« 福岡セミナー全員参加+2名追加 | Main | 福岡名物 聖子、太郎、チェッカーズ »

上海で質問したら「没問題」問題の原因は個人にあり=40%

「没問題」問題は文化の壁か?
進捗会議の席で、中国人ブリッジSEが日本語で「問題ありません」と報告しました。ところが、案の定、後から問題が発生しました。この問題の原因は、次の3つのどれだと思いますか?

・言語の壁 (19票)28%
・文化の壁 (40票)58%
・個人の壁 (10票)14%


(オフショア開発フォーラム調べ)

先日「オフショア開発に失敗する方法」出版記念講演の上海場所にて、上記「没問題」問題について受講者に質問しました。すると、以下のような意外な回答が寄せられました。

・言語の壁 ほぼゼロ
・文化の壁 約60%
・個人の壁 約40%

筆者註:回答者の過半数は、上海のオフショア現場で働く日本人駐在員。残りは日本語が堪能な中国人マネージャクラス。


●事実

一般に、中国語の「没問題」と日本語の「問題ありません」の意味が異なる

●中国語の「没問題」とは

・多くの中国人の問題ないという言い方は現段階聞いた内容にたいして問題ないと考えているんです、あとに何かを発生することではないです。

・「没問題」というのは、前に「現在」とつけて解釈する。すなわち、今までは何も問題はなかった、今後のことは、神のみぞ知る。

●日本語の「問題ありません」とは

・日本人の「問題がない」は自分の認識だけではなく、ちゃんとすべてを確認して、そして、これから簡単に問題を発生しない完璧主義ですが、中国人の理解では、今の時点では問題が発生してないまたは自分が気が付いてないことだと思います。

(アンケート掲示板より)


■問いかけ

中国人ブリッジSEが日本語で「問題ありません」と報告したら、あなたは以下の点に注意しましょう。

・その報告は、中国語の「没問題」を直訳しただけなのか、それとも日本的商習慣の意味なのかを的確に判断する。


ところで、いつも不思議に思うことがあります。ある質問をメルマガ誌面上と上海講演会でそれぞれ投げかけた時、違う反応が返ってくる事があります。

例1:中国人ブリッジSEの日本語で「問題ありません」問題の原因

実2:中国人の微妙に間違った日本語を正す方法

【ミニクイズ】

なぜ、上海では「個人の壁」との回答が40%に達したと思いますか?メルマガ誌面でのアンケートではたった10%なのに。

|

« 福岡セミナー全員参加+2名追加 | Main | 福岡名物 聖子、太郎、チェッカーズ »

Comments

英語の
No probremを日本語に訳すと、
「私には問題ありません」ですね。

Posted by: タケチャン | September 30, 2008 at 02:47 PM

タケチャンさん、こんにちは幸地司です。
当ブログへの初登場おめでとうございます。

>No probremを日本語に訳すと、
>「私には問題ありません」ですね。

これは、インド人の発想でしょうか?
あるいは、英米人にも共通する発想でしょうか。

Posted by: 幸地司 | October 01, 2008 at 06:18 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/42630739

Listed below are links to weblogs that reference 上海で質問したら「没問題」問題の原因は個人にあり=40%:

« 福岡セミナー全員参加+2名追加 | Main | 福岡名物 聖子、太郎、チェッカーズ »