« 世代間格差によるオフショア(offshoring)阻害要因 | Main | 新刊アマゾン登録 »

ウイークリーニュースダイジェスト(2009/3/6)

●先週の金曜日に配信する予定だったウイークリーニュースダイジェストをお届けします。


・2009/2/26 - 独立行政法人 情報処理推進機構
「IT人材市場動向調査 調査報告概要版No.1」の公開について

人材の「量」が「大幅に不足している」との回答は、昨年度の28.3%から今年度は16.2%と、1割以上減少している。海外アウトソース先の活用は増加。


・2009/3/3 - Reuters INDIA
Gartner: US cos eye more offshoring, Indian firms tentative

世界同時不況でインドIT大手は消極的に。でも米国の顧客は今だからこそオフショア拡大を望んでいる。インド勢はもっと積極的に動くべきだ、さもなければ米国や欧州のオウトソーサーに喰われてしまう。先週オバマ米大統領は、オフショア推進企業への税制優遇措置を打ち切ると改めて宣言。さて、どうなる?


・2009/3/4 - ITpro
「米国-インド」に見るグローバルソーシングの行方

1)自国とオフショア国の賃金に大きな差がある
2)オフショアに豊富な人材がいる
3)通信を利用して業務を行うことができる
4)業務は情報処理が中心,成果物の多くがネットで送受信できる
5)業務にリピート性がある


・2009/3/4 - CIO.com
Offshore Outsourcing and Economic Recession: Impact on
Global, Indian and European Outsourcers (part 2)

インドのTier 1, 2, 3のオフショアサプライヤーの決算情報から短期見通しを分析。


・2009/3/5 - ZDNet Asia
Why banks will push ahead with offshoring

3つのリスク領域が金融サービスセクターのオフショア推進を阻害してきた。operational, compliance and reputational risks. 本社経営陣の一部をオフショア委託先に移して、リスク対策する成功例もあり。結局は、オフショア推進によってコスト削減と改革という相反する目的を同時に達成することができる、というオフショアリング賛美記事。(オフショアリング≠ITオフショア)


・2009/3/6 - ITpro
何がアウトソーシングの成功を阻むのか

丸投げ体質が生んだ業務とスキルの空洞化。ポイントはアウトソーシングする範囲決め。業務の洗い出しで“無駄”が見えてくる。要件定義は誰の仕事なのか。


・2009/3/6 - ITpro
CIOに必要な“専門医”と“主治医”
コンサルタントとアウトソーシングの上手な使い分け?


価値の源泉は運用にあるのです。運用プロセスこそがビジネスであり,このプロセスにこそKPIがなければいけない。当然,運用を支える人材は極めて重要です。


・2009/3/6 - CIO
Unified Communications Key for IT Outsourcers

音声自動応答技術によるコンタクトセンター(CRM、コールセンター)の効率化について。

|

« 世代間格差によるオフショア(offshoring)阻害要因 | Main | 新刊アマゾン登録 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 世代間格差によるオフショア(offshoring)阻害要因 | Main | 新刊アマゾン登録 »