« 解説者、工藤公康 | Main | 中国ドラマ「三国演義」9/84 »

ウイークリーニュースダイジェスト(2008/11/7)

●毎週金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けする。


・2008/10/29 - Intellect(英国)
オフショアリングは標準的な商習慣

アンケートによると、96%は将来の“マルチソーシング化”を予測。89%は、オフショアリングからグローバルソーシングに移行すると回答。今後の潮流は、オンサイト側の優秀さをどう磨くか。社内に外注専門家を置く重要性がますます高まる。


・2008/10/31 - ニュージランド電子政府

ICTオフショアリング指針。リスク管理のカギとなる10項目。


・2008/11/4 - インド新聞
「インドIT、09年に20%成長に回復」NASSCOM会長

IT,BPO産業は、グローバル企業の業績の影響をじかに受ける。小売り、製造、不動産の各産業は、個人層の好況が成功の条件となる。銀行・金融サービス産業は、資本の流入が不可欠。そのため、不安定な時期が続くことへ備えが必要となり、将来的な成功を実現するためには新しい戦略や能力を整えなければならない」と指摘する。


・2008/11/4 - サーチナ
中国調達:「ものづくりの思想」:日中それぞれの感覚

余計なことはしなくてよいから、少しでも安価に製品を供給しろ、というユーザーがいるかもしれません。ゆえに歓迎されるのかわからない余計な作業はしないという発想になってしまいます。日本のように「あ、うん」の呼吸では伝わらないということです。つまり要求する作業を明確に指示することです。


・2008/11/4 - サーチナ
中国営業と切っても切れない領収書

発票を請求書と共に送るのか、現金や小切手と引き換えに発票を渡すのか、前金を受け取り、収据を渡しておいて納品と共に発票を送るのか、顧客を見極めて発票を切るタイミングを決めることも営業マンの腕と経験の見せ所です。発票は、切るときも、切られるときも中国の営業マンにとって、死活問題となります。


・2008/11/4 - The New York Times
インドIT大手の新しい戦略: Outsource Locally

インドIT大手は、新しい戦略として、米国で技術者を採用し、インドで教育して、必要なら米国に戻します。コスト削減の効果は期待できないでしょう。これからは、顧客と一緒にR&D分野を担当します。


・2008/11/5 - Computerworld Blogs
オバマ大統領はオフショアリングに歯止めをかけられるか?

米国大統領選に勝利したオバマ氏は、オフショアリングを推進する企業の租税優遇税制処置をなくすと公言する。 H-1B ビザや米国永住権の取得について、どのように影響するかは不透明である。


・2008/11/6 - The Times of India
Offshoring remark not a bother

オバマ大統領に替わっても、インドのオフショアリングへの影響は小さい。


・2008/11/6 - computerweekly.com
Video: Offshoring and outsourcing - Paul Wilmott of McKinsey

マッキンゼー英国オフィス担当のインタビュー映像。緊急危機が与えるオフショアリングへの影響は限定的である。


・2008/11/7 - オフショア大學
オフショア開発フォーラム 2008

日本初そして最大級のオフショア開発シンポジウムのテーマは、「グローバルソーシングを担う国際IT人材戦略」
2008年12月1日(月) 9:00-17:00(JR田町駅から徒歩1分)


・2008/11/7 - Business-standard.com
ITコンサルティングも、多くは海の向こうへ

ERP構築からサポートまで、いまやインド、東ヨーロッパ、中南米へオフショアリングされる。

|

« 解説者、工藤公康 | Main | 中国ドラマ「三国演義」9/84 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 解説者、工藤公康 | Main | 中国ドラマ「三国演義」9/84 »