« 2009年オフショア事業成功の4要件:国際化の対象者 | Main | 擦り合わせの呪縛 »

余談脱線で時間不足、オフショア開発勉強会

Dsc01969

半年ぶりに開催された昨夜の第29回オフショア発勉強会は、お陰様で大成功。経済動向という少し重いテーマを取り上げたため、参加者同士のディスカッションよりも講師の私が一方的に話す機会がいつもより多かったような気がします。

しかも余談・脱線が相次いだことから、終了時刻を大幅オーバー。延長して質疑応答タイムをとったところ、参加者全員がその場に残ってQ&Aで盛り上がりました。大感謝です。

アンケート評価も上々。共感しました、さっそく社内展開したい、余談を減らして早く本題に入れ、など正直なフィードバックが多数寄せられました。

いつもより、アンケート用紙に文字がびっしり埋められていたような気がします。時間配分や資料の見せ方については厳しい指摘もありましたが、愛ゆえのフィードバックですね。しっかり持続的改善を試みます。

今月の勉強会には、“残念キャンセル”や“残念不参加表明”をたくさんいただきました。もしご希望があれば、3月中にもう一度同じテーマで勉強会を開催します。先行きが見えない不況に苦しむ今こそ、オフショア関係者に聞いてもらいたいテーマだからです。

昨夜は時間不足のため「企業倫理」「年功序列」については全く触れられなかったのでリベンジです。もし追加講演が決定したら、3/10出席者は無料招待します。

追加講演の希望あればお気軽にメールをください。

宛先: support@ ... ... ... (いつもの宛先へ)

|

« 2009年オフショア事業成功の4要件:国際化の対象者 | Main | 擦り合わせの呪縛 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2009年オフショア事業成功の4要件:国際化の対象者 | Main | 擦り合わせの呪縛 »