« これはメルマガに書かないでね | Main | 雷の匂い »

仕事ができれば女性のお化粧なんて不要

「日本行きを希望する理由」を質問する狙い
中国で働くIT技術者を日本に呼び寄せる時には、「日本行きを希望する理由」を必ず質問します。その理由を答えなさい。
(本誌 2008/07/28(第893号)より)

来日間もない中国人ブリッジSEの日常会話より。

◆:主人公の中国人ブリッジSE(女)
◇:同僚の中国人オンサイト要員(女)


◆今日も通勤電車は満員ですね
◇ねぇ、また日本人女性が電車の中でお化粧しています

◆大変そうですね、私もよく見かけます
◇日本の男は辛いけど、日本の女はもっと大変そうですね

◆中国には絶対ありえないことですね
◇理解できないですね

              ※

主人公の中国人ブリッジSE(女)は、日本と比べて中国では化粧する若い女性は少ないとの認識を持っていました。特に電車で化粧する日本人女性の神経がまるで理解できませんでした。

ここまでは、よくある異文化体験のひとコマだと笑い飛ばせます。
本題はこのあとすぐ。


■問いかけ

来日間もない中国人ブリッジSE(女)は、お化粧で自分を飾る女性を「弱い存在」だと心の奥で考えていました。仕事で成果を出せば、むしろ素顔のままでいる方が素晴らしい。「私はすっぴんですが、何か問題でも?」という姿勢でした。


【問1】この考え方は、中国人女性に共通する文化的特徴でしょうか。
それとも、単なる個体差でしょうか。

◆「仕事ができれば化粧なんて不要」は中国的文化
◆「仕事ができれば化粧なんて不要」は単なる個体差


【問2】あなたのプロジェクトに「仕事ができれば化粧なんて不要」と考える中国人女性SEがいるとします。来月から日本で客先常駐することが決まりました。さて、あなたはどうしますか?

◆本人の意思を尊重する
◆化粧するよう働きかける
◆その他

○結果を見る
○コメントボード


締切:2008年08月06日18時00分
協力:クリックアンケート

|

« これはメルマガに書かないでね | Main | 雷の匂い »

Comments

[仕事ができれば化粧なんて不要」は中国的文化とはいえます。私もこの文化に染み込んで、いまだも化粧していません。逆に化粧すると恥ずかしくなるぐらいです。

Posted by: レイコ | July 30, 2008 03:19 PM

レイコさん、いまだに化粧すると恥ずかしいですか~(^^;)
中国語教室に通うおばちゃん達に、いろいろ指導されることはありませんか。化粧はあーしろ、こーしろ・・など。

Posted by: 幸地司 | July 30, 2008 03:19 PM

理由は聞きませんでしたが、確かに現地の中国人SEは化粧をしていない人が多いですね。
日本では女性の化粧は「身だしなみの1つ」だと考えられるので、相手に不快感を抱かせないためにも必要だと伝えたいです。

Posted by: yt | July 30, 2008 03:21 PM

ytさん、こんにちは幸地司です。

> 日本では女性の化粧は「身だしなみの1つ」だと考えられるので、

客先常駐なら「お化粧は必要」と伝えたい派ですね。ご意見ありがとうございます。伝える際には、どんな点に留意しますか。化粧不要の当人は、「女性の化粧」=「弱さを隠す道具」と考えています。それなりに気を遣わないと、話がこじちゃうかも。

Posted by: 幸地司 | July 30, 2008 03:22 PM

お客様先に常駐というパターンがないので想定になりますが、お客様先であれば「日本のビジネスマナーなので」とお願いすると思います。
自社勤務で特に指示したことはありません。

自分自身最低限の化粧しかせず、たまに寝坊してすっぴんだったりします…ビジネスマナーが守れておりません…。
もちろんお客様先に伺うときはきちんと化粧します。

上海では化粧品を買うのが大好きな女の子も多いので、「基本的には不要だけどしたい人はする」という感じでしょうか。

Posted by: おおさけ | July 30, 2008 03:24 PM

おおさけさん、こんにちは幸地司です。

>自分自身最低限の化粧しかせず、たまに寝坊してすっぴんだったりします

衝撃の告白に加え、貴重なご意見をいただきまして、ありがとうございます。私は、たまに眉の形で日本人かどうかを判断します。ですが、オフショア開発の成功とは全く関係ありません(^^;)。

