« 9月決算の慌ただしさ | Main | 初心忘るべからず »

ITセキュリティー製品の強制認証制度

「IT製品の機密開示せよ」・・・中国が外国企業に要求へ
中国政府が外国企業に対し、デジタル家電などの中核となる製品情報を中国当局に開示するよう命じる新制度を2009年5月から導入する方針であることがわかった。・・・

出典)2008年9月19日 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20080919nt07.htm


「中国 デジタル家電 暗号ソフトウェア」・・・このキーワードにピンとくる方はご用心。


 「暗号筒抜け」日米猛反発

新制度を「ITセキュリティー製品の強制認証制度」と呼んでいる。具体的には、対象となる製品について、デジタル家電などを制御するソフトウエアの設計図である「ソースコード」の開示を外国企業に強制する。対象製品は、開示されたソースコードに基づく試験と認証機関による検査に合格しないと中国で製品を販売出来ないという、国際的に例のない制度だ。

(2008年9月19日付け読売新聞より)


●概要

デジタル家電を中国で製造・販売するならソースコード開示せよ

●対象製品

ICカード(フェリカ等)、デジタル複写機、薄型テレビ、コンピューターサーバーなど暗号機能が含まれる製品

●ソースコード開示の根拠

ソフトの欠陥を狙ったコンピューターウイルスや、コンピューターへの不正侵入を防ぐため

●ソースコード開示を拒否すれば

当該製品の対中輸出や中国での現地生産、販売が一切禁止される

●参考情報(中国語サイト)

8種類の情報セキュリティ製品への強制認証制度を実施
http://www.aqsiq.gov.cn/zjxw/zjxw/zjftpxw/200803/t20080307_65867.htm


●関係者の声(オフショア開発フォーラム調べ)

・もし新制度「ITセキュリティー製品の強制認証制度」が馬鹿正直に適用されるなら、わが社の場合は中国からの撤退もあります

・差しあたって業務システム開発の弊社にはあまり関係なさそう

・もしかしたら、一般製品にまで幅広く適用する気はさらさら無く、SonyのFelicaなど、ごく少数の製品を狙い打ちした政策かもしれません

・中国の大きな方針は、中央政府の何かの大会を開催しないと簡単に変更できないと思います


■問いかけ

【緊急アンケート調査】

新制度「デジタル家電を中国で製造・販売ならソース開示せよ」

1)あなたは、2009年5月から導入されるかもしれない中国の新制度「ITセキュリティー製品の強制認証制度」をご存じですか?

◆知っている
◆知らなかった

○結果を見る
○コメントボード


2)中国政府が導入を検討する新制度「ITセキュリティー製品の強制認証制度」は、あなたの会社に影響を与えますか?

◆影響あり
◆影響なし
◆分からない
◆無関心

○結果を見る
○コメントボード


締切:2008年10月02日18時00分
協力:クリックアンケート

|

« 9月決算の慌ただしさ | Main | 初心忘るべからず »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/42589031

Listed below are links to weblogs that reference ITセキュリティー製品の強制認証制度:

« 9月決算の慌ただしさ | Main | 初心忘るべからず »