« 祝!メルマガ1,000号達成 | Main | 「お疲れ様でした」の代用語 »

若輩者に苗字で呼び捨てにされた

あるかもしれない架空のお祝いメッセージ
小生は、幸地のメールマンガをいつもチャックしております。通算1000号を達成して、おめでとうございました。 (外国人読者から届いたお祝いメッセージ)


2003年7月9日に創刊したオフショア開発メールマガジンは、今日で通算1000号を迎えました。おめでとうございます。そして、長年のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

5年半以上もオフショア開発情報の発信を続けると、年齢・性別・国籍を問わず様々な背景をもった人々から応援メッセージが届きます。好意的なメッセージが大半ですが、稀に批判や間違い指摘のメッセージも届きます。一方的な売り込みメールも、しょっちゅう届きます。さすがに慣れました。

外国人読者のほとんどは中国人です。勉強熱心で、積極的に情報発信する方が大勢います。ですが、たまに私を「幸地は・・・」と呼び捨てにする中国人読者がいます。

そうは言いつつ、苗字を呼び捨てにされても全く気にしない私です。そんなある日、オフショア開発で活躍する日本人SEに「中国人って、たまに苗字で呼び捨てにするよね」と話しかけると、その人は、ニヤりと笑って次のように言葉を続けました。

中国人は、仲良くなった相手を苗字で呼び捨てにすることがあります。年下の中国人が、年上の中国人に対しても呼び捨てにします。ただし、同じ感覚で日本人の苗字を呼び捨てにすると、不自然です。

私の周囲では、相手に悪気がないことが分かるので、互いに慣れると問題は生じません。ですが、以前、うちの中国人女性担当者が、客先でミスター人事と呼ばれる50代のベテラン部長さんを呼び捨てにしたことがありました。私達は、冷や汗をかきました。

今でもこの二人は、現場でいつも言い争いをしています。二人は30歳以上も年齢が離れているので、傍から見るとまるで親子喧嘩です。ったく仲がいいのか悪いのか・・・。


■問いかけ

前出の日本人SEは最後にこう結びました。

日本での業務経験が少ない中国人に対しては、たとえ親しい間柄であっても日本人を相手にする時には、常に「さん」付けで呼ぶよう指導するとよいでしょう。Skypeやチャットによる非公式な会話でも気を抜かないよう最初によく伝えておきます。


<問1>
上記の「相手を呼び捨てにする」以外に、外国人従業員が犯しやすい会話のマナー違反を1つ挙げなさい。

<問2>
逆に、オフショア開発で日本人が犯しやすい会話のマナー違反を1つ以上挙げなさい。

<問3>
もし、あなたが外国人を相手に会話のマナー違反を犯してしまったら、どのように後処理しますか。

<問4>
ある日本人役員(56歳)は、取引先の中国人マネージャ(32歳)がメールで使う「小生」に違和感を持ちます。もし、あなたが両方の人柄を熟知する立場なら、どのように助言しますか。


|

« 祝!メルマガ1,000号達成 | Main | 「お疲れ様でした」の代用語 »

Comments

<問1>
上記の「相手を呼び捨てにする」以外に、外国人従業員が犯しやすい会話のマナー違反を1つ挙げなさい。

私は劉さんです。

<問2>
逆に、オフショア開発で日本人が犯しやすい会話のマナー違反を1つ以上挙げなさい。

「一応」で始まる説明会。

Posted by: ウサギ | January 27, 2009 at 04:32 PM

>「一応」で始まる説明会。

なるほど。責任回避のセリフですね。

一応お客様のご要望は記載しましたが、何か問題があれば指摘してください(爆)・・・→ もし問題が発生したら、指摘しなかった「あなた」が悪いことに(責任転嫁)。

世界で最も不確実性回避の傾向が強い日本企業ですから、「一応」を多用する気持ちは理解できます。

リスクマネジメントでは、「責任転嫁」と「責任回避」は異なる概念です。平均的な日本人にとって、やっかいな「責任」は、とりあえず回避すればOK。

あなたとわたし、二元論的に責任をなすりあうのではなく、責任を引き受けてくれる新しい第三者(SE向け責任保険商品?)が発明されると、「一応」で始まる説明会は激減しそうです。

Posted by: 幸地司 | January 27, 2009 at 08:52 PM

いろいろ考えなくて答えてしまい、すみません。
マナー違反の観点から質問を答えました。
例えば、そろそろ退職の先任SEとPJ引継打合せを行う時、まだ何も話してないのに「一応ですね・・・」と言われてびっくりしたことです。
いろいろを配慮している日本人は「常識」外の発言が少ないと思われますが、その「常識」は
幸地司様言った「責任」ですかね、勉強になりました。

Posted by: ウサギ | January 28, 2009 at 10:14 AM


> まだ何も話してないのに「一応ですね・・・」と言われて

ウサギさんは、びっくりしたのですか! 私の感覚だと、びっくりするような状況ではありません。面白い「違い」ですね。私も勉強になりました。ありがとうございます。

日本人は「常識」外の発言が少ないという印象をウサギさんはお持ちのようですが、例えばどんな常識的な発言が多かったですか。逆に、どんな常識外の発言が少ないですか。差し支えなければ教えてください。

※補足
常識とは、ある集団で共有される当たり前の価値観、知識、あるいは善悪の判断基準のこと。集団Aの常識が、集団Bで通用するとは限りません。「役所の常識が民間で通用しない」「男の常識が女に通用しない」「日本の常識が中国では通用しない」・・・など。

英語だと“common sense”、中国語でも「常識」かな。

Posted by: 幸地司 | January 28, 2009 at 12:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 祝!メルマガ1,000号達成 | Main | 「お疲れ様でした」の代用語 »