メルマガに登場した来日間もない中国人女性SEに対しては、魔法の言葉“日本のビジネスマナー”を使ってお願いすれば、難なくクリアするかもしれませんね。

メルマガではタブーっぽいので書きませんが、体臭や脇毛、ノースリーブなどの(日本的に)露出度が高い夏服に関する話題も希にセミナーで扱います。模範解答などありませんので、受講者に問題を投げかけるだけですが・・・。

Posted by: 幸地司 | July 30, 2008 03:25 PM

デニム不可、ノースリーブや生足不可、など、お客様内のドレスコードに反することは「ビジネスマナー」「客先ルール」として守ってもらいますが、それ以外は強制する必要はないと思います。

もちろん、リーダー格でお客様の偉い人と直接交渉、プレゼンなどするならスーツに化粧は必須でしょうけれど。立場とお客様次第でしょうか。

私も日本人女性SEですが、時々社内ではすっぴんです。社内作業のSEは、結構すっぴん率が高いと思います・・・。

Posted by: 千芝 | July 30, 2008 03:26 PM

千芝さん、こんにちは幸地司です。

> それ以外は強制する必要はないと思います。

初心者にとって、マナーや商習慣に関する振る舞いは「べからず集」の方が対応しやすいかもしれません。つまり、「TPOに応じて○○しなければならない」と理想を説くよりも、「これだけはやっちゃいけない」と禁止事項を明文化した方が望ましいかと。

余談ですが、以前メルマガでコーディング規約や標準プロセスを扱ったときも、似たような議論がありました。中国で規約を展開する際に、「○○すべき」と説くか、「○○するべからず」と説くか。


話を元に戻します。果たして「仕事ができれば化粧なんて不要」は中国的文化の傾向が強いか? 日本の職場にも、それなりに“すっぴん”がいると判明しましたが、“すっぴん”行動の動機は日本と中国とで顕著な差があるかどうか。ここに関心が移りました。

★仕事ができれば化粧なんて不要
 動機1「化粧は弱さを隠す手段だから」(積極的すっぴん)
 動機2「強い弱いは関係なく、自分は自分だから」(自然的すっぴん)
 動機3「???」(消極的すっぴん)

積極的すっぴん(化粧すると恥ずかしい)は、中国的特徴か? それとも、国民文化とは無関係か?

Posted by: 幸地司 | July 30, 2008 03:27 PM

以前日本で留学するとき、常に美を追求するのは、女の生甲斐と思った。中国に帰ったら、化粧しない中国の女性にがっかりした。

Posted by: Chris.L | July 30, 2008 03:28 PM

幸地さん
私は化粧してないことは誰にも言われてないです。自ら言い出すと、そうですか、知らなかったですといわれたことがあります。
もちろん日本ビジネスマナーぐらいの薄口紅ぐらいをつけますが。
女性の化粧をまったく反対をしませんが、それで綺麗になることは感じてません。やはり清潔で元気な素直の方が好ましいです。

Posted by: レイコ | July 30, 2008 03:30 PM

自分のカミサンにすら下手な化粧などしてほしくないスッピン好みとしては、化粧落とした時のあまりの落差を想像すると「お化け」と思えてしまう。

Posted by: ゲテモノ食い | July 30, 2008 03:31 PM

Chris.Lさん、こんにちは幸地司です。

> 以前日本で留学するとき、常に美を追求するのは、女の生甲斐と思った。中国に帰ったら、化粧しない中国の女性にがっかりした。

ユニークな体験談を教えていただき、ありがとうございます。お化粧については、国民文化だけではなく世代間のギャップも大きいかもしれませんね。

Posted by: 幸地司 | July 30, 2008 04:26 PM

レイコさん、こんにちは幸地司です。

> 女性の化粧をまったく反対をしませんが、それで綺麗になることは感じてません。

レイコさんは、いつもお元気ですから♪ “お化粧”は、国民文化の中でも比較的に環境変化が起きやすい項目かもしれません。“綺麗”の概念も、国や時代によって少しずつ変化します。そのうち、ぽっちゃりと太った女性が、ミスコンテストで上位入賞する時代がくるかもしれません。

