« オフショア拠点との温度差を縮めたい | Main | 上海オフショア開発フォーラム「人事評価」 »

インドオフショア開発、日本側のみ稼動する時間帯の使い方

インドオフショア開発の長い一日

(1) 日本側のみ稼動する時間帯
(2) 日本側/インド側、両拠点が稼動する時間帯
(3) インド側のみ稼動する時間帯


日本向けインドオフショア開発の現場から、日本人ブリッジSEが体験した小ネタ&TIPSをお届けします。


~インド現場便り vol.8~

【インドオフショア開発における時差(3.5H)】

インドと日本の間には3時間半の時差があります。日本時間13時頃にインド側の始業時刻となり、日本時間22時頃にインド側は終業時刻を迎えます。

インドオフショア開発では、一日の稼働時間を大きく3つに分類します。

(1) 日本側のみ稼動する時間帯
(2) 日本側/インド側、両拠点が稼動する時間帯
(3) インド側のみ稼動する時間帯


効率的に作業を実施するには3つの時間帯の特性を考慮し、作業を配置する必要があります。以下に1つの一例を記載します。


【時間帯特性の解説】

(1) 日本側のみ稼動する時間帯
 (日本時間9:00~12:30 インド時間5:30~9:00)

日本側ではインドから報告された前日の進捗状況を確認。さらに、成果物をレビューして、Q&A票に回答します。そして、日本 時間13:00までに、日本からインドへメールにてフィードバックします。

(2) ・・・つづく

情報提供:向井永浩 Softbridge Solutions (Japan) Co Ltd.
http://www.softbridge.jp


■問いかけ

インドとのオフショア開発を実施する日本企業では、時差を考慮して昼食時間を13:00以降にずらすべきでしょうか?

|

« オフショア拠点との温度差を縮めたい | Main | 上海オフショア開発フォーラム「人事評価」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インドオフショア開発、日本側のみ稼動する時間帯の使い方:

« オフショア拠点との温度差を縮めたい | Main | 上海オフショア開発フォーラム「人事評価」 »