« 深夜の大騒音にも大人の対応 | Main | 金土日オキナワ »

すっぴん派ブリッジSEが化粧を始めたきっかけ

「仕事ができれば化粧なんて不要」という中国人ブリッジSE
来日間もない中国人ブリッジSE(女)は、お化粧で自分を飾る女性を「弱い存在」だと心の奥で考えていました。仕事で成果を出せば、むしろ素顔のままでいる方が素晴らしい。「私はすっぴんですが、何か問題でも?」という姿勢でした。


【問1】この考え方は、中国人女性に共通する文化的特徴でしょうか。
それとも、単なる個体差でしょうか。

◆「仕事ができれば化粧なんて不要」は中国的文化
◆「仕事ができれば化粧なんて不要」は単なる個体差

○結果を見る
○コメントボード

【コメントボードより】

・デニム不可、ノースリーブや生足不可、など、お客様内のドレスコードに反することは「ビジネスマナー」「客先ルール」として守ってもらいますが、それ以外は強制する必要はないと思います。もちろん、リーダー格でお客様の偉い人と直接交渉、プレゼンなどするならスーツに化粧は必須でしょうけれど。立場とお客様次第でしょうか。私も日本人女性SEですが、時々社内ではすっぴんです。社内作業のSEは、結構すっぴん率が高いと思います・・・。

・以前日本で留学するとき、常に美を追求するのは、女の生き甲斐と思った。中国に帰ったら、化粧しない女性にがっかりした。

締切:2008年08月06日18時00分
協力:クリックアンケート


来日2年目、日本企業にすっかりとけ込んだ中国人ブリッジSEの日常会話より。

◆:主人公の中国人ブリッジSE(女)
◇:最近、職場に顔を出すようになったベテラン女性マネージャ

ある日のお昼休み。最近、現場でよく見かけるようになった、いかにも仕事ができそうな綺麗な女性マネージャから突然声をかけられました。


◇こんにちは、お疲れ様です
◆あ、お疲れ様です

◇あなたは、中国人でしょう?
◆はい、そうです。どうして知っていますか?

◇ハハハ。見たらすぐに分かります
◆何ですぐに分かりますか?

◇雰囲気から、何となくそうかなと思いました
◆そうですか

◇あなたはきっと日本に来たばかりでしょ、違う?
◆いいえ違います。“2年”くらいです(2年を強調)

◇実は、私も中国人です
◆本当ですか(驚)


来日2年目、日本企業にすっかりとけ込んだ中国人ブリッジSEですが、相変わらず“すっぴん”勤務を続けています。そんな彼女に声をかけた女性マネージャーは、日本語を流暢に操るだけではなく、お化粧した姿も日本人と全く同じでした。


※関連する過去記事を参照

Vol.893 「日本行きを希望する理由」を質問する狙い
http://www.ai-coach.com/backno/cip0893.html

Vol.894 仕事ができれば女性のお化粧なんて不要
http://www.ai-coach.com/backno/cip0894.html

Vol.895 連日残業、顔色の悪さを化粧で隠す日本人同僚に唖然
http://www.ai-coach.com/backno/cip0895.html


■問いかけ

「化粧する女性」=「日本人」と思っていた主人公の中国人ブリッジSE(女)は、一般的な中国人とはまるで違う女性マネージャの出現にとまどいました。

この後、主人公は職場でも徐々にお化粧するようになりました。いったい、彼女の心境にどのような変化が起こったのでしょうか?

|

« 深夜の大騒音にも大人の対応 | Main | 金土日オキナワ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference すっぴん派ブリッジSEが化粧を始めたきっかけ:

« 深夜の大騒音にも大人の対応 | Main | 金土日オキナワ »