« eラーニングによる外国人IT技術者の即戦力化 | Main | オフショア啓蒙活動と品質作り込み »

インド・ムンバイ 同時テロ

インドのカントリーリスクが浮上してきました。

インド国内では、これまでも小規模のテロは頻発していましたが、外国人を狙った大規模な同時多発テロは少々やっかいです。

12/1のオフショア開発フォーラム2008では、日本人若手SEをインドで武者修行させる取り組みの発表が予定されています。マスコミでも大々的に報じられた果敢な挑戦であり、私も影ながら応援しています。今後の動向が気になります。

米国発の金融危機の余波で、世界のIT投資の減速感が強まっています。米国の不況をまともに受けるインドIT業界は、しばらく極寒の冬の状況が続きそう。

今回のムンバイ同時テロは、こうした状況をさらに悪化させる、まさに「泣きっ面に蜂」な事件です。

|

« eラーニングによる外国人IT技術者の即戦力化 | Main | オフショア啓蒙活動と品質作り込み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« eラーニングによる外国人IT技術者の即戦力化 | Main | オフショア啓蒙活動と品質作り込み »