニケーションを支える原理原則である。

・十分に時間をかけて交渉を進める
・相手方の憤りや怒りなどの感情を素直に受け止める
・総論より各論を意識して、的確なフィードバックを与える
・全ての言葉遣いや数字・データを丁寧に正確に扱う

| | Comments (0) | TrackBack (0)

肉食のせいで眠気

今日でオーストラリア滞在7日目に突入。

個人ブログに”手作り夕飯”シリーズを写真付でアップしたところ、各方面から「肉を食べ過ぎないように!」と温かいフィードバックが届いています。

間違いなく”肉”を食べ過ぎです。日本にいるときよりも、すぐに眠くなってしまいます。もしかしたら、肉食の影響かも。食べ物の消化にエネルギーが消費されて、脳に十分なエネルギーが補給されていないのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豪州六日目

Dsc00481
二回目のパスタ。

Dsc00482
ばんざーい。

Dsc00483
放送禁止的ばんざーい。

Dsc00484
ゆで卵&野菜サラダ。

Dsc00485
サラダ役員にイモをあげてもらいました。揚げではなく焼き?

Dsc00486
とまーと

Dsc00487
食べ終わった頃に、撮影しました。フランス風ソーセージ。

Dsc00489
冷蔵庫、そろそろ空っぽになります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »