« オフショアリングの脅威は低下しつつある? | Main | オフショアリングの成熟度 »

どれくらいの仕事が海外委託(Offshorable)されるか?

Hbr_offshorable02

2007年のある研究では、米国内の22%~29%(2,520万~3,180万人分)の仕事は海外に移転される可能性があるそうです(Alan Blinder 2007)。

この調査を受けて、米国ハーバード大学ビジネススクール(MBA)でも900名以上の学生を動員して、米国の800種の仕事がどの程度海外に移転されるか(オフショア委託可能か)を調べました。

その結果、800種の仕事を最もオフショア業務委託されやすい業種グループから順に4つのカテゴリに分類・格付けしました。

Hbr_offshorable01

私が興味深かったのは、HBS学生の格付けと専門家(Blinder氏)の格付けとが全く正反対だった職業があることです。

HBS学生が"Category IV"、すなわちもっともオフショア委託されない職業だと判断したにもかかわらず、専門家(Blinder氏)は「いやいや、十分にオフショア可能だよ」と判断したものを列挙します。

・Poets
・Chemical Equipment Operators
・Fashion Designers
・Multiple M achine Tool Setters
・Chemical Plant Operators
・Paper Goods Machine Operators
・Machine Tool Setters
・Metal-Refining Furnace Operators and Tenders
・Stationary Engineers

Hbr_offshorable03_2

詩人(Poets)やファッションデザイナーは、海外にオフショア可能でしょうか!? 

出典:HBR (2009), How Many U.S. Jobs Are 'Offshorable'?

|

« オフショアリングの脅威は低下しつつある? | Main | オフショアリングの成熟度 »

Comments

ファッションデザインは十分に可能でしょう。インドの牛革のデザインなんかも歴史があって良いですよ。

Posted by: タケチャン | December 21, 2008 at 05:57 PM

タケチャンさん
アパレルの超優良企業ZARAは、本国スペインでデザインしていますね。もちろん、世界で通用するファッションデザイン(安かろう、でも良かろう)です。

先日、インドの綿花農家の悲劇を描いた映像をみました。アパレル分野でも、いつかは上流から下流までインドで対応出来るようになるのでしょうか。

Posted by: 幸地司 | December 21, 2008 at 06:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オフショアリングの脅威は低下しつつある? | Main | オフショアリングの成熟度 »