« インド時間帯にあわせた挨拶で高感度アップ | Main | 日本人の文章力と伝達力に関する6つの不満 »

USBマウスの右と左の機能を交換する

私が愛用する某ダメOS vistaを積んだ、某Vaio機のマウスの調子がおかしくなりました。USBマウスの左クリックが突然機能しなくなるのです。最初は、USBマウスの物理障害だと思っていたのですが、どうやらそうではないらしいです。今のところ原因不明の病です。

仕方がないので、OSに標準搭載されるマウスのプロパティで、USBマウスの右と左の機能を交換しました。

すると、これが思わぬ副作用を生みました。キータッチの感覚が明確に鈍りだしたのです。右手の薬指と小指が緊張して、ピンと立ってしまう感覚です。

マウスの右と左を交換しただけなのに、何だかキータッチも左右交換したような不思議な感覚に見舞われました。より正確には、右利きの人が、ある日突然左手でお箸を持って食事するような感覚です。

当然ながら誤変換が増えました。

ですが、この副作用は、必ずしも「悪」とはいえません。もしかしたら、普段は使わない脳のどこかが刺激されているかもしれません。右手の小指に違和感があるので、左脳の奥に潜む普段は眠っている箇所を刺激しているのかも。

そのうち、急激に計算能力がアップしたりして・・・。それは、ちょっと嬉しいな。

左脳を活性化したい人にお勧めの技です。論理思考な人になること間違いなし?!

|

« インド時間帯にあわせた挨拶で高感度アップ | Main | 日本人の文章力と伝達力に関する6つの不満 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« インド時間帯にあわせた挨拶で高感度アップ | Main | 日本人の文章力と伝達力に関する6つの不満 »