« 仕様書の行間率を測定 | Main | 中国IT労働環境の変化「固定期間のない労働契約」 »

未完了の仕事にケリをつける

ここのところ、毎日屋内にこもって日中は執筆活動に専念しています。そんな中、たまたま用事が重なると、大阪日帰り出張のような悲劇を生んでしまいます。せめて、どちらかの用事がずらせたら、大阪でもっとフィーバーできたのに。

1月から2月にかけて、悶々とする環境で過ごしていると、いろいろな事業アイデアが生まれては消えます。当面はオフショア大學事業の推進でお腹いっぱいではありますが、頭の体操くらいは自由でしょ!と言わんばかりに次々と新モデルを口走るわたくしです。

ところが、うちのスタッフには評判が悪いのです。

「そんな後ろ向きな事業計画なんて、つまらないわ」
「そりゃ誰もが欲しがるサービスだけど、その原資はどこ?」
「そんなことをしたら、後世から売国奴と罵られるよ」
 ・・・・・・

私だって、日本のために一生懸命に知恵を絞っているのです。そんな言い方はないでしょう。出版原稿の進捗が滞り、編集者には迷惑をかけつつも、必死で事業アイデアを発想しているのに。

いや

正直に申し上げます。

今の私は、明日の試験勉強に取り掛かろうとした時、とりあえず机の周りを整理しだしたら、いつの間にかお部屋の大掃除をするダメ学生な状態です。来年の受験に向けて参考書を買い揃えたら、それで満足して遊び呆けるような学生っぽい私です。

本来やらなくっちゃいけない執筆活動と○○と○○の整理と○○の告知と○○への返事をほったらかして、事業プランという妄想に逃げています。

こんな未完了症候群なわたしですが、末永く応援してください。てか、こんな文章を書く暇があったら、さっさと原稿を仕上げなきゃ。

汗。

|

« 仕様書の行間率を測定 | Main | 中国IT労働環境の変化「固定期間のない労働契約」 »

Comments

ハハハ。同じです。

Posted by: タケチャン | February 04, 2009 at 12:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 仕様書の行間率を測定 | Main | 中国IT労働環境の変化「固定期間のない労働契約」 »