« January 2009 | Main | March 2009 »

ウイークリーニュースダイジェスト(2009/2/27)

●毎週金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けする。


・2009/2/20 - オフショア大學
2009年オフショア開発業界の見通し

リーマンショック以来の金融危機によって、インドや大連といったオフショア開発先にも影響が出ています。インドは、IT関連売り上げの7割を米国に依存しているため、数年間は低空飛行が続きますが、長期的には持ち直すと予測されています。大連でも、かなり厳しい状況が続いていますが、勝ち残っている企業の共通点には「経営者がソフトウェア開発にコミットしている点」が挙げられます。


・2009/2/23 - ITpro
ソフト開発会社の経営者は,新たな一歩を踏み出す勇気を

「何でも請け負うことができます」「言われた通りのシステムを作ります」といった姿勢はもはや通用しない。NECは2009年度内に約6000人に相当する国内外注分を削減すると発表。IDC Japanは、09年の国内IT市場を前年比1.7%のマイナスと予想。


・2009/2/26 - NIKKEI NET
中国ソフト開発1、2位が電撃合併 インドITに強敵登場か

大連市政府は事前に知っていたのであろうが、DHCの主要株主である日本の各企業には事前に相談も連絡もなかったようだ。経営陣の一部だけで合併交渉が進められていたようである。日本向け中小ソフトウエア企業のオフショア開発は壊滅的な打撃を受けている。


・2009/2/20 - The Brown-Wilson Group
2009: The Year of Outsourcing Dangerously

世界中のオフショア委託地域の評価ランキングが秀逸。話のネタになります。
The safest 25 cities
The riskiest 25 cities

参考:NETWORKWORLD誌(リンク先が面白い)

| | Comments (0)

最近の若者は・・・

Photo_2

「最近の若者は・・・」と日本人の20~30代若手技術者の無気力さを嘆く声が聞こえます。半分は同意、半分は若者の側に同情します。

「最近の若者は」に代表されるセリフは、数千年前のエジプトの落書きにも見られるように、時代を超えた人類普遍の感覚です。つまり、いつの時代も若者は常にだらしないのです。

ここまでは笑い話ですが、「若者の体たらく」が人材マネジメントや知的生産性に悪影響を及ぼすようだと大問題です。

特に「最近の日本人と比べてオフショア委託先の若手従業員は○○の点で素晴らしい」と、あなたの会社の上司が頻繁に口にするようだと話は深刻です。

今月の第29回オフショア開発勉強会では、30年先を見据えた大局的なオフショアリング(IT業界)の動向を分析します。

今窓の外を見たら、東京でも雪がちらほら舞い始めました。たくさん積もってほしいな。明日は、新宿事務所の引越日です。げ!?

| | Comments (0)

品質管理部署の不人気/中核人材不足の解決策

●中国市場に向けてITサービスを提供する日系企業の駐在員より。

限られた優秀な中国人プロジェクトマネージャの負荷を下げるため、開発中に発生する情報を自動的に吸い上げてプロジェクトの実態を報告する仕組みを構築しました。

当社で確認された自動レポーティングの効果は以下の通りです。

・上司説明用の資料を作成しない
・情報が古新聞とならない
・嘘の情報が作れない
・プロジェクト管理教育の自動化
・プロジェクト完了報告の省力化

中国では、SE・PG・テスターの役割が分断されているため、情報を収集して監視コントロールする間接業務に多くの工数が割かれます。ところが中国では、品質管理部署への偏見・不人気や中核人材の不足から、組織的にPDCAサイクルをまわすことができません。

そこで同社では、製品出荷時にレポート化する情報を全て自動収集することにしました。これが、前出の自動レポーティング機構です。

・テスト時に発生するバグの現象
・バグ発生件数と根本原因
・規模に対するテストケース数
・仕様変更数と内訳、など。

(出典:グローバルソーシングレビュー誌 2008年12月号 p24-27)


■問いかけ

オフショア開発では、プロジェクトにかける思いや常識に関する国家間の乖離はなかなか埋められません。口頭や文章でいくら説明しても、人が変われば/時間が過ぎれば、やがて風化します。

中国オフショア開発を成功させるには、目に見える確かな情報で議論するしかありません。人によらない開発プロセスの管理を徹底し、自動化支援ツールを導入することで日本と中国の意識を共通化します。

ここで、前出の駐在員からの問いかけ。

同社では、開発プロセスの自動化によって、いくつかの管理指標が目に見える形で改善されました。以下の4項目の改善効果をそれぞれ予測しなさい。(一般論ではなく、あくまでも同社の運用実績を正解とします)

【管理指標】
(1)品質
(2)コスト
(3)生産性
(4)顧客満足度

【改善効果の選択肢】
(a) 50%
(b) 44%
(c) 21%
(d) 20%

<解答>
Softbrain
参考:開発プロセス自動化ツール(CMMI完全準拠/中国実績あり)

| | Comments (0)

連続して取材を受けました

今週は立て続けに3件の取材を受けました。どこにいっても、オフショア開発の可能性を否定する者はいませんが、短期的な見通しに不安を感じているようです。

今回は久しぶりに転職系媒体からインタビューを受けたのですが、特に若い世代(20~30代)の心理変化を気にしていました。結局のところ、いつも同じようなことを聞かれるので、いつもと同じように回答します。

「不況下だからこそ、オフショア開発は伸びますか?」
「今の若い技術者には目の輝きがない。このままでは中国に負けてしまうのでは?」
「オフショア開発を担当する若い技術者に助言するなら?」

この手の話なら、いくらでも答えられます。3月開催のオフショア開発勉強会で私の持論を紹介しますので、よろしければ。

第29回オフショア開発勉強会(2009/3/10)
2009年オフショア開発業界の見通し
~世界経済から人材マネジメントの変相まで~

| | Comments (0)

担当者不在ゆえ手書きメモを残した

●次の設問に答えなさい。

中国人担当者が不在だったため、本人の机に下記の手書きメモを残しました。

「ノートPCに接続されているLANケーブルを外して会議室へ持って来て下さい」

――メモを確認した中国人担当者の行動を予測しなさい。

◆ノートPCを持ってきた
◆LANケーブルを持ってきた
◆両方とも持ってきた
◆何もしなかった

○結果を見る
○コメントボード


締切:2009年03月04日18時00分
協力:クリックアンケート

(出題:オフショア大學第4期受講生より)

| | Comments (9)

第2回オフショア大學同窓会&修了発表会

先週の日曜日は、第2回オフショア大學同窓会でした。参加者は、当日スタッフを含めて総勢37名。この種の交流イベントとしては、オフショア大學史上、過去最大規模でした。

この日は、オフショア大學第4期生の修了発表会を兼ねました。突然「発表せよ」と寝耳に水の指令だったにもかかわらず、快く発表を引き受けた受講生の皆さん、よくぞ対応してくれました。素晴らしいリスク管理能力です。

