« インド現場便り | Main | 東工大IT開発オフショアリング研究会 »

紙出力の習慣がないインドでは、エクセル印刷時の考慮なし

新興国ならでは
インド開発現場には、電子データに印刷設定をするという習慣もない。またエクセル等を印刷した際のことを考慮し、罫線を引くということもあまりしない。
(インド開発現場/日本人SE)

日本向けインドオフショア開発の現場から、日本人ブリッジSEが体験した小ネタ&TIPSをお届けします。


~インド現場便り vol.1~

現在、私は日本の開発現場で勤務している。周りの多くの日本人エンジニアは設計書をプリントアウトして開発をしている。これはすなわちプリントアウト版と電子データ版との文章2重管理である。ここで問題なのが、変更が入った場合である(開発フェーズに入ったら原則設計書に変更すべきではないのだが・・・)。

変更が入ったら再度プリントアウトするのである。しかしプロジェクトも忙しくなってくると、この2重管理でギャップが生じる場合も度々ある。

一方、インド開発現場では設計書等をプリントアウトするという習慣が殆んどない。開発者は全てパソコン上で確認する。従って上記のような問題は生じない。

しかし電子データに印刷設定をするという習慣もない。またエクセル等を印刷した際のことを考慮し、罫線を引くということもあまりしない。そもそも特定のPC以外はプリンタがインストールされていないので、ワード&エクセル等の印刷プレビューボタンがグレーアウトしているのである。

情報提供:向井永浩 Softbridge Solutions (Japan) Co Ltd
http://www.softbridge.jp


■問いかけ

あなたの会社で、MS-Office などの電子文書が印刷配布されることを考慮しながら作成される工数と効果の関係を洗い出しなさい。無意味な作業はなくすべき。有意義な作業なら継続・改善すればよい。

文責:幸地司(オフショア大學)

|

« インド現場便り | Main | 東工大IT開発オフショアリング研究会 »

Comments

うーん、日本でも印刷する方が珍しいと思いますが、
まぁ細かい主観はおいといて、
仕様書作成でも「印刷」を考慮したデザインは重要ですね。


赤・青・黄等の色を駆使して
「カッコいい&分かりやすい」仕様書を作って出張しても、
仕様書説明ではモノクロ印刷のものを持っているPG君達。


「赤い線が指す部分は」「青いエリアは」なんて説明しても、
自分以外はみんなグレーだったり(笑
そのうち「グレーの下の方は」「真ん中あたりのグレーの部分は」
「そっちじゃなくて、ここですここ!!(自分の仕様書をみんなに見せる)」
・・・なんて余計ワケワカラン状態に。。。


塗りつぶしは色ではなく網がけにしたり、
線は実線・破線に分けたりと、
こんな小さな改善でも、現場では結構役に立ちます。

Posted by: しみけん | June 17, 2008 at 02:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/41559674

Listed below are links to weblogs that reference 紙出力の習慣がないインドでは、エクセル印刷時の考慮なし:

« インド現場便り | Main | 東工大IT開発オフショアリング研究会 »