« 那覇市で沖縄IT津梁パーク打ち合わせ、のち東京 | Main | JAL遅延対応 »

概算予算確保のための「どんぶり勘定」

丼飯はインド人技術者に好評だが
昼食時、一緒に働くインド人技術者とよく某天丼屋に行きます。特に野菜天丼は人気があります。インド人にも人気のどんぶり食文化ですが、日本IT業界のどんぶり勘定文化はインドオフショア開発にはあいません。
(インド開発現場/日本人SE)

日本向けインドオフショア開発の現場から、日本人ブリッジSEが体験した小ネタ&TIPSをお届けします。


~インド現場便り vol.5~

日本版SOX 法内部統制や工事進行基準が話題になっていますが、現場では要件定義が曖昧なまま「概算予算確保の為、ざっくり見積って下さい」なんて会話が飛び交っているのではないでしょうか。

日本IT開発ベンダーでは、見積前提条件の欄に条件を書き加え見積もりを提出しているベンダーも多いと思います。対オフショアIT開発ベンダーとは以下のような会話がなされているかもしれません。


【日本側ユーザとインドオフショア開発ベンダーとの会話より】

――要件定義は今実施しているのですが、スケジュールが決定しており、至急体制を組みたいので先ずは概算予算確保の為、ざっくり見積って下さい.

◆リスクが大きい為、現時点では見積もりはできません。


――日本IT開発ベンダーなら1週間で見積るよ。そんなことではオフショアは検討できません。

◆・・・・・・(沈黙)


情報提供:向井永浩 Softbridge Solutions (Japan) Co Ltd.
http://www.softbridge.jp


■問いかけ

問1
概算予算確保のための「どんぶり勘定」の依頼は、日本独特の商習慣だと思いますか?

問2
オフショア開発に積極推進する組織では、「どんぶり勘定」を極力なくすべきだと思いますか?


|

« 那覇市で沖縄IT津梁パーク打ち合わせ、のち東京 | Main | JAL遅延対応 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/41702553

Listed below are links to weblogs that reference 概算予算確保のための「どんぶり勘定」:

« 那覇市で沖縄IT津梁パーク打ち合わせ、のち東京 | Main | JAL遅延対応 »