« 馴染みのない分野こそ積極的に講演参加 | Main | 第31回オフショア開発勉強会に18名参加 »

初来日・短期出張者に好まれる無難な近場スポット

短期出張者の受け入れ方針
あなたは、3か月の予定で中国人出張者の面倒をみることになりました。出張者はあなたより年下、日本語はたどたどしい上に、今回が初来日です。あなたの指導方針は、下記のどれに近いですか?

・自由放任 ( 3票) 6%
・職場で淡々と (10票) 19%
・職場で丁寧に (28票) 52%
・休日も (12票) 22%
・その他 ( 1票) 2%
(読者アンケート中間結果)

現在私たちは、PM・PMO 向けにオフショア開発推進のための業界標準となる教科書を執筆しています。今年8月に店頭に並ぶ予定です。

先週から、オフショア教科書執筆チームでも「出張者の受け入れ」について議論を始めました。すると、実務者の間から、これでもかと言うほど大技小技が報告されました。

そのうちの一部を紹介します。

●休日もアテンド派

・勤務中に土日の予定をさりげなく聞いて、その予定に相乗りさせてもらいます。
日本人:「今週末何しますか?」
外国人:「東京タワーに行こうと思っています」
日本人:「じゃあ、一緒に行きましょうよ」


・短期滞在者の場合、携帯電話を持っていないこともしばしば。待ち合わせ場所の地図は印刷して渡してあげること、待ち合わせ場所の近くに公衆電話があること、自分は絶対遅刻しないこと。


●マナー教育をしっかり

・ゴミの出し方、深夜の騒音防止、近隣住民との挨拶
・電車通勤に際して、シルバーシートや携帯電話の使用不可
・インド人に対しては、男同士で手を繋いで歩かない


●災害対策

・日本に始めてくる外国人は、地震に動じない日本人にビックリします。地震がない地域から来た人には、外国人向け災害対策パンフレットを用意してあげると良いと思います。


ひとくちに外国人出張者の受け入れと言っても、その対応は様々。政府筋にも顔が利く大物役員の受け入れと、右も左も分からない若手ブリッジSE候補者の受け入れは、まるで違います。

この種の議論では、暗黙のうちに「自分よりも年下で、自分よりも貧乏で、技術はあるけど社会経験が乏しい出張者の受け入れ」を想定します。


■問いかけ

「自分よりも年下で、自分よりも貧乏で、技術はあるけど社会経験が乏しい外国人出張者」

今週末、あなたは、上記特徴を満たす複数の中国人ブリッジSE候補を東京の街に連れ出す約束をしました。行き先は、あなたが考えます。

オフショア教科書執筆チームのTさんによると、都心散策では「有名」かつ「お金がかからない」場所に誘うのが彼らの満足度を高める秘訣です。

以下の候補地のうち、中国人出張者(短期・初来日)に喜ばれる可能性が高い無難な場所はどれでしょうか。逆に、好みが分かれるため、避けた方がよいと考えられる場所はどれでしょうか。それぞれ理由と共にリストアップしなさい。複数選択可。


<東京向け>
・東京ドーム
・築地市場
・東京国立博物館
・浅草寺
・東京ミッドタウン
・月島もんじゃストリート
・六本木ヒルズ
・東京タワー
・皇居
・秋葉原
・東京都庁
・渋谷NHKスタジオパーク
・日本武道館
・三鷹の森ジブリ美術館
・東京ジョイポリス
・国会議事堂
・しながわ水族館
・新横浜ラーメン博物館
・池袋餃子スタジアム
・大江戸温泉
・上野動物園
・主要顧客の本社ビル(大手顧客)
・銀座の地下街

<沖縄向け>
・首里城
・美ら海水族館
・国際通り
・沖縄県庁
・嘉手納飛行場
・リゾートビーチ
・仲田幸子お笑いショー
・糸満摩文仁の平和祈念公園
・沖縄IT津梁パーク
・泡盛蔵本めぐり

回答例:六本木ヒルズはダメ。高すぎて小龍包すら買えないから

※答えそのものよりも、答えを導き出すプロセスと理由が重要です。

|

« 馴染みのない分野こそ積極的に講演参加 | Main | 第31回オフショア開発勉強会に18名参加 »

Comments

日本で案内する場所は、本人たちに決めてもらっています。
日本人の考える東京案内と、技術者の行きたがる場所は、
やはりずれています。
中国出張者に以下のような雑誌をお土産に買ってきてもらうことで、
この辺を解決しています。

・「るるぶ東京」「東京ウォーカー」「東京1週間」 
・女性用ファッション誌、ストリート系衣料雑誌は若い女性職員に人気あり。
・男性は、カーセンサー、gooなどの中古車雑誌が意外と人気、アニメ系の雑誌

日本の情報を提供することによって、行きたい場所は聞けば出てくる
ようになり、日本受け入れ側の対応が楽になります。
また、素の日本を自然と知ることができること、日本への憧れを強く
する、日本語の勉強になるとういう副次的効果も得ることができます。

ちなみに、男性、女性技術者が行きたがる場所ベスト3は今のところ
以下のとおりです。

男性
1位 秋葉原(電気街ではなく、フィギュア、コスプレ用品)
2位 中野ブロードウェイ(フィギュアの店)
3位 渋谷

女性
1位 原宿
2位 スウィーツのお店(銀座、新宿あたり)
3位 ディズニーランド

Posted by: 大連帰り | May 28, 2009 at 03:57 PM

大連帰りさん、詳細コメントありがとうございます。たいへん参考になります。

男性ランキング上位は“おたく系”が占めますね(笑)。アンケートのサンプル母数が気になります。

中国人若手技術者が行きたい場所は理解しました。彼らが知らない穴場で、かつ、連れて行ったら大喜びされたという場所はありますか。

例えば、初来日の中国人にとって、渋谷NHKは大穴だそうです。なぜでしょうか?

Posted by: 幸地司 | May 28, 2009 at 10:25 PM

中国で見る事のできる日本のテレビチャンネルはNHKワールドのみ。
必然的に日本語を勉強している中国人技術者はNHKを見て知ってるからですかね。

余談ですが、日本のPVはMTV、ドラマ、アニメ、AVはDVDかインターネットで見る事はできますが、バラエティは大連では見る事はできません。
あくまで大連でですが、日本人ミュージシャンや俳優がある程度知られているのに比べて、芸人系は全くと言っていいほど知られていません。
そのせいか、お台場フジテレビや吉本新喜劇に連れてっても多分喜ばれません。

Posted by: 大連帰り | May 31, 2009 at 09:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 馴染みのない分野こそ積極的に講演参加 | Main | 第31回オフショア開発勉強会に18名参加 »