« 【クイズ】オフショア窓口担当の悲劇を解消する方法 | Main | 米国が金融危機でもオフショアリング(Offshoring)をやめない4つの理由 »

今後5年間、オフショアリング業界の鍵となる7つの課題

1. 規模拡大

オフショアリングの対象範囲を下手に制限してはいけません。

2. オフショア受託企業の強化

巨大化するオフショア企業との力関係に注意。ポートフォリオ管理がより重要に。

3. 新しい価格モデル

ユーザ企業のオフショア費用対効果と連動した新しい契約形態の模索。例えば、インドITが頑張ったおかげで、顧客が市場で大儲けしたら、その一部をインドITに還元する、など。

4. コンポーネント化と標準化

SaaSやクラウド・コンピューティングが新しいオフショアリングの未来を切り開くかも。

5. マルチロケーション

「インドと中国の使い分け」にとどまらず、ニアショアやEU域内の安い地域を使いこなす戦略の構築。

6. オフショア専門部署の強化

外部から専門家を招聘してオフショアPMOを設置する。そして、徐々に社内の専門知識を蓄積する。

7. 政治的なオフショア抵抗の終焉

右派的な政治圧力や国内産業の保護など、過剰なオフショア反対への対策。政府案件のオフショア発注を拡大させる、など。

出典:Alsbridge plc (2008), Offshore Futures Report: Preparing for Global Sourcing

|

« 【クイズ】オフショア窓口担当の悲劇を解消する方法 | Main | 米国が金融危機でもオフショアリング(Offshoring)をやめない4つの理由 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 【クイズ】オフショア窓口担当の悲劇を解消する方法 | Main | 米国が金融危機でもオフショアリング(Offshoring)をやめない4つの理由 »