« ウイークリーニュースダイジェスト(2008/12/5) | Main | 大学の情報教育に苦言を呈する »

単語の後に“er”をつける

Dsc01123

今朝は沖縄から配信します。今回は二泊三日の短い出張です。

今日の午後は、那覇市の産業支援センターで開催される沖縄県PM育成に関するシンポジウムに出席。本土代表の一人として、パネルディスカッションにお呼ばれしました。大変、光栄です。

沖縄豆知識をいくつか披露します。

本土(ほんど)とは、沖縄県民が他府県を指す言葉です。
内地(ないち)と同義語として扱われます。


沖縄では、単語の後に“er”をつけると、人を現す名詞に早変わりします。

沖縄の人はうちなー(沖縄erの変形)。
他府県の人はないちゃー(内地er)。
ところが“ほんどぅぁー(本土er)”とは言いません。


同様に、単語の後に“んちゅ”をつけると人になります。

うみんちゅ
しまんちゅ
うちなーんちゅ

Dsc01118

私の出身地では、地名の後に“しんか”や“しー”をつけることで、よりローカルな人種を表現していました。

普天間しんか、(ふてんましー、も可)
宜野湾しー、(宜野湾しんか、ぎんわんちゅ、も可)


どこまでが正当な活用法で、どこからがスラングなのか、使っている本人ですら皆目見当が付きません。下記などは、もはや正当な沖縄方言とは言い難い。のでは。

嘉数(かかず)の人々 → 嘉数er → かかじゃー(臭そうな名前)

今年最後の沖縄出張をエンジョイします。

|

« ウイークリーニュースダイジェスト(2008/12/5) | Main | 大学の情報教育に苦言を呈する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ウイークリーニュースダイジェスト(2008/12/5) | Main | 大学の情報教育に苦言を呈する »