« ウイークリーニュースダイジェスト(2008/7/4) | Main | 実践ダイバーシティマネジメント »

人材流動の激しい中国メンバーと信頼関係を築く法

「信頼関係」の意味は、国や文化によって異なるか?
異なる。
(幸地司/オフショア大學第3期にて)

「信頼関係」の意味は、国や文化によって異なります。全く違う意味になることはありませんが、信頼の拠り所は歴史・宗教観、社会情勢に左右されます(*)。

*詳細は先週のプレミアム版マガジンで紹介しました
http://www.ai-coach.com/magpre.html


したがって、中国オフショア開発で語られる「信頼関係」の意味は、日本と中国では微妙に異なると考えた方が安全です。「信頼」と「関係」を二つに分割して、それぞれの意味を考えると理解しやすいでしょう。

私が主宰するオフショア大學では、信頼や文化といった抽象的な概念の議論に時間を割いています。この理由は、「信頼が大事」や「文化の相互理解」などと問題解決の場面でお茶を濁したくないからです(*)。

*オフショア大學では、しつこく”行動レベル”に焦点を当てます
http://www.offshoringleaders.com/


■問いかけ

人材流動の激しい中国(特に上海などの大都市)では、オフショア開発に次々と新しいメンバーが投入されて、そしてプロジェクト終了後には即座に去っていきます。

新しく入ってきた中国人メンバーに対して、日本人上司や日本側のキーパーソンと信頼関係を築くために、あなたはどのように助言しますか。年上の日本人技術者と中国の若いメンバーが信頼関係を築くためには、どのような言動が効果的でしょうか。


              ※

オフショア大學では、さらに次の問いかけが続きます。

 「オフショア開発では、皆が言うほど信頼関係は重要ですか?」

私の答えは・・・「  」。

|

« ウイークリーニュースダイジェスト(2008/7/4) | Main | 実践ダイバーシティマネジメント »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人材流動の激しい中国メンバーと信頼関係を築く法:

« ウイークリーニュースダイジェスト(2008/7/4) | Main | 実践ダイバーシティマネジメント »