« 小さな企画と大きな企画 | Main | 有害物質飛来? »

来年の中国の正月休みはどうなっていますか

インドの長期休暇“Diwali”のリスク対策
日本とインドの休日の違いは、長所にも短所にもなり得ます。したがって、互いに休日の違いについて共通認識を持つことがリスクマネジメントの第一歩です。そして、プロジェクト開始前に休日対策を協議します。

・スケジュールを決定する際、本稼動日をインド側休日としない
・日本側とインド側の年間休日を Groupware等で共有する

無料メールマガジン2008/10/30(第948号)
http://aicoach.tea-nifty.com/offshore/2008/10/diwali-061f.html

オフショア大學第4期での問いかけより。

――日本とオフショア拠点の休日の違いは、長所にも短所にもなり得ます。互いに休日の違いについて共通認識を持つことがリスクマネジメントの第一歩です。両国の休日の違いを活用するために、どんな施策が有効でしょうか?

回答:googleカレンダーを使って、「中国の祝日」「ベトナムの祝日」「インドの祝日」をインポートして、その国の休日を把握する。その上で・・・・・・。


国や地域によって「残業代」や「休日出勤手当」の算出方法は異なります。知っている人は知っているし、知らない人は全く知りません。念のため質問します。

――中国の法律で定められた「残業代」や「休日出勤手当」の算出方法を説明しなさい


――ベトナムの法律で定められた「残業代」や「休日出勤手当」の算出方法を説明しなさい


――日本の法律で定められた「残業代」や「休日出勤手当」の算出方法を説明しなさい


■問いかけ

<問1>
オフショア開発を成功させるためには、日本、中国、ベトナムにおける「残業代」や「休日出勤手当」の算出方法を知っておくべきです。その理由を1つ以上挙げなさい。

<問2>
中国の祝日の決め方は日本と異なります。祝日をはさむ前後の土日の扱い、連休の長さが毎年変わります。もし、お客様から、「来年の中国の正月休みは、どうなっていますか?」と質問されたら、あなたはどのように回答しますか?

|

« 小さな企画と大きな企画 | Main | 有害物質飛来? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 小さな企画と大きな企画 | Main | 有害物質飛来? »