おまけに、今回はメルマガ通算1000号達成を祝いして、読者一同から感謝状をいただきました。これは、私の勲章です。宝物です。

同窓会の企画から当日運営まで一切を仕切ってくれた武田さま、誠にありがとうございます。料理長の夏さん、ナイス“たんゆえん”をありがとうございます。

大阪と名古屋から、同窓会&第4期修了発表会のためだけに駆けつけてくれたお二人様。今年は、激震となりそうな雰囲気ですが不景気にマケズ頑張りましょう。

初代料理長のSさんとJudyさん、芋さんは次回は必ずご参加ください。お待ちしております。

| | Comments (0)

ウイークリーニュースダイジェスト(2009/2/20)

●毎週金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けする。


・2009/2/10 - CIO.com
Politics and Economics of Offshore Outsourcing

オフショアリングは米国の労働市場を揺るがす政治問題となったが、準備不足のまま経済合理性を追求すべく突っ走っています。


・2009/2/13 - Outsourcing Leadership
Top 10 Keys to Planning and Operating a Successful Shared Services Center

Issue 1: Lack of Executive Sponsorship
Issue 2: Lack of a Communication Plan


・2009/2/13 - Network World
Down economy fuels IT outsourcing

Trend to focus, shorter-term deals is seen; wariness of offshoring emerges. 消極的な短期観測です。


・2009/2/18 - The Financial Times
China threat to Indian IT

将来、インドITを脅かす存在は中国以外にあり得ない。ただし時間はかかります。レコードチャイナは、当記事を次のように伝えます:

2009年2月18日、英紙「フィナンシャル・タイムズ」は「中国がインドのITアウトソーシングを脅かす」というタイトルの記事を掲載。
インド最大のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)会社「Genpact」の最高経営責任者(CEO)Pramod Bhasin氏は同紙の取材を受けて、「中国は我が国のIT産業にとって唯一最大の脅威となる」と明言。今や世界市場の51%を占めるインドのITアウトソーシング業界だが、金融危機の影響から今年は昨年まで続いていた前年比30%成長を大きく下回ると予想されている。
一方、中国政府はITアウトソーシング産業に積極的に投資している。減税や補助などの優遇措置をとり同産業の発展を奨励。英語の早期教育に力を入れ、人材の育成にも力を入れている。業界内では英語だけでなく日本語の習得にも取り組んでおり、将来日本市場への進出を目論んでいるという。

国際監査法人KPMGに所属するインド人のITコンサルタントは「日本市場は大きな利潤を生む非常に魅力的な市場であり、インドの各企業はこれまでに日本市場参入に向けて努力を重ねてきた。だが中国のITアウトソーシング産業は、将来国内企業だけでなくアジア太平洋地域にも業務提供を行うようになるだろう」と話している。


・2009/2/18 - On Line Opinion
Economic crisis complicates offshoring of services

インドIT輸出額の約40%は金融セクター向けで占められ、これがインドITの脆弱さを露呈させます。
参考:“Offshoring to China: From workbench to back office?”
E-conomics 68 (2009). Deutsche Bank Research, Frankfurt.


・2009/2/19 - Computing
Government IT more likely to go offshore

英国公共セクターでもコスト削減の要求は避けられず、オフショアリング(BPO)の活用が叫ばれる。インドITへ期待。


・2009/2/19 - @IT情報マネジメント
金融危機でオフショア開発は停滞するか?

2009年度は下落率こそ低いが、低空飛行が続くと予測される。中国の人海戦術を支える初級プログラマレベルへの教育はますます重視されるようになる。

| | Comments (0)

Top 5 English news sites in the morning

オフショア教科書の執筆におわれて早起き生活を続ける今日この頃。朝起きると、とりあえず時計代わりにテレビをつけてしまいます。いわゆる惰性ですね。

早朝の民放テレビ番組を10分間ハシゴしながら視聴すると、天気予報と主要ニュースはほぼ網羅できます。

でも、正直に申し上げると、朝のテレビ番組には不満たらたらです。アイドルのような女性アナウンサーが連日、朝から納豆やら甘いお菓子を食べて、嬉しそうにコメントします。

その他にも、スポーツ解説者が政治経済について不可解なコメントを残す、芸能人の誰々さんが結婚しただの、いつの間にか私の嗜好と大きく乖離してしまいました。テレビ番組が変わったのではなく、私の嗜好が変化したようです。

そこで、昨日から、朝のテレビ視聴を10分間に制限することにしました。天気予報とWBC(野球)と主要ニュースを確認したら、さっさとテレビのスイッチを切ります。

その代りにacer社の12インチノートPCを立ち上げて、英語圏ニュース専門サイトの動画を垂れ流すことにしました。

まずは定番のCNN。うん、なかなか調子良さげです。米国ローカルニュースを流していると、チンパンジー・アタックという単語が頻出しました。さらに、米国版 110番通報の録音テープが延々と流れます。

続いて英国のBBCに挑戦。わたくし、実はBBC大好きっ子なので、期待してみたものの、サイトの作りは今ひとつ。BBCはニュース専門会社ではないためか、遅いし、使い勝手も悪いため、ニュース垂れ流し媒体としては不合格です。今のところは。

ですが、さすがBBCでは欧州関連の話題が豊富です。今後の活躍に期待します。

続いて、FOXニュースとSKYニュースが見つかりました。この二つは合格です。両方とも、使い勝手はCNNより上かも。しかも、嬉しいことにSKYニュースなるものは英国系なので、米国ローカルなFOXとはひと味違います。そもそも英語の発音も違います。

最後にアルジャジーラを検索しました。こちらは、番組の垂れ流し(streaming)なので、世界情勢をつまみ食いするには不向きかも。と思ったら、ニュースクリップはYoutubeにアップされていました。そういうのも悪くないかも。アルジャジーラはCMが長いな~。

<まとめ>

朝に垂れ流す5つのお気に入り英語ニュースサイト(お気に入り順)
Top 5 English news sites for broadcasting in the morning.