Posted by: 幸地司 | July 30, 2008 04:27 PM

ゲテモノ食いさん、こんにちは幸地司です。

>自分のカミサンにすら下手な化粧などしてほしくないスッピン好みとしては、化粧落とした時のあまりの落差を想像すると「お化け」と思えてしまう。

何ともコメントしがたい書き込み、ありがとうございます。

Posted by: 幸地司 | July 30, 2008 04:28 PM

本格なBSEになりたい中国人です。よろしくお願いします。本件について、「日本と違い⇒日本が違い」の視点から見ると、日本には「化粧」ということは、社会人と会社人の本分です。日本人は他人の意見、態度などを気にかけるからです。「仕事ができれば、化粧なんて不要」=「結果重視」。確かに中国の文化ですね。

Posted by: そんひん | August 02, 2008 03:30 PM

 ホワイトカラーなら、化粧の必要性も有るが、ブルーカラーなら、化粧は不要。
その他

Posted by: Mylene | August 02, 2008 03:30 PM

本人の意思を尊重するのが正しい気がするです。健康上の都合で化粧できないとか意外の理由で化粧しないでいるのはだらしない感じがします。それに、あの人はチョットかわってる、みたいな目でみられてしまいがち。なんでもない事で必要のないマイナス印象を与えることは無い気がします。
 日本では良いことでも悪いことでも周りから違ってることはイジメの元になったりするんです。私も中学でる頃から、あまりキョーミなかったけど制服のスカート短くはいたり化粧したりしてました。何かすごい天才的な才能の持ち主や、人との関わりを絶って生きてゆく人でない限り、周りにあわせるのは日本的エチケットだと思います。
あー、文字にするとダメな日本人の典型な気がしてきた

Posted by: るりあ | August 02, 2008 03:31 PM

女性としてはいろいろ考えさせられるテーマです(今週はフルメイク出勤)

1.積極派化粧:仕事ができるには化粧が必要。
2.消極派化粧:身だしなみとしてお化粧。
3.消極派すっぴん:面倒だからすっぴん。
4.積極派すっぴん:仕事ができれば化粧なんて扶養

日本人には積極派すっぴんはほぼいないでしょうから、「仕事ができれば化粧なんて不要」という考え方は中国的文化だと思います。

日本では、女性は弱みを見せない(顔色を良くして元気でできる人に見てもらう)ために化粧をし、中国では弱みを見せない(媚びてると思われない)ために化粧をしないのかも知れません。としたら、中国人も「恥ずかしくて化粧しない」というのは周りを気にしての行為なのでは?

Posted by: 千芝 | August 03, 2008 08:56 PM

自信があるなら、それでもいいと思います。
●本人の意思を尊重する

Posted by: 奥田弘毅 | August 07, 2008 12:56 PM

そんひんさん、こんにちは幸地司です。

>「仕事ができれば、化粧なんて不要」=「結果重視」。
> 確かに中国の文化ですね。

結果重視は、いかにも中国人IT技術者っぽいですね。鋭い分析だと思います。ありがとうございます。


>「日本と違い⇒日本が違い」の視点から見ると、

言わんとすることが、よく分かりません。
追加説明をお願いします。

Posted by: 幸地司 | August 07, 2008 12:57 PM

Myleneさん、こんにちは幸地司です。

> ホワイトカラーなら、化粧の必要性も有るが、
> ブルーカラーなら、化粧は不要。

今回の設問では“客先常駐のブリッジSE”が前提なので、「化粧の必要性も有る」があなたの主張ですね。よもや、日本で働くIT技術者はブルーカラーだったりして・・・。

Posted by: 幸地司 | August 07, 2008 12:58 PM

るりあさん、こんにちは幸地司です。

> 本人の意思を尊重するのが正しい気がするです。

ご意見ありがとうございます。

> あー、文字にするとダメな日本人の典型な気がしてきた

どういうことですか? 女子学生がみんなで連れ立ってトイレ出張するのも、ダメな日本人の典型でしょうか(笑)

Posted by: 幸地司 | August 07, 2008 12:59 PM

千芝さん、こんにちは幸地司です。
二度目の書き込み、ありがとうございます。

> 女性としてはいろいろ考えさせられるテーマです(今週はフルメイク出勤)

わたし、「すっぴん」=「ノーメイク」と思っていたのですが、どうやら「すっぴん」にもそれなりにレベルがありそうです。最高位がフルメイク、通常のすっぴん=ナチュラル、で最下位に寝起き的すっぴん。完全に話が脱線してしまいました。


> 日本人には積極派すっぴんはほぼいないでしょうから、
>「仕事ができれば化粧なんて不要」という考え方は中国的文化だと思います。

ご意見、ありがとうございます。
根拠が明確なので文章に安定感があります。


>中国人も「恥ずかしくて化粧しない」というのは周りを気にしての行為なのでは?

