« ホテルオークラ東京に集結 | Main | 無錫オフショア開発フォーラム 280席にぎっしり »

オフショアは中国人、オンサイトは韓国人

世界同時不況で急激に落ち込んだ実体経済ですが、一部では回復の兆しが見え始めます。「100年に一度の不況」ではなく「100年に一度の金融危機」なので、株価が底を打ったと思えば人々は買いに走り出します。ただし、IT投資の落ち込みが急回復する見込みはありません。

2009年4月13日現在、面白い現象があります。システムインテグレータによる海外オフショア発注は、相変わらず低迷します。ところが意外なことに、外国人オンサイト技術者への底堅い需要が一部に残っています。

キーワードは「日本語をすぐに覚える」「手垢がない」「素直」「手間がかからない」。アジア各国から若手のIT技術者を採用したことのある独立系ソフトハウスの日本人社長は、いまオンサイト技術者として採用するなら「韓国人」がいいと胸の内を明かします。

中国人オンサイト技術者と比べたときの韓国人の優位性。

・「漢字」は弱いが、日本語の立ち上がりは総じて早い
・日本の生活環境にすぐ馴染むので、専用のお世話係は不要
 (中国人やインド人を採用すると、寮母さんの苦労が絶えない)
・韓国通貨ウォンの急落によるお買い得感
・韓国にはIT内需が乏しいため、帰国退社のリスクが小さい


■問いかけ

<問1>
世界同時不況が叫ばれる中、経済に「回復の兆し」がみえる証拠をニュース記事や経済統計から拾い出しなさい。

<問2>
日本の中小ソフトウェア企業が韓国人オンサイト技術者を正規雇用する際のリスク要因を列挙しなさい。


参考情報:
シャープ、「液晶」新工場稼動を前倒し
休業日を減らすメーカーが出始めたことの持つ意味
中国復調 建機手ぐすね 内陸開発 コマツなど争奪戦
エチレンや電子部品、減産緩和広がる 中国向けが下支え
四半期の貸付の激増が経済回復の資金の基礎を定める
四半期の貸付の激増が経済回復の資金の基礎を定める

|

« ホテルオークラ東京に集結 | Main | 無錫オフショア開発フォーラム 280席にぎっしり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ホテルオークラ東京に集結 | Main | 無錫オフショア開発フォーラム 280席にぎっしり »