« 日本品質が長期衰退を招くという仮説 | Main | ウイークリーニュースダイジェスト(2009/3/6) »

世代間格差によるオフショア(offshoring)阻害要因

明日は、今年初めてのオフショア開発勉強会が東京は飯田橋で開催されます。週末の土日に手元の材料を整理してパワーポイント資料を作成しました。

Workshop20090310meanings

ここのところ、あちこちで見聞きする「世代間格差」によるオフショア阻害要因を分かりやすく解説しようと思います。

オフショアプロジェクトの阻害要因、オフショア事業の阻害要因、日本のシステムインテグレーションの阻害要因(先日ちょっと書いたイノベーションのジレンマ)。

そして、脳天気にオフショア推進することによる弊害についても言及します。オフショアの発展系“グローバルソーシング”の利得と損失の両面を正しく理解します。


実は、ソフトウェア開発が国際化されることによる利得と損失は、国籍・世代・所属企業によって異なります。いまだに、オフショアの切り出しで悩むユーザー系企業が多いようです。

明日のオフショア開発勉強会では、どの部分を日本に残すべきか、何処をオフショア外注化して、何処を自前のシェアードサービスセクター(SSC)化するかの判断基準を参加者のみんなと一緒に検討します。お楽しみに。

詳細 → オフショア開発勉強会

|

« 日本品質が長期衰退を招くという仮説 | Main | ウイークリーニュースダイジェスト(2009/3/6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日本品質が長期衰退を招くという仮説 | Main | ウイークリーニュースダイジェスト(2009/3/6) »