« オフショアリングへの驚異は過剰反応か? | Main | オフショアリングの脅威は低下しつつある? »

いま熱い、30のオフショア受託国

米国視点のリストですが、参考までに。調査会社Gartner曰く、メキシコ、ポーランド、そしてベトナムの3ヵ国が赤丸急上昇とのこと。

米国発金融危機の影響で、米国ではますますコスト削減への要求が高まっています。インドの圧倒的No1の地位は不動ですが、二番手争いは熾烈を極めそうです。

Americas
アルゼンチン
ブラジル
カナダ
チリ
コスタリカ
メキシコ
パナマ

Asia/Pacific
オーストラリア
中国
インド
マレーシア
ニュージーランド
パキスタン
フィリピン
シンガポール
タイ
ヴェトナム

Europe, the Middle East and Africa
チェコ共和国
エジプト
ハンガリー
アイルランド
イスラエル
モロッコ
ポーランド
ルーマニア
ロシア
スロバキア
南アフリカ
スペイン
ウクライナ

ちなみに、昨年のトップ30から転落した国は、北アイルランド、スリランカ、トルコとウルグアイの4カ国。その代りに、エジプト、モロッコ、パナマとタイが新たにトップ30にランクインしました。

出典:Nick Heath(2008), The top 30 offshoring destinations

|

« オフショアリングへの驚異は過剰反応か? | Main | オフショアリングの脅威は低下しつつある? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オフショアリングへの驚異は過剰反応か? | Main | オフショアリングの脅威は低下しつつある? »