« 今日からしばらく沖縄県民 | Main | 2009年オフショア開発業界が進むべき3つの道 »

チャイナリスク研究会「保八」

先週の土曜日、東京の隅田川沿いで開催されたチャイナリスク研究会に参加しました。当研究会の主宰者は、大連BPOオペレータとして活躍する海野恵一氏。「保八」と呼ばれる中国経済成長率8%以上の必達目標をテーマに、みっちり3時間意見を交わしました。

・中国が2009年経済成長率8%に固執する理由
・経済成長率8%を下回った場合のリスク予測と分析
・米国視点から見た中国経済成長への期待と本音
・日本に突きつけられたグローバリゼーションの本質
・中国広東省の玩具工場の将来像
・三農問題
・チャイナフリー問題
・2008年には高騰し続けた豚肉価格が現在は安定した理由

今後、中国では政府の面子にかけて「保八」を実現すべく、ありとあらゆる手段を講じてくると予想されます。

・金融:通貨供給量の増加、金利引き下げ
・財政:国債発行、大型公共工事の断行、内需拡大の刺激策

ただし、中国の「保八」に向けては、次の懸念材料があります。

・物価の乱高下
・外貨準備放出による米国との軋轢
・従業員の過剰保護と人員整理したい企業経営側との軋轢
・ドルペッグ制による輸出競争力の低下(相対的人民元高)


■問いかけ

<問1>
2009年、中国は経済成長率8%以上を達成できると思いますか?

<問2>
もし、「保八」を大きく下回ったら、オフショアリング業界にどのような影響をもたらしますか?

<問3>
もし、「保八」を達成したら、オフショアリング業界にどのような影響をもたらしますか?

|

« 今日からしばらく沖縄県民 | Main | 2009年オフショア開発業界が進むべき3つの道 »

Comments

紹介ありがとう。また来月もぜひ参加してください。なかなか鋭い意見をいただき感謝します。

Posted by: うんの | March 30, 2009 at 06:40 PM

次回のチャイナリスク研究会は4/18にですね。喜んで参加させていただきます。テポドン予習しときます。

Posted by: 幸地 司 | April 02, 2009 at 04:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今日からしばらく沖縄県民 | Main | 2009年オフショア開発業界が進むべき3つの道 »