« いま熱い、30のオフショア受託国 | Main | どれくらいの仕事が海外委託(Offshorable)されるか? »

オフショアリングの脅威は低下しつつある?

Offshoringthreat

英国での調査より。オフショアリングに脅威を感じる電気・電子系の技術者は、意外に少なく28%。2005年をピークに徐々に低下しています。

同様にオフショアリングに脅威を感じないと答えた者も、昨年から5ポイント増えて46%に達しました。

いったい、どういう事でしょうか。

Nooffshoringthreat

日本で「オフショアリング」というと、暗黙のうちに“IT技術者”を仮定しますが、英語圏では全く違うようです。

弁護士のオフショアリングもあるし、出版業界のオフショアリングもあります。要するに、英米では、既に多くのホワイトカラー業務がオフショア移管の対象とみなされます。

オフショアに脅威を感じる度合い

  IT技術者=ITコンサル(約1/3) > CIO・ITマネージャ(約1/5)

出典:Natasha Lomas (December 2008), Offshoring hitting homegrown skills

|

« いま熱い、30のオフショア受託国 | Main | どれくらいの仕事が海外委託(Offshorable)されるか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« いま熱い、30のオフショア受託国 | Main | どれくらいの仕事が海外委託(Offshorable)されるか? »