1. SKY News
2. Al Jazeera English online
3. FOX News
4. CNN
5. BBC News

| | Comments (0)

クイズ「変更していいですか?」「いいですが・・・」

●下記の会話文に隠された問題点を指摘しなさい。


中国人窓口(中国勤務)
「すいません。設計書によると、機能Aはラジオボタンになっていますが、セレクトボックスの方が画面はきれいと思います。セレクトボックスに変更してもよろしいでしょうか?」

日本人窓口(日本勤務)
「セレクトボックスでもいいですが、ラジオボタンの方が操作が楽なのでラジオボタンの方がベターだと思うのですが・・・」

(出題:オフショア開発教科書執筆チーム Nさん)

○他の人の意見を読む

| | Comments (2)

定点観測すべき体調管理指標

今週は早起き週間です。今朝は少し遅めの5:45でしたが、早寝早起きのおかげで絶好調です。

先日、かかりつけの歯医者の女性スタッフから「今日は眠くないですか?」と声をかけられたとき、あまりの調子の良さに、つい口を滑らせてしまいました。

「最近、早起き生活なので調子いいです。今日は歯医者の日なので、鏡を見てお顔を入念にチェックしました。そしたら、以前よりも鼻毛が黒々としているではありませんか。以前は白髪がたくさん交ざっていたのに、体調よくなったら鼻毛も黒くなるんですよ」

「・・・」(微笑)

「せんせーい(先生)、幸地さん、早寝早起きしたら、鼻毛が黒くなったそうです」

おい、そこの君。クライアントの個人情報を、いちいち社内展開するでない。何はともあれ、体調変化が気になる方は、爪や鼻毛を定点観測するといいですよ。"big operation in the toilet" も重要な管理指標ですね。

| | Comments (0)

東軟(Neusoft)と大連華信(DHC)が合併、中国アウトソーシング業界のリーディングカンパニーを狙う

Source: IDC 2008

2009年2月16日夜、上海証券取引所上場企業の東軟集団股分有限公司(以下東軟、600718.SH)重大事項及び株式取引中止公告を発表した。公告では、東軟は大連華信計算機技術股分有限公司(以下大連華信)を吸収合併する予定。このため、東軟の株式取引は2009年2月17日を以って中止とする。

業界情報筋の分析では、この合併が成功すれば、二万人規模のソフトウェアオフショア企業として、国際市場競争にも通用する中国ソフトウェア情報サービスオフショア業界の「リーディングカンパニー」になる。

この合併による大連への影響という記者の質問に対して、東軟は、大連の中国ソフトウェアと情報サービスアウトソーシングリーディングシティの位置づけと条件的な優位性を利用しながら、これまでの東軟の戦略を貫き、オフショア及び情報サービス業務を展開していきたいと回答。

東軟の公告によれば、東軟集団は既に大連華信と初期交渉を開始しており、双方は合併を踏まえて重要資産の再構築を図っている。公告は合併の細部まで触れず、「具体的な方案は政府関連部門への政策諮問及び方案論証を待たなければならない」。東軟株式の取引が2009年2月17日から一時停止。

同社は公告掲載30日後、「上場企業重大資産再構築管理弁法(方法)」及びその他関連規定に従って、董事会(役員会、株主代表会議に相当)を招集し、重大資産再構築準備案の審議、独立財務顧問からの調査意見提出を予定。東軟株式の取引は同社の重大資産再構築準備案の発表を持って再開する。

公告発表と同時に、東軟は前記の期限内に董事会の重大資産再構築準備案審議を開かなければ、東軟株式の取引を2009年3月19日に再開する。但し、株式取引再開後3ヶ月以内重大資産再構築を考えないと発表した。

東軟集団は1991年の創立で、中国国内のITソリューションとサービス企業であり、その業務は、国内企業へのソリューション提案、オフショア及び情報サービスアウトソーシング、医療、IT教育と育成等を網羅していて、社員は1.5万人強。東軟集団のオフショア業務は主に日本からの発注を請け負っている。2008年に東軟集団として株式公開上場を実現した。

大連華信は1996年に設立、登記資本金15,000万元人民元、主に日本向けのソフトウェアオフショア開発業務、その75%の営業売上が日本からの発注である。CCIDが発表した中国ソフトウェア企業の順位では、大連華信は2006年度、2007年度と連続して第二位に列した。現在の社員規模は4,000人前後。

もし、東軟と華信の合併・企業再構築が実現すれば、規模拡大を模索するその他の中国ソフトウェアオフショア企業の参考成功事例になるでしょう。中国はこれをきっかけに中国・インドのオフショア産業トップ争いにて台頭するであろう。

記者:姜雲飛2009-02-18 大連日報

翻訳:グローバルソーシングレビュー編集部
(李青寧・大連亜舟信息産業有限公司


参考:オフショア開発勉強会(2009年3月10日)
テーマ:2009年オフショア開発業界の見通し
     ~世界経済から人材マネジメントの変相まで~

| | Comments (7)

クイズ「間に合いません」「了解、今日中でもいいですよ」

●下記の会話文に隠された問題点を指摘しなさい。

中国人窓口(中国勤務)
「すいません、このバグ報告書は今日の午前中に出す約束でしたが、間に合いません」

日本人窓口(日本勤務)
「了解しました。それほど急ぐものでもないので、今日中でもいいですよ」

(出題:オフショア開発教科書執筆チーム Nさん)

◆問題有り(オフショア固有の問題)
◆問題有り(オフショア無関係、日本でも問題)
◆問題無し
◆分からない

○結果を見る
○コメントボード


締切:2009年02月26日18時00分
協力:クリックアンケート

| | Comments (13)

中国株上昇、大型買収、風説の流布

今年に入ってから、やたら中国株が上昇しています。株価が高い時期に参入して、すぐに撤退させられた某氏の顔を思い浮かべました。中国株式市場の動向は、よくわからん!

中国株上昇の理由について、自分である程度の仮説を立てたうえでネット検索したところ、「過剰流動性」という単語が引っかかりました。なるほど、私の持論と一致します。

下記の事実データがあれば、それなりに仮説を検証できるのですが、面倒だし、そもそも探す暇がありません。

・中国株を支える資金の出所の内訳
個人投資家 ○%
機関投資家 ○%
企業持ち合い ○%
政府筋 ○%
外国系資本 ○%

・中国GDPに占める時価総額の割合(日米印との比較)
・中国GDPに占める輸出の割合(日米印との比較)
・中国GDPに占める建設関連の割合(日米印との比較)
・中国国内の不動産価格の推移
・中国失業者数の推移
・中国ソフトウェア園区の空き室率

↑中国経済を牽引するdriversを「輸出」「建築」と仮定

しかも、予想通りマネーサプライ(M2)も増えているようですね。この調子で市場に出回る人民元が増え続けると、いろんな影響がでるかもしれません。今後、増え続ける人民元を中国社会がどこまで吸収できるか見物です。

余談ですが、ネットを徘徊していると、中国大手IT某社が某大手ITを買収するとの噂が舞い込んできました。未確認情報なので、あんまり変なことを書くと風説の流布で訴えられるかもしれませんが、中国オフショアリング業界再編の動きからも目が離せません。


追伸
・「買収」ではなく「合併」もしくは「吸収合併」と表現する方が良さそうです(幸地)

| | Comments (4)

職務経歴書に穴があくまで読み込む

Dsc01958

日本型OJTは中国で通用しない
彼はいつか分かってくれるだろう。まだ会社に慣れていない、慣れたら本領を発揮する。いつもユニークな発想から発言する、もう少し会社全体が見えるといい戦力になる。もう少し様子を見よう。こうした考え方は、一言で言えば日本人が自己満足するための美しき幻想にしか過ぎません。
(グローバルソーシング・レビュー 2009年2月号、p46)

