« 【ゴミゼロ工場】硬直化した職人集団を3Sで見事に蘇らせた逸話 | Main | オフショア大學の理念 »

今さら人に聞けない(4) オフショア開発の「見える化」

成果を「見える化」し、やる気を持続
社員それぞれの提案件数を集計し、グラフ化して貼り出しました。1万件を達成するには1人あたり月に何件出せばいいのかを計算して、目標ラインとして明記します。
(儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密、p136)

海外からオンサイト常駐技術者を受け入れたときによくある問題。


【ケース】見えない窓口担当 - ブリッジSEは遊んでばかり?

隣の席に座る中国人の常駐技術者が、普段からどのような仕事をしているのかを全く知らない、進捗会議でも表面的で事務的に進められる。

時として、一人で日本常駐する中国人技術者が問題を抱えても誰にも相談できないし、また周りも気がつかないことがあります。同様に、中国との窓口・調整役を務める日本人も、周囲からは遊んでいるように見られます。実際には、あまりにも雑務が多すぎて、周囲との対話が決定的に不足していることがほとんどです。

最近、ITプロジェクトで心の病を抱える技術者が急増しています。責任分担が明確すぎて、柔軟性に欠け、曖昧性に対応できずに立ち往生してしまいます。


■問いかけ

オフショア拠点と日本を結ぶ窓口・調整役は、何をやっているのか分からないけどなぜかいつも忙しそう。以下のキーワードを用いて、この問題への有効な対策を論じなさい。

キーワード:「見える化」「チームビルディング」「対話」

|

« 【ゴミゼロ工場】硬直化した職人集団を3Sで見事に蘇らせた逸話 | Main | オフショア大學の理念 »

Comments

>実際には、あまりにも雑務が多すぎて、周囲との対話が決定的に不足していることがほとんどです。
これは私のことを言っているような気がします。
会話だけではなく、隣の人は出勤されているかどうかさえ気がつかないです。
しかし、オフショア先である北京の人は誰は遅れてきたなどすぐわかります。(スカイプがあがってない、朝会でしゃべてない、連絡時に席に居ない時間が長いなどなど)。一方的に集中しすぎているでしょうか。
これはブリッジSEの職業病でしょうか。

Posted by: レイコ | August 22, 2008 at 12:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/42229171

Listed below are links to weblogs that reference 今さら人に聞けない(4) オフショア開発の「見える化」:

« 【ゴミゼロ工場】硬直化した職人集団を3Sで見事に蘇らせた逸話 | Main | オフショア大學の理念 »