« オフショア情報セキュリティリスク監視と抜け穴 | Main | 日本語と同じ字で違う意味の中国語 »

「ローマ字」や「以上」を使わない

オフショア開発で注意すべき設計書の留意点です。大部分は既知ですが、改めてまとめられると説得力がありますね。

データ項目をローマ字で書かないこと
「kokyakku」や「kakaku」など。オフショア先の開発者には理解できないから。

オフショアとは全く逆で日本に開発を依頼したことがあります。 その時、納品されてきたプログラムの中に書かれていたコメント

--------------
Shukkashiji-data
--------------

最初??????となり、理解した瞬間、のけぞりましたwobbly。 日本語のコメントを入れてきた人まで居て、日本側のコメントに対する意識の無さに呆然。 さらに、処理結果の画面に記載されたヘッダーまで Shukkashiji Kekka と書かれた日には泣きました。 相手のことをどれだけ思えるか?これがお互いに依頼をする時の作法だと思います。 (読者コメントより)


数値の範囲を日本語で示さないこと
「以上」「以下」「未満」「超えた」などの日本語表現は危険。

動詞に対する主語を省略しないこと
例:顧客テーブルの情報を読み込んで画面上に表示する
誰が? 「機能Aが」「サーバー側の処理」「クライアント側の処理」を明記する。

表で表すべき情報を文章で羅列しないこと
例:区分Aが0の場合は割引率10%、1の場合は同20%、2の場合は同30%とする。
関係をより明確にするために表を使おう

Zu08

表現上のミス対策
 (出典:日経SYSTEMS 2007年11月号  pp.32-33)

|

« オフショア情報セキュリティリスク監視と抜け穴 | Main | 日本語と同じ字で違う意味の中国語 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« オフショア情報セキュリティリスク監視と抜け穴 | Main | 日本語と同じ字で違う意味の中国語 »