●業界専門誌グローバルソーシング・レビュー 2009年2月号より。

中国での人材育成 ~第3回「石の選別」

日本でも「黙って俺について来い」式のOJTだけに頼った人材育成は見直されています。中国ではもっと難しい。なぜなら、中国では良い人材とダメな人材の差が非常に大きいからです。

ダメな人材は採用しないのが一番です。ダメな人材を見分ける比較的に簡単な判断基準の場は、採用面接の場で「少し調べれば判明するような、その場限りのうそや言い逃れをしない」ことです。

中途採用の面接に際しては、前もって提出された履歴書を穴のあくまで読みこなすことです。学歴や職歴の虚偽申請がないか、能力の誇張はないかなど、面接で確認すべきところを整理します。

・日本語能力の誇張を見破る
・日本留学の○○○を見破る
・相手の年齢と○○を比べて○○○を見破る
・前職の在職証明書を提出させて○○○を見破る

(グローバルソーシング・レビュー 2009年2月号、p46-47)


日本の2008年10-12月期の実質GDPは、前年比12.7%減となり、第1次石油危機以来の減少率となりました。そのせいで、外国人派遣プログラマは、次々と職を失っています。ところが、そんな不景気にも、積極的に人を採用するニッポンのIT企業があります。

参考「不況に強いOffshoringと不況に弱いOffshoring」


ところが、最近の外国人(主に中国人)スタッフの求人状況を観察すると、明らかに「おかしな」応募者がノイズとして混ざっています。

・前に不採用通知を出したのに、何度も応募する中国人求職者
社名をみずに、求人サイトから一斉応募してるでしょ!

・日本人の名前で応募する中国人求職者が急増中・・・
「中国語はネイティブレベルです」って、そりゃ当たり前だろ


■問いかけ

プライドが高く強い上昇志向を持つ外国人ブリッジSEの一部は、自分の能力を過信するあまり日本の職場環境に馴染めない者も少なくありません。

特に問題となるのは、IT技術者としての基礎的な知識不足、語学力とコミュニケーション力の混同、そして、身の丈を超えた権限を持ちたがる強い管理者指向が挙げられます。

と同時に、技術力よりも日本語能力を優先する採用担当日本人の偏った人材鑑定基準も見逃せません。悪いのはどっちもどっち。

ここで問いかけ。

あなたの人材鑑定技術は、今の時代に適応していますか?特に、中途採用者の面接で役立つ「足きり条件」を書き出しなさい。

| | Comments (1)

不況に強いOffshoringと不況に弱いOffshoring

不況をチャンスと見る(インド)IT産業
「業績が悪くなれば、企業はコストカットを優先する。米国企業は、 自国の雇用を犠牲にしてでも、インドへのアウトソーシングを増やすはずだ」

「コストや品質は他の国でも太刀打ちできるが、、大規模ビジネスを任せられるのはインドだけ。短期的には混乱するだろうが、世界のバックオフィスは今後も拡大する」

「欧米が沈んでも、インドには旺盛な内需がある、過去5年、インドは自力でビジネスを生み出して成長してきた。グローバル経済とは別の基準で動いていると考えた方がいい」


(日経ビジネス2009.2.16号 第2特集 p36-45)

インドITは、金融危機の影響を楽観的にとらえているようです。米国を中心とした多国籍企業100社のCIOへの聞き取り調査によると、Offshoring推進の決め手として「人件費削減」を最重視する姿勢が強まっていることが分かりました(*1)。

[Changes in the strategic drivers of offshoring decisions]

・人件費削減(74%)
・ビジネスプロセス再設計による効率化(51%)

[1] Duke University/Pricewaterhouse Coopers Offshoring
Research Network Focus Survey 2008


インドITにとっては、顧客が財布の紐を締めれば締めるほど自分らに追い風が吹くという算段ですが、私は、次の理由から、インド勢への短期的なマイナス影響は避けられないと分析しています(*2)。

・米国保護主義により反Offshoringが加速するから
・インドIT内需なんて、所詮は輸出額の半分しかないから

[2] 幸地、グローバルソーシングレビュー誌 2008年12号 p3-12


オフショアリング(offshoring)という単語には、性格が異なる複数の活動領域が含まれます。BPO、コールセンター、オフショア開発、IT運用、製品開発、R&D、マーケティング・・・。

今後、マスコミや一般ビジネス誌で、米国発のOffshoring情報を耳にする機会が増えます。この際には、Offshoringが意味する対象領域をよく吟味してください。なぜなら、不況に強いOffshoringと不況にめっぽう弱いOffshoringの二分野があるからです。


■問いかけ

下記の空欄を埋めなさい。

不況に強いOffshoringとは(    ) 理由は(      )
不況に弱いOffshoringとは(    ) 理由は(      )

| | Comments (0)

ラストスパート

いよいよ今週末は、第2回オフショア大學同窓会&交流イベントです。昨日ボランティアスタッフが会場を視察しました。だんだん盛り上がってきましたね。

私が進めるオフショア開発教科書づくりも、残りあと僅かです。週末に演習問題を書き上げました。「まとめ」「まえがき」「あとがき」「索引」「参考文献」を整理すれば完全脱稿です。
Photo

| | Comments (0)

ウイークリーニュースダイジェスト(2009/2/13)

●毎週金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けする。


・2009/2/6 - CNN
IBM、北米でレイオフの従業員にインドなどで雇用提供か

北米でレイオフした従業員に対し、インドやナイジェリアなどで雇用機会を提供している。「プロジェクト・マッチ」と呼ばれるもので、「十分な能力があり、現地での待遇で働ける人」を対象にしている。引っ越し費用はIBMが負担し、就労ビザ取得も援助する。


・2009/2/9 - Indiatimes
US workers' unions oppose offshoring as IT cos trim jobs

米国のIT労働者組合は、自分らの雇用を守るために政治的圧力を加えます。米国市民を解雇する前に、H1Bビザを持つ外国人IT技術者を解雇せよ。


・2009/2/10 - McKinsey & Company
Five trends that will shape business technology in 2009

2001年当時の景気後退は、インドITの躍進につながりました。さて、今回の景気後退はオフショアリングを後押しするでしょうか。オフショア事業者の大規模な合併統合、そして主要プレーヤーの退出など、2009年も業界動向から目が離せません。


・2009/2/10 - China Business Success Stories
India & China: The R&D Offshoring Race

いくつかの数字を把握しておくように
1.Total Number of MNC R&D Centers
2.Total R&D Talent Pool
3.Work Profile and Ownership Structure
4.Cost Advantage
5.Service Provider Market
参考→http://www.zinnov.com/event.php?ev_id=31


・2009/2/12 - マイコミジャーナル
ゼロから始めるUMLモデリング講座

UMLの利用によって得られる最大のメリットは、開発に携わる人たちが共通の言葉でコミュニケーションできることです。オフショア開発に見られるように、開発の役割分担はグローバル化が進んでおり、共通の言葉によるコミュニケーションは開発プロジェクトにおいて重要です。


・2009/2/12 - NIKKEI NET
景気対策が効きだしたインド経済 IT産業はいつ復活するのか

身内、友人に仕事を回すというのはインドでは普通のことである。サティヤムだけでなく、インドIT全体が信頼を損ねてしまった。インドIT企業が再び飛び立つのは3月では無理であろう。しかし、基本的な流れそのものは変わっていない。


・2009/2/12 - Daily Times
Offshoring in trouble ?

