« 知的生産力を高める「コンサルタント頭」即成講座 | Main | virtual team project の光と影 »

「お客様は神様です」を外国人に押しつけるな!

いかにも日本的な「お客様は神様です」の精神とは

×「顧客のために、予算外でタダ働きすべきである」
△「顧客とは、契約に則った上で最大限に奉仕する対象である」
◎「・・・・・・」

最近、頻繁にご意見を寄せてくれる中国人読者との対話より。

――外国人IT技術者に「お客様は神様です」の精神を伝える有効な代替スローガンを考案しなさい[1]。(幸地司)

◆そもそも、どうして「お客様は神様です」を外国人に推し進めるのかが、私には理解できません。自分が発注側だから? 自分が神様だから? 日本はこういうスタンスだから? オンサイトで外国人技術者に要求するのがまだいいですが、外国にあるオフショア提携先に要求するのはどうかと思います。(中国人読者)


――「お客様は神様です」という発言には、良い面と悪い面があります。良い面の「お客様は神様です」の精神は、外国人IT技術者にも伝えるべき。これが、私の立場です。

◆(・・・納得いかず反論・・・)

[1] 本誌 2008/10/16(第943号)インド「お客様は神様ではない」
http://aicoach.tea-nifty.com/offshore/2008/10/post-5957.html


■問いかけ

顧客 「仕様未確定なので、とりあえず代表機能を先行開発してくれ。ただし    、予算がないので今はこれだけしか払えない」

あなた「・・・そ、それは、ちょっと」

顧客 「そこを何とか頼むよ」

あなた「・・・分かりました。やってみましょう」

              ※

あなたは、以下の制約条件で、オフショア開発プロジェクトを発注する立場だとします。

「仕様をきっちり文書化できない」
「よりたくさん受託側に権限委譲して、管理工数を減らしたい」
「発注担当者は仕様検討や基本設計で忙しいので、オフショア側が
 自発的に足りない箇所を補って欲しい」
「予算が足りないので、後からの追加請求はできるだけ避けたい」

もしも、オフショア企業が「顧客とは、契約に則った上で最大限に奉仕する対象である」との強い信念を持つ場合、どのような契約を交わせばよいでしょうか? 最初から諦めた方が賢明ですか?

|

« 知的生産力を高める「コンサルタント頭」即成講座 | Main | virtual team project の光と影 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 知的生産力を高める「コンサルタント頭」即成講座 | Main | virtual team project の光と影 »