« 日本軽視、日本素通りはあるかも。ただし嫌日流ではない | Main | 厳しい現法経営と中国派遣者・出張者の条件 »

財団法人海外職業訓練協会(OVTA)

昨日は、財団法人海外職業訓練協会(OVTA)主催の中国ビジネスセミナーを受講しました。

講演者の佐藤忠幸氏は、マレーシアで9年、中国で6年の現地法人社長経験をもち、現在は上海を基盤として、中国法人の品質管理から労務管理及び経営管理まで幅広く相談と指導を行う大ベテランです。
Dsc00899

このセミナーは、上海オフショア開発フォーラム事務局さんに紹介してもらいました。ところが、わたくし、この大事なセミナーへの事前申込みをすっかり忘れていて、当日の朝にあわてて電話で確認しました。

が、しかし、あえなく定員オーバー。大好評らしく、1週間前にすでに受付を終了していました。ですが、ここで奇跡が起こります。電話口に出てくれたOVTAのご担当者が気を利かせてくれて、本来なら完全に門前払いのところを、無理やりねじ込ませてもらいました。

財団法人だから「満員です、あしからず」と冷たくあしらわれても仕方ないと覚悟していましたが、実に温かみのある臨機応変な対応でした。ありがとうございます。このご恩は忘れません。

初対面の佐藤氏と15分ほど雑談させていただきました。これも、上海オフショア開発フォーラム事務局さんが事前に根回ししてくれたおかげです。私は運がいい。

講演後に回収されるアンケート用紙には、最高5ランク評価をつけました。おまけに、末尾の備考欄に「私にもOVTAセミナーで講演させてください」と図々しくおねだりしました。

きっと、OVTAご担当者様は苦笑しているでしょう、「なんだ、こいつは?」みたいな。

|

« 日本軽視、日本素通りはあるかも。ただし嫌日流ではない | Main | 厳しい現法経営と中国派遣者・出張者の条件 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/42441750

Listed below are links to weblogs that reference 財団法人海外職業訓練協会(OVTA):

« 日本軽視、日本素通りはあるかも。ただし嫌日流ではない | Main | 厳しい現法経営と中国派遣者・出張者の条件 »