« ソフトウェア工場の標準化とダイバーシティ | Main | 「キャリア機会の追求」に隠された本音 »

教科書第2弾づくり進捗会議にて目次詳細化

出版社で執筆中の「オフショアプロジェクトマネジメントPM編」の進捗会議を行いました。懸案だった目次の詳細化を達成。前作に引き続き、今回も5部構成となります。

Bookcontents

新作の第2部と第3部は、主にプロジェクトマネージャ向けの内容。一方、第4部と第5部は戦略系と人材育成の話題が中心です。

このままだと、読み手を惑わす構成になってしまう恐れがあります。

「前半は面白いけど、後半はPM業務に関係なくね?」
「分析や抽象論はいいから、具体的なスキル体系をくれ」

そこで、編集者を交えて、教科書全体に一本筋を通しました。これで一安心です。

「前半と後半は、こうつながるのか」
「このスキルが解説される背景には、こんな理由があったのか」

上位概念の「戦略」から下位概念の「技法」や「事例」にまで、段階的に落とし込む内容に仕上がりそうです。本書前半はボトムアップ的に。つまり、第2部単体プロジェクトの運営支援から始まり、第3部マルチプロジェクトマネジメントの話題へ。

本書後半はトップダウン的なアプローチを採用しました。つまり、第4部グローバルソーシング戦略に始まり、第5部は人材育成とキャリア開発の話題へ。

長く読み継がれる優れた教科書に仕上がりそうです。後は、私の気力勝負かな。

|

« ソフトウェア工場の標準化とダイバーシティ | Main | 「キャリア機会の追求」に隠された本音 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ソフトウェア工場の標準化とダイバーシティ | Main | 「キャリア機会の追求」に隠された本音 »