« 上海朝便、午後成田着、夕方日本橋 | Main | ないちゃー向け沖縄IT津梁パーク関係者必読書 »

ウイークリーニュースダイジェスト(2008/9/19)

●毎週金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けする。


・2008/9/11 - NTTデータ
インドにおける高度IT人材の育成

インドIT成長の核心となる人材開発に向けた国家ビジョン、政府や教育機関による人材開発プログラム、更に全国ソフトウェアサービス協会による大掛かりな教育施策について紹介。


・2008/9/12 - 組込みZine
生き残るための知恵

中国の税務署の役人が不正をしなくなったのは、そのほうが自分にとってより有利であると判断したまでのことだ。その点では本質的に、日本人も米国人も、そして中国人も変わりがないと思う。

↑誤解を招く考察です。「不正をしない」という現象が同じでも、その動機は国や文化によって異なります。経験則や願望だけで「日本人も米国人も、そして中国人も変わりない」と判断するのはとても危険です。一方、中国国内の「信頼」に関する考察は説得力があり、一読の価値があります。(幸地)


・2008/9/17 - インド新聞
インドIT産業 350万人以上の技術者が必要

インド政府高官は12日、インドのITおよびITサービス産業は、“第11期5カ年計画”が終了する2012年末までに約9兆9700億円の輸出額目標を達成するために、350万人以上の技術者を必要としていることを明らかにした。


・2008/9/17 - nikkei BPnet SAFETY JAPAN
日本語に強いアウトソーシング拠点、大連の研究(前編)

大前研一が10年くらい前からアドバイザーとして積極的に支援しているのが大連。「市長の権限が強い大連市」「税制や法律が突然変わるお国柄」「人件費アップでも中国に依存する理由」


・2008/9/18 - @IT情報マネジメント
インドオフショア開発のコストはいくら?

20人月以下の小規模プロジェクトはコストメリットが出ない。

↑本誌で定期連載する向井氏の新連載です。おめでとうございます。文章にカタカナが多いのが難点ですが、インドオフショアでは極めて珍しい現場視点で書かれた要チェック記事だと思います。(幸地)


・2008/9/18 - 中国情報局
オンラインゲーム業界、深刻な人材不足に悲鳴

不足する専門人材は60万人とも言われ、特に設計、開発、企画分野では常にひっ迫している状況だ。最も求人数の多い職種は「3D/2D開発設計エンジニア」で、業界の平均月収は5000元以上。経験豊富なシニアエンジニアなら月収1万元、さらには年収が30万元を超える場合もあるという。


・2008/9/18 - ASPヘッドライン
ASP・SaaSにおける、自社開発とオフショア開発の相違点

筆者は、ベトナム生まれ、東京大学大学院修了のブリッジSE。連載第1回目の内容は、すでに議論しつくされた現場感覚からは遠い一般論に終始。今後に期待します。(幸地)

|

« 上海朝便、午後成田着、夕方日本橋 | Main | ないちゃー向け沖縄IT津梁パーク関係者必読書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/42522380

Listed below are links to weblogs that reference ウイークリーニュースダイジェスト(2008/9/19):

« 上海朝便、午後成田着、夕方日本橋 | Main | ないちゃー向け沖縄IT津梁パーク関係者必読書 »