« 「お疲れ様でした」の代用語 | Main | USBマウスの右と左の機能を交換する »

インド時間帯にあわせた挨拶で高感度アップ

世界の「おはようございます」

英語    グッド モーニング
中国語   ザオ シャンハオ
ベトナム語 チャオ アウム
タガログ語 マガンダン ウマガ
ネパール語 ナマステ
タイ語   サワッディー
ロシア語  ドーブロエ ウートロ
フランス語 ボン ジュール


日本向けインドオフショア開発の現場から、日本人ブリッジSEが体験した小ネタ&TIPSをお届けします。


~インド現場便り vol.23~

インドとのオフショア開発では、テレビ会議が大活躍します。日本人の会話と同様に、インド人とのテレビ会議も挨拶から始まります。

ここで一つ提案です。挨拶の言葉をインド時間に合わせてみてはいかがでしょうか。インドと日本には3時間半の時差があるため、例えば日本時間午後1時から始まる会議は、インド時間午前9時半に相当します。

そこで「こんにちは」の代わりに「おはようございます」もしくは「Good morning. How are you?」と声をかけます。プロジェクトの公用語は日本語か英語ですが、挨拶だけは現地語を使ってみると面白いと思います。

たとえば、ヒンディー語で「Namaste」とすると好印象です。

情報提供:向井永浩 Softbridge Solutions (Japan) Co Ltd.


■問いかけ

ヒンディー語の「Namaste」は朝昼晩いつでも使えるのでとっても便利です。ところで、テレビ会議が終わった後、日本語で「お疲れ様でした」と挨拶する代わりに、何と言えばいいでしょうか?

|

« 「お疲れ様でした」の代用語 | Main | USBマウスの右と左の機能を交換する »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「お疲れ様でした」の代用語 | Main | USBマウスの右と左の機能を交換する »