周りの人を気にするかどうかの判断基準は、日本と中国とで大きく異なります。「恥」や「迷惑」という概念は、日本的文化を理解する上で重要なキーワード。「面子」という概念はいかにも中国的ですが、日本社会でもそれなりに通用します。キャメル・ヤマモト氏が強調する圈子(チュエンツ)という概念は、中国的文化を理解する上で重要なキーワード。

<参考>

中国人は信頼されるために人を騙します
http://aicoach.tea-nifty.com/offshore/2008/06/post_cb86.html

Posted by: 幸地司 | August 07, 2008 01:01 PM

奥田弘毅さん、こんにちは幸地司です。

> 自信があるなら、それでもいいと思います。

「腕」に自信ですか。それとも「美貌」に自信ですか?

Posted by: 幸地司 | August 07, 2008 01:02 PM

幸地さん、みなさん
確かに「化粧すると、仕事に集中しない」という古い意識があると思い、周り特に部下に悪い影響しないように化粧しない私がいます。周りを配慮するのは本音です。この自分の意識に縛りすぎていました。この議論から一つ重要なことを教えてくださいました。化粧しないと周りに怠けるダメージを与える日本文化があるから、気をつけないといけないです。これからは化粧をするように頑張ってみたいですが、何十年の習慣、特に意識の深いことろまで直せるかどうか自信がありません。

Posted by: レイコ | August 08, 2008 02:23 PM

レイコさん、こんにちは幸地司です。

>「化粧すると、仕事に集中しない」という古い意識があると思い、
> 周り特に部下に悪い影響しないように化粧しない私がいます。

コンプレックスの軽い反応かもしれません。これまでの書き込みから察するに、レイコさんは、積極的な“意志”の力で化粧を避けているワケではなさそうです。

“コンプレックスの反応”とは、レイコさんの本音は職場でもお化粧して綺麗でいたいのに、自信が持てないなどの理由から、無意識のうちに反動形成として「お化粧そのもの」を否定する状態です。

ある人が「化粧不要」を唱えれば唱えるほど、周囲は「あなた、本当はお化粧に憧れているのでは?」と感じてしまいます。・・・ というのが一般的なコンプレックスの症状です。

ps.
レイコさんと顔見知りのお友達だから、こういう事が書けます。初対面の方には「あなたコンプレックスでは?」とは絶対に言いません。念のため(^^;)

Posted by: 幸地 司 | August 08, 2008 05:32 PM

幸地さん
化粧で綺麗になることは心から思っていませんし、そんな無駄な時間もないから、化粧を基本的に反対派ですが、化粧しないと周りに迷惑になるのなら、あるいは日本文化に反するのなら、我慢してもやります。真夏に背広を着なければならないサラリーマンの気持ちと同じです。この化粧コンプレックスは小さいから受けた中国文化の影響でしょうか。

Posted by: レイコ | August 09, 2008 01:01 PM

私書いた自信がないことは化粧そのものに対する自信がないわけではなく、自分は本当に毎日好きではないことを続けてやっていけるかの自信です。会社のため、皆さんのためという信念があれば、続けていくかもしれません。意味のないことだと少しでも思えば、続けていけないです。逆にお化粧で楽しみできる方にうらやましいです。

Posted by: レイコ | August 09, 2008 01:08 PM

レイコさん、こんにちは幸地司です。

> この化粧コンプレックスは小さいから受けた中国文化の影響でしょうか。

失礼しました。レイコさんが心の底から「自分は積極的に化粧しない派」だと思えば、自分のことを“コンプレックス”だと決めつけなくても結構です。それは、あなたの強い意志ですので、どうぞご心配なさらぬように。

先日うちの女性スタッフ(中国人)に「すっぴんとは何か?」と聞いたら、「化粧水や乳液くらいまでの状態」とのこと。では化粧とはどういう状態か?と聞いたら、「ファンデーション以上は化粧です」とあっけらかんと答えてくれました。では眉は? 口紅は? 無色の薬用リップは?・・・ うーん、きりがありません。

「化粧/すっぴん」とは、0か1のようにびしっと定義できるものではないらしい。また少し大人になりました。

Posted by: 幸地 司 | August 12, 2008 09:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 仕事ができれば女性のお化粧なんて不要:

« これはメルマガに書かないでね | Main | 雷の匂い »