« 例年よりちょっと早いムーチー | Main | 若干名追加募集、オフショア教科書づくり »

禊ぎを済ませば過去は水に流せます

日本人技術者がバグを隠ぺい
穢れた自分を隠したい気持ちが理由かもしれません。 → 穢れとバグ隠蔽

宗教は日本人にはなじみの薄い領域ですが、ソフトウェア開発には多大な影響を及ぼします。今日は、オフショア開発に影響する宗教関連知識の第4弾をお届けします。


●禊(みそぎ)

禊とは、穢れ(けがれ)を洗い清める宗教的な行為です。罪を犯した人は「水に流す」ことで禊ぎを済ませます。

参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本では、罪と罰は必ずしも一致しません。汚職で逮捕・起訴された日本人政治家が次の選挙で再選できるのも「禊ぎ」のおかげです。日本企業で信賞必罰が徹底されない理由の一端は「禊ぎ」で説明できます。同様に、未熟な新人を辛抱強くOJTで鍛える日本文化も、禊ぎで説明できます。新人が犯す数々の「失敗」を簡単に水に流せるからです。

【オフショア開発でよくある禊ぎの例】

・中国式乾杯を繰り返して、へべれけに酔っぱらう日本人出張者。ところが、翌日になると醜態をさらした自分をケロッと忘れている

・「中国人はミスを犯しても絶対に責任を認めない」と憤慨する日本人。潔く罪を認めてしまえば、後から厳しく罰せられることはないのに・・・、と日本人は不満たらたら。


■問いかけ

現代の日本社会に脈々と受け継がれる禊が下記のセリフを生み出しました。それぞれのセリフの根拠を合理的に説明しなさい。

<問1>
「今日は無礼講だ。みんな、ぱーっと騒ぎなさい」

<問2>
「日本人は劉備が好き。曹操は嫌い」

|

« 例年よりちょっと早いムーチー | Main | 若干名追加募集、オフショア教科書づくり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 例年よりちょっと早いムーチー | Main | 若干名追加募集、オフショア教科書づくり »