インドITは売上の40%を金融セクターに依存します。2008年度の売上は前年比30%減。不況の長期化や米国保護主義の台頭、インドIT大手のスキャンダルにより、今年も厳しい情勢が続きます。中国ITはチャンスですが、知的財産軽視/文化的相違/英語力不足/高騰し続ける人件費などの問題が山積です。


・2009/2/7 - IESE Business School - University of Navarra
Offshoring: Nothing to Get Alarmed About

珍しいスペインネタ。
Nota d'Economia, Departament d'Economia i Finances,
Generalitat de Catalunya, No 90, 1r quadrimestre, 2008,
pags. 69-83
 →http://www.gencat.cat/economia/doc/doc_22568670_1.pdf


・2009/2/7 - Duke University CIBER
Getting Serious About Offshoring in a Struggling Economy

厳しい経済状況ですが、結局オフショアリングを推進すべき、というありきたりな結論。役員向けに提案書をまとめる人は、一度ご覧あれ。

| | Comments (1)

3G効果

第三世代の携帯電話に機種変更したら、H系迷惑メールが減ったような気がします。きのせい(きじむなー)ですか?

| | Comments (0)

時系列に沿って技術課題を説明するが話が通じない人

大勢の外国人メンバを相手に仕様伝達する会議にて
突然、外国語(中国語・ベトナム語・英語)による質疑応答が盛り上がりました。あなたは、その内容を全く理解できません。ですが、議論の対象が当該プロジェクトの最重要ポイントであることは明白です。あなたなら、この場面でどう対応しますか?

・外国語による議論を止めて、逐次通訳させる(11票)37%
・外国語による議論を止めて、次に進める  ( 1票) 3%
・しばらく放置して、後からじっくり経緯を説明させる(12票)40%
・しばらく放置して、後から結果を文書で報告させる ( 4票)13%
・その他 (2票)7%


(読者アンケート中間結果)

下記の事例を読んで、後の問いかけに答えなさい。


<登場人物>
・オンサイト常駐する中国人プログラマの周さん(仮名)
・同じプロジェクトのリーダー格 日本人設計者の金城さん(仮名)

<事例>
オンサイト常駐する中国人プログラマの周さんは、ある日、設計書の不具合を発見しました。そこで周さんは、直ちに日本人設計者の金城さんに報告して、設計変更について相談しようと決意しました。

周さんは、さっそく金城さんを捕まえて、不具合発見の経緯を説明し出します。特に、技術的な観点から問題の原因を詳細に解説しました。

ところが、金城さんは周さんの説明を聞いても、全く理解できません。しかも、金城さんは、周さんの行動の意図すら読めません。なぜ、周さんはいまの時期にプログラム構造の話をするのか?と金城さんの疑問は膨らむばかり。周さんの説明が一通り済んだ後、金城さんは苦笑いしながら、こう聞き返しました。

「で、周さんは何を言いたいのですか。もう一度教えてください」

周さんは設計不具合が発覚した経緯を丁寧に説明したのに、相手に全く通じていないことが判明しました。

           (出典:オフショア大學第2期レポート)

              ※

中国人部下から質問を受けると「さっき説明したじゃないか」と冷たくつき返えす日本人上司がいます(佐藤 2009)。ところが、上記の金城さんは、好意的な態度で最後まで根気強く周さんの話に耳を傾けました。でも、最後まで意思疎通は図れませんでした。

まるで、中国語の<nan yuan bei zhe>な状態です。この問題の原因は、周さんが、いきなり時系列に沿って、しかも技術的な観点から問題点を一方的にまくし立てたからだと分析されます。

<参考>
佐藤忠幸、コミュニケーションができる人(2)、グローバルソーシング・レビュー 2009年1月号 p28-29、オフショア大學


■問いかけ

上記事例は実話ですが、オフショア開発に限らず日本全国どこでも発生する初歩的な問題です。

せっかくなので、ここで問いかけ。

上記事例から「オフショア固有」だと考えられる原因を挙げなさい。もし、オフショア固有の原因があれば、オフショア固有の対策を論じなさい。この際、因果関係を無視した一般論は厳禁です。

| | Comments (0)

不便さを外部負担させる携帯電話会社

長年愛用してきたVーダフォンの携帯電話にサヨナラを告げました。

先日、SoftBankから重要なお知らせと記された1枚のはがきが届きました。そこには「お手持ちの携帯電話機が、今後、ご利用できなくなります」とショッキングな内容が・・・。

その後に「実質負担無料となる携帯電話機もご用意しております」と続きます。裏面には「機種変更手数料を無料」とあります。

何やら低姿勢で機種変更をお願いしている様子なので、私は仕方なく近所のSoftBankショップにはがきを持って出向きました。

 ・・・

ハッキリ言って、SoftBankの商法は消費者をばかにしています。(とは言いすぎかしら?)

・ポイントの使用用途が限定されずぎ
1万ポイント以上あるのに、一度に3000ポイント(or 10カ月分)しか使えない。店頭でポイントによるお買い物不可。電話でポイント還元したら、商品が届くまで1週間かかる。しかも、ポイント還元できる商品は、たったの3種類(充電器、替え電池、ケース)。消費者なめすぎ。

・機種変更に伴い、不要なサービスに強制加入させられる
ショップ店員も申し訳なさそうに、「2ヶ月以内に解約されたら費用負担ありませんから」と裏技を指南。消費者なめすぎ。

・保障サービスが勝手に値上げ
過剰サービスの抱き合わせ販売。消費者が個別に保障サービスを選ぶ権利を奪う悪質な便乗値上げです。

・そもそも「実質負担無料」って何さ
意図的に誤解を誘う悪質な表記です。訴えるよ!


また、とっても親切丁寧な店員さんですが、商品知識なさ過ぎ。いちいち挙げればきりがないので、この点は省略。(他キャリアのショップ店員も似たり寄ったりかしら?)

ソフトバンクの歴史、孫社長、テレビCM、王監督らはみんな好きなのに、同社の携帯電話商法だけは全く許せません。もしかして、他キャリアも同様に悪徳代官ですか? 

