« 上海オフショア開発フォーラム「人事評価」 | Main | いよいよ大詰め »

日印両拠点が稼動する時間帯の使い方

インドオフショア開発の長い一日

(1) 日本側のみ稼動する時間帯
(2) 日本側/インド側、両拠点が稼動する時間帯
(3) インド側のみ稼動する時間帯


日本向けインドオフショア開発の現場から、日本人ブリッジSEが体験した小ネタ&TIPSをお届けします。


~インド現場便り vol.9~

【インドオフショア開発における時差(3.5H)】

インドと日本の間には3時間半の時差があります。日本時間13時頃にインド側の始業時刻となり、日本時間22時頃にインド側は終業時刻を迎えます。

インドオフショア開発では、一日の稼働時間を大きく3つに分類します。

(1) 日本側のみ稼動する時間帯
(2) 日本側/インド側、両拠点が稼動する時間帯
(3) インド側のみ稼動する時間帯


【時間帯特性の解説】

(2) 日本側/インド側、両拠点が稼動する時間帯

インド側では、日本からのフィードバックを確認。日本側とインド側両方で必要な打合せを実施。さらに、緊急度の高いQ&Aに対応。


(3) インド側のみの稼動時間帯
 (日本時間18:00~21:30 インド時間14:30~18:00)

インド側では引き続き通常業務に取り組みます。そして、一日の終わりには、その日の進捗状況、成果物ならびにQ&A票を日本側にメールして帰宅。


このように、日本側とインド側に効率よく作業を配置する事で、総稼動時間を標準8時間から標準12時間30分に拡張できます。


情報提供:向井永浩 Softbridge Solutions (Japan) Co Ltd.
http://www.softbridge.jp


■問いかけ

提出期限など“時刻”について話し合う時には、必ず日本時間なのかインド時間なのかを明言します。可能なら、両国の時間帯を併記します。

「今週の金曜日終日までにお願いします」

ではなく、

「金曜日の日本時間の終日、インド時間14:30までにお願い」

と明確に指定します。誰もが一度ははまってしまう単純ミスです。
単純ですが、いざ実行しようとすると意外に面倒なのがミソです。


ここでいつもの問いかけ。

オフショア開発プロジェクトで、時刻指定に関する単純ミスを避けるためのフールプルーフ(fool proof)な仕掛けを1つ考えなさい。


|

« 上海オフショア開発フォーラム「人事評価」 | Main | いよいよ大詰め »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/41953835

Listed below are links to weblogs that reference 日印両拠点が稼動する時間帯の使い方:

« 上海オフショア開発フォーラム「人事評価」 | Main | いよいよ大詰め »