« 禊ぎを済ませば過去は水に流せます | Main | 怨霊が怖いので結果よりもプロセスを重視 »

若干名追加募集、オフショア教科書づくり

昨年12月29日発行のメールマガジンで、オフショア開発プロジェクトメンバーのためのOJT教科書を執筆するチームに参加しませんか、と呼びかけました。2009年1月末脱稿、3月末出版予定です。完全なるボランティア活動ですが、数名の方から有り難いお申し出がありました。誠にありがとうございます。

10名くらい応募があるかと思ったのですが、年末年始でメルマガを読まなかった方が多かったのでしょう。ご協力をくださった方には、いろいろな特典をプレゼントします。ご本人が希望すれば、執筆協力者として氏名もしくはペンネームを教科書の執筆チームに記載します。

あと若干名、オフショア教科書づくりボランティアメンバを募集します。応募方法は、メルマガ 2008/12/29(第980号)の編集後記をご覧ください。

本書の目次は固まったので、具体的な事例提供、図面作成、サンプル提供、お役立ちチェックリスト設計、原稿チェックなどをお願いします。あまり人数が多いと仕事を割り振るだけでも大変なので、募集人員は若干名といたします。数名チームをまとめるプロデューサー的な役割を担ってくれる方がいると嬉しいな。

幸地からの依頼 「本書の第4章で使う○○に関する図面と帳票が10点ほど欲しいので、スタッフで協力して作成してください」

ボランティアスタッフA(プロデューサー役) 「了解。おやすいご用で! じゃ僕と田中さんが叩き台を作るので、郭さんとグエンさんと清水さんは、帳票収集をお願いします」

ボランティアスタッフB 「了解です。始めに意識あわせとして・・と・・を決めましょう」

ボランティアスタッフC 「・・・・・・」

メンバが自律的に動いて高い成果を発揮する夢のような状況だな~。

|

« 禊ぎを済ませば過去は水に流せます | Main | 怨霊が怖いので結果よりもプロセスを重視 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 禊ぎを済ませば過去は水に流せます | Main | 怨霊が怖いので結果よりもプロセスを重視 »