携帯電話のスイッチングコストがもっと低ければ、今すぐ仲間由紀恵に乗り換えたい気分です。私は、テレビCMの女優で製品を選択する良民ですから。学生時代は、キョンキョンのCMをみてシャンプーのメーカを替えました。当時の沖縄では、なぜか「ティモテ(Timotei)」が大流行でした。なんでだろう。


話を戻します。

その昔、日本を代表する多くのエクセレントカンパニーは、環境対策などお構いなしに公害をまき散らし、地域住民に不憫を強いることで企業成長を果たしました。経済学的には、環境対策費を地元や国に負担させた分だけ、企業はコスト競争力をつけました。

現在では法律違反ですが、当時の社会情勢では「たかが公害」なんて、企業倫理に反するとは考えられていませんでした。

今でも、「役人の天下り」や「ゼネコンの談合」は必要悪として社会的に認められています。ちょっと厳しいかもしれませんが、酒やたばこ、そして自動車会社も、健康被害の対策費を消費者や社会に押し付けることで、不当な利益を上げていると考えられます。

・昔の炭鉱会社、四日市、水俣、・・・・
→公害をまき散らす=企業負担すべき環境対策費を外部負担させる

・今の自動車会社
→公害や事故をまき散らす=環境対策や健康被害対策の費用を外部負担させる(今期は各社とも大ピンチ決算ですが)


同じ理屈で、携帯キャリアも、何らかの費用を消費者や社会に負担させているような気がします。今のところ、法律違反じゃないし、少なくともS社は企業倫理違反とは思っていないようですが。

また逆に、本来は自社で費用負担すべきでないのに、いつの間にか外部費用を負担させられた業界や会社もあります。ただし、見解によっては反対意見もありそうなので、ここでは「損させられた可能性がある」という企業や業界を列挙します。

・蒟蒻畑
・孫請けソフトハウス
・消費者金融


気分が乗ってきたので、ここでクイズ。

下記の企業や団体は、本来は自社負担すべき「何とか対策費」を外部負担させていませんか? Yes/Noで答えなさい。ここでは、外部負担を必ずしも「悪」だと考えない方が賢明です。

(1)中国オフショア開発を展開してコスト削減に成功したA社
(2)ユニクロ
(3)マクドナルド
(4)ラスベガスのカジノホテル
(5)米国Microsoft
(6)国道沿いに多店舗展開するパチンコ店
(7)繁華街でポン引きを使って客引きする○○店
(8)ローマ法王庁
(9)フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(10)一人当たりGDPで世界一のルクセンブルグ

| | Comments (0)

仕様会議で外国語による質疑応答が盛り上がったらどうする

私の目の前で中国語で議論した内容が日本語に翻訳されない
ある仕様説明会では、中国委託先のプロジェクトマネージャ(PM)が通訳を兼ねました。仕様説明の途中で、中国人参加者から質問が出たとき、そのPMは中国語で質疑応答しました。その間、日本語による解説は一切なされません。

中国語による質疑が終わった後に、日本側が議論の経緯を説明するよう求めたところ、「大丈夫です。もう解決しましたから」と笑顔で返されました。


(オフショア大學レポート課題より)

現在執筆中のオフショア開発教科書では、オフショア開発の諸々の課題を集約して5領域に分類しました。

(1) 海外オフショア拠点と良好な関係を構築し維持する課題
(2) 分散環境適応の課題
(3) 多言語コミュニケーションの課題
(4) 異文化コミュニケーションの課題
(5) ガバナンス確立のための役割・責任・権限の課題

前出の事例は、言葉の壁による問題です。いや「問題」と断言するのは大袈裟かもしれません。なぜなら、この時点では、品質・コスト・納期への悪影響はありませんので。ですが、勘のいい読者なら、中国内部の質疑応答が日本語で説明されない状況から、いくつもの危険を察知するでしょう。


<例題>
前出の事例から察知されるリスクを抽出しなさい。

<解答例>

・残尿感
仕様説明で発生した原因が分からないので、次回も同じ質問を受ける可能性があります。もし、仕様書に落ち度があれば素直に指摘してほしいと願う改善大好きな日本人にとって、再発防止の機会を妨げる中国人PMの「優しい」態度には不満が残ります。

・コントロールを失う
委託先のPMに仕様説明の「場」をコントロールされる危険があります。中国人部下の人心掌握に秀でることと、日本の要求仕様を正確に理解することは全く無関係です。仕様伝達の責任は、あくまでも説明する側にあるので、不信感を募らせた日本人とPMとの間でコントロール権の奪い合いが始まる可能性があります。


■問いかけ

中国出張して現地メンバを相手に仕様説明する場面では、通訳の良し悪しが成果を大きく左右します。技術に明るいPMクラスが通訳すると安心ですが、それでも心配のネタは尽きません。

・PM通訳は理解したので、メンバへの説明を勝手にはしょる
・日本の意向を確認せず、PM通訳が勝手に判断する
・PM通訳が仕様伝達の会議をコントロールする
・業務知識の不足からとんちんかんな内容に翻訳される

ここで、いつもの問いかけです。

大勢の外国人メンバを相手に仕様伝達する会議で、突然、外国語(中国語・ベトナム語・英語)による質疑応答が盛り上がりました。あなたは、その内容を全く理解できません。ですが、議論の対象が当該プロジェクトの最重要ポイントであることは明白です。あなたなら、この場面でどう対応しますか?

◆外国語による議論を止めて、逐次通訳させる
◆外国語による議論を止めて、次の話題に進める
◆しばらく放置して、後からじっくり経緯を説明させる
◆しばらく放置して、後から結果を文書で報告させる
◆その他

○結果を見る
○コメントボード


締切:2009年02月17日18時00分
協力:クリックアンケート

| | Comments (7)

中国経済先行指標

先週発行したプレミアム版メルマガのおまけコーナーで、中国経済の短期予測を発表しました。1次情報の検証が甘いので、予測というより私的な予言という方が妥当かも。

日本と米国については、経済動向の判断する先行指標をいくつか持っていますが、中国については未開発でした。裏を取るために、まずは中国人民銀行のサイトを15分ほど閲覧。しばらく、複数の経済指標を定点観測したいと思います。

| | Comments (0)

ウイークリーニュースダイジェスト(2009/2/6)

●毎週金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けする。


・2009/2/5 - ITmedia
「日本企業はもっと決断を早く」――太公網・慕社長

延吉は朝鮮族が多く住んでおり、実は日本語教育が盛んな地域です。3カ月も教育すれば業務に支障のない日本語を話せるようになります。中国のコールセンターの離職率は30%だと言われていますが、当社は20%程度です。


・2009/1/14 - CIO
Making Sense of Offshore Outsourcing 2.0

「オフショアリング2.0」とは・・・、何だか日本的な香りがします。
1) Offshore as a platform rather than the delivery channel.
2) Globally syndicated delivery networks.
3) Rich user experience: Success as the measure.
4) Rich user experience: Relationships, not complex contracts.
5) The engagement as a conversation: Co-creation, not blame-game.


