« 出張者のケアで若手社員の財布の負担が限界 | Main | 仕様決定権を持つ日本人SEがQ&A窓口に立つべきか? »

オフショア開発シンポジウム開催の外堀と内堀

先ほど、オフショア開発シンポジウムを後援してくださる東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科の比嘉教授をたずねました。

その席で、シンポジウムの狙い、対象者、主要テーマ、そして東工大が後援する意義などについて意識を統一させました。

「オフショア開発フォーラム 2008 IN 東京」
日時:2008年12月1日(月) 9:30-17:00
会場:東京JR田町駅から徒歩1分の国際会議場(東工大施設)
定員:100名
参加費:5,000円(予定)

そして、今夜は「オフショア開発フォーラム 2008 IN 東京」のポスター・チラシ作りを担当する専門家との打ち合わせ。内からも、外からもがっちり溝が埋まってきました。

さー、やるぞー!

|

« 出張者のケアで若手社員の財布の負担が限界 | Main | 仕様決定権を持つ日本人SEがQ&A窓口に立つべきか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43730/42653012

Listed below are links to weblogs that reference オフショア開発シンポジウム開催の外堀と内堀:

« 出張者のケアで若手社員の財布の負担が限界 | Main | 仕様決定権を持つ日本人SEがQ&A窓口に立つべきか? »