« 若輩者に苗字で呼び捨てにされた | Main | インド時間帯にあわせた挨拶で高感度アップ »

「お疲れ様でした」の代用語

外国人との打ち合わせ終了後、日本語で「お疲れ様でした」と言葉をかける代わりに何と言うべきでしょうか。

thank you、謝謝、辛苦了?

急いで昼食をとらなきゃいけないとき、私は好んで牛丼屋を利用します。食べ終わって席を立つ瞬間に、何となく「ご馳走さま(ご馳走さん)」と一声かけます。カウンター式のラーメン屋やカレー屋でも同様。ただし、同じチェーン店舗でも、カフェやハンバーガー屋では黙って立ち去ります。この差は何?

私が日本(本土)で社会人生活を送るようになってから十数年。いまや「お疲れ様」や「お世話になっております」という業界用語を脊髄反射で用いるようになりました。慣れって怖いですね。

ですが、いまだにビジネス系謙譲語をさらっと使いこなせません。何となく、背中がむずむずするのです。

・弊社  (御社はOK)
・手前ども
・小生
・~させていただきます

よく考えると、生活系謙譲語も使いこなせていないような気がする。

・愚弟、愚息、愚妻
・つまらないものですが
・粗茶、粗品

ところが、さらっと使える謙譲語もあります。

・拙著 
以前「幸地様の拙著を読みました」とのファンレターに苦笑い^^;

|

« 若輩者に苗字で呼び捨てにされた | Main | インド時間帯にあわせた挨拶で高感度アップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 若輩者に苗字で呼び捨てにされた | Main | インド時間帯にあわせた挨拶で高感度アップ »