« ウイークリーニュースダイジェスト(2009/5/29) | Main | 沖縄高級果物ネット販売 »

オフショア開発プロジェクト成功の定義


定義
オフショア開発プロジェクト成功とは、以下の要素を全て満足する状態だと定義します。
Q: quality : 品質目標
C: cost: コスト目標
D: delivery : 納期目標
S: scope : スコープ
R: relationship : ステークホルダーとの関係
L: Learning : 組織と人の学習目標


顧客によって、各要素の満足度は異なります。したがって、プロジェクトの成功とは、最適な満足度の組み合わせ(ポートフォリオ)と換言できます。通常は全ての目標水準を満足させる事は出来ないので、トレードオフ(trade-off)と呼ばれる"せめぎ合い"が繰り広げられます。

例1:納期を守るために、予算を削って、scopeを小さくした
例2:初オフショアなので、QCDよりも信頼関係を優先させます

仮説(1)
オフショア開発プロジェクトの成功要因と失敗要因は異なるはずです。まるで、従業員が「転職する理由」と「会社に残る理由」は違うように。例えば「信頼関係がない」は、オフショアを失敗させる大きな要因ですが、信頼関係があるからといって、必ずしもオフショア成功するとは限りません。

仮説(2)
オフショア開発プロジェクトの成功を決定する項目には優先度があります。一般にはQCD目標が重視される一方、「R: relationship : ステークホルダーとの関係」と「L: Learning : 組織と人の学習目標」は軽視されがちです。

以上を踏まえた上で、オフショア開発の成功と失敗について議論を深めましょう。

|

« ウイークリーニュースダイジェスト(2009/5/29) | Main | 沖縄高級果物ネット販売 »

Comments

Qualityの綴りが間違ったようです。
:)

Posted by: Concorde | June 01, 2009 at 11:39 AM

綴りを修正しました。ありがとうございます。

Posted by: 幸地司 | June 01, 2009 at 02:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ウイークリーニュースダイジェスト(2009/5/29) | Main | 沖縄高級果物ネット販売 »