・2009/2/3 - CFO.com
Offshoring Vendors Slice 15 Percent Off Some Deals

印ITサティアムの不祥事や世界金融危機により、顧客のベンダ見直しが進む。やはり、決め手は安さ。


・2009/2/2 - A.T. Kearney, Inc | EXECUTIVE AGENDA
The Offshore Culture Clash

国民文化と企業文化をコントロールするために抑えるべき4つの文化的要素。
1) Context and environment.
2) Communication style.
3) Relationships
4) Working norms.
そして、文化的融合を果たしオフショアを成功させる5つの要因。
1) Understand your offshoring DNA.
2) Consider culture when selecting a service provider.
3) Align capabilities with expectations.
4) Insist on mutual respect.
5) Manage culture as a true partnership.

| | Comments (0)

同期会

今夜は銀座の沖縄料理店で大学院同期が集まる同窓会に出席します。こぢんまり系ですが、久々に飲み会の席です。

| | Comments (0)

無錫恵山ソフトアウトソーシングサービス園区(O-Park)

無錫恵山経済開発区
無錫恵山経済開発区は2001年7月から建設し始め、2002年2月に江蘇省人民政府によって省クラスの開発区に許可された。 無錫恵山経済開発区は無錫市の北に位置し、江陰と隣接し、滬寧、錫澄、錫宜の三つの高速道路がここで合流し、独特な地理的な優位性があって、交通が便利である。

オフショアリング業界の月刊誌グローバルソーシングレビュー誌2009年2月号より。
GSR誌2009年2月号 脱!属人主義宣言「成長する組織の力」


無錫恵山ソフトアウトソーシングサービス園区、通称O-Parkとは、2008年5月建設開始、総面積159ヘクタール、建築面積140万平方メートル、恵山区新城の中心部に位置し、アウトソーシングと研究開発センターを主とする省レベルのITパークです。

O-Parkは新開発された地域のため、タクシーの運転手でも住所を把握していない可能性があります。そのため、事前に地図や開発区の住所を書いたメモを用意してください。無錫駅からおよそ30元弱、所要時間は20分弱です。

中国の建築物は、陳腐化とインフラの更新が早いため、進出するなら新築が望ましいと考えます。しかし、出来る限り自ら足を運んで、電力の供給、通信インフラ、水の供給、トイレ、建物の強度など確認してください。なぜなら、新築建物には、上記関連の初期トラブルはつきものだからです。

私がO-Parkに入居するための事務手続きを進めていると、何の前触れもなく中国規格の□□□の提出を求められました。さらに、追い討ちをかけるように、O-Parkに会社設立するには「□□□が必要」と会合の席でいきなり告げられました。まさに、寝耳に水の出来事でした。

他も似たり寄ったりだとは思いますが、無錫の誘致担当者は大学を出たばかりの語学堪能な新人か、もしくは経験の浅い下っ端役人です。そのため、自分が知らない応用問題に直面すると、すぐに席を離れて他部署のベテラン担当者に確認します。したがって、あなたがITパーク視察時に込み入った質問をしても、必ずしも満足な回答が得られるとは限らないと気楽に構えた方が賢明です。

このように予測せぬ出来事に見舞われた私のO-Park進出記ですが、総括すると彼らのサポート体制は手厚く、結果には満足しています。

出所:上海オフショア開発フォーラム/増満工将
文責:幸地司

■問いかけ

あなたが中国政府との会合の席で、いきなり「○○」が必要だと告げられました。寝耳に水の要求です。事前に何度も確認したのに、当日になってこの有様です。さて、あなたなら、どうしますか?

| | Comments (0)

今月からメルマガが届きません事件

昨夜、編集後記ファン倶楽部の会員から、深刻な悩み相談を受けました。

「今月になってから、オフショア開発メルマガが全く届きません。いじめでしょうか?」

突然の告白に焦るわたし。慌てて調査したところ、当会員のメールアドレスは、幸いにもメルマガ発行スタンドから削除された形跡がありません。今でも、元気に登録されています。

以前別の方からも「今年に入ってメルマガ配信されていませんが、どうされましたか?」と優しく声をかけてもらいました。

迷惑メールやスパムブログが氾濫する劣悪なネット環境では、まともな情報がゴミの中に埋もれてしまい大変な機会損失となってしまいます。

オフショア開発メルマガの発行トラブルは、対GDP比□%のロスに相当します(当社調べ)。それは、東京ドーム□杯分の損失です(当社希望損失)。

私用メールが厳しく制限される昨今では、メルマガやブログ以外の情報配信手段を考えなきゃいけません。紙媒体への回帰現象が起こるかも。

もしそうなら、グローバルソーシングレビュー誌ってチャンスかも。むしろ、携帯電話への配信を目論むべきか?

| | Comments (0)

あなたの論理思考力をセルフチェックする5つの命題

論理思考(critical thinking)
論理思考とは、ものごとを正確に、科学的に、筋道を立てて考える思考法です。コンテクスト(context)の共有が難しいオフショア開発では、論理思考により構造化されたメッセージを伝達することでコミュニケーションの信頼性を高めます。
(オフショア大學講義より)

オフショア開発プロジェクトを成功させるために論理思考は欠かせません。わざわざ、改めて主張するほどの内容ではありませんが、念のため論理思考が欠如したときの弊害を列挙します。

・テスト項目を洗い出せない/テストの網羅性に欠ける
・構造化設計できない
・文化や背景を共有しない外国人と議論できない
・因果関係と相関関係をはき違えて、正しく問題分析できない
 ・・・・・・

論理思考力と文章力は、必ずしも一致しません。第三者に精査される仕様書などの公式文書とは異なり、技術者同士のメール文言は誰のチェックも受けません。忙しさにかまけて、つい送信者の気持ちも緩んでしまいがちです。

そのため、メール連絡では、特に危ない下記の症状がみられます。自覚症状がある方は、早めに治療を受けてください。

(1) 間違った事実に基づく論理展開
(2) 論理矛盾
(3) 過度の一般化
(4) 不適切なサンプリング
(5) 隠れた前提を見逃す
(6) 論理の飛躍


■問いかけ

以下の命題の真偽を答えなさい。もし命題が間違っているなら、その理由を合理的に説明しなさい。


<命題1>
取引先の中国人ブリッジSEには優秀な人が多いので、我が社では、ベトナム人プログラマの採用条件として日本語能力検定1級保持を義務づけます。その方が確実ですから。


<命題2>
事実1「オフショア開発プロジェクトAは失敗した」
事実2「オフショア開発プロジェクトBは失敗した」
結論 「オフショア開発プロジェクトは難しい」


<命題3>
一般的原理「文化的相違はプロジェクト運営を困難にする」
事実「国内外注では文化的相違はない」
結論「国内プロジェクト運営は簡単である」


<命題4>
大学時代に第二外国語で中国語を専攻した金城さんだからこそ、オフショア開発推進スタッフに任命した。


<命題5>
海外でも終身雇用制を採用し、充実した教育体制を訴求することで、SEの定着率を高めて単価を安定させます。

| | Comments (0)

佳境にさしかかる

オフショア開発教科書づくり、いよいよラストスパート。最後の50ページです。

| | Comments (0)

中国IT労働環境の変化「固定期間のない労働契約」

占いを参考にする中国人経営者
日本ではあまり聞かない話ですが、中国では、幹部候補になりそうな社員を登用する際に、その人の誕生日や血液型を聞いて、占い師に自分との相性を占ってもらう経営者がいます。
グローバルソーシングレビュー誌 2009年2月号)

中国オフショアリング業界を取り巻く労働環境の小ネタを紹介します。

・中国では、2008年1月1日に施行した新労働契約法(労働合同法)により、企業側に下記が義務づけられました。

「同じ会社で連続勤務年数が10年以上の場合、期間の定めのある労働契約を2回連続締結した場合、固定期間のない労働契約書を締結しなければならない」


・2008年12月15日、国務院国有資産監督管理委員会主任李栄融氏が中央企業(国有企業)の責任者に対して、次のように呼びかけました。

「職員数の相対安定を維持し、できるだけ人員削減を避けてほしい。賃金カットしても人員削減しない、自宅待機しても失業者を増やさない。各レベルの責任者は身をもって範を示し、先頭に立って困難を克服しながら、経費を削減し、業績と賃金報酬を連携させるべき」


・最近、うちの中国子会社では人材流出がぴたっと止まりました。幹部連中だけではなく、20代伸び盛りのプログラマまで誰も会社を辞めようとしません。


・最近、うちは日本本社の従業員を1割カットしました。開発や運用業務の中国移管を急ピッチで進めていますので、もはやこの会社に事務方は不要です。最後は、私自身の墓穴を掘って、この会社を去ることになると思います。


■問いかけ

景気悪化に伴い雇用情勢が厳しくなる中国ソフトウェア業界では、短期間の雇用契約から長期雇用契約へ移行が真剣に議論され始めました。一部では、中国新労働契約法でうたわれる「固定期間のない労働契約」を根拠に、中国ソフトウェア業界でも終身雇用を採用すべきだとの声が聞こえます。ちなみに、現在の主流は1年契約です。

以上の環境変化を踏まえて、次の各問に答えなさい。

<問題1>

日本的雇用慣行の「終身雇用」を正確に定義しなさい。
※ヒント「終身雇用はオフショア開発業界に必要ですか」


<問題2>

中国新労働契約法でうたわれる「固定期間のない労働契約」と日本的雇用慣行の「終身雇用」は同じですか?(Y/N)


<問題3>

中国ソフトウェア業界の雇用情勢が変化して、固定期間を定めない労働契約が主流となったら、日本企業が負担する人件費総額(オフショア発注金額)はどう変化しますか。ソフトウェア開発プロセスの成熟や生産性の変化を考慮しつつ、答えなさい。

              ※

海外ソフトウェア人材の雇用環境に関するアンケートを実施します。1人1回の投票権利がありますので、どうぞ清きワンクリックをお願いします。

オフショア開発を成功させるためには、中国やベトナムでも固定期間を定めない労働契約に移行すべきだと思いますか? 中国新労働契約法の精神は労働者保護であり、経営側の権利を保護する条文はありません。オフショア発注企業の立場から回答してください。

◆Yes:固定期間を定めない労働契約に移行すべき
◆No:海外では期間限定の労働契約が望ましい
◆どちらでもいい(雇用形態とオフショア成功は無関係なので)

○結果を見る
○コメントボード

締切:2009年02月11日18時
協力:クリックアンケート

| | Comments (7)

未完了の仕事にケリをつける

ここのところ、毎日屋内にこもって日中は執筆活動に専念しています。そんな中、たまたま用事が重なると、大阪日帰り出張のような悲劇を生んでしまいます。せめて、どちらかの用事がずらせたら、大阪でもっとフィーバーできたのに。

1月から2月にかけて、悶々とする環境で過ごしていると、いろいろな事業アイデアが生まれては消えます。当面はオフショア大學事業の推進でお腹いっぱいではありますが、頭の体操くらいは自由でしょ!と言わんばかりに次々と新モデルを口走るわたくしです。

ところが、うちのスタッフには評判が悪いのです。

「そんな後ろ向きな事業計画なんて、つまらないわ」
「そりゃ誰もが欲しがるサービスだけど、その原資はどこ?」
「そんなことをしたら、後世から売国奴と罵られるよ」
 ・・・・・・

私だって、日本のために一生懸命に知恵を絞っているのです。そんな言い方はないでしょう。出版原稿の進捗が滞り、編集者には迷惑をかけつつも、必死で事業アイデアを発想しているのに。

いや

正直に申し上げます。

今の私は、明日の試験勉強に取り掛かろうとした時、とりあえず机の周りを整理しだしたら、いつの間にかお部屋の大掃除をするダメ学生な状態です。来年の受験に向けて参考書を買い揃えたら、それで満足して遊び呆けるような学生っぽい私です。

本来やらなくっちゃいけない執筆活動と○○と○○の整理と○○の告知と○○への返事をほったらかして、事業プランという妄想に逃げています。

こんな未完了症候群なわたしですが、末永く応援してください。てか、こんな文章を書く暇があったら、さっさと原稿を仕上げなきゃ。

汗。

| | Comments (1)

仕様書の行間率を測定

日本の仕様書が曖昧な理由
日本社会では、背景や前後関係を重視して、間接的に表現するコミュニケーションスタイルが好まれます。目に見えない「空気」が実社会を支配します。透明性が重視される米国と比べて、中国やベトナムも日本と同様に曖昧性を好みます。
(オフショア大學講義より)

あなたは、自社が作成した仕様書にどれだけ曖昧さが残っているかを認識していますか。

これまで国内開発プロジェクトで通用した仕様書を見直すと、実に多くの曖昧さが残っていることに気づきます。単位規模あたりの曖昧さを仕様書の行間率といいます。

●行間率の算出方法(案)

・仕様に関する質問数/ページ数
・口頭説明に要した時間/ページ数
・第三者からの指摘数/ページ数


■問いかけ

オフショア大學は、仕様書作成および伝達の効果性を測る5つの基準を提唱します。

(1)明確性
(2)安定性
(3)客観性
(4)受容性
(5)確実性

※出所:川上真史(2009)を参考にオフショア大學で作成

オフショア大學では、上記5つをスコアカード化して、プロジェクト毎に仕様化の成熟度を評価します。


<問題>次の短い会話から、曖昧(=高コンテクスト)な表現をすべて拾いなさい。

上司「そろそろ受け入れ試験なのでアレだな」

部下「はい。PMOともコラボ(collaboration)しながら、万事周到に進めております」

上司「よし、お客様に迷惑をかけないよう、この調子できちんとやりたまえ」

| | Comments (0)

引越し

今月は、アイコーチ事務所を引越します。今の新宿オフィスを引き払って東京都の別の区に移動。自宅からの距離はほとんど変わらず。別の意味で賑やかな界隈に移転します。

| | Comments (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »