« 論理学を復習 | Main | プロジェクト活動の計測化を阻害する要因 »

ウイークリーニュースダイジェスト(2009/6/5)

●毎週金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けする。


・2009/6/1 - オフショア大學
[アンケート] オフショア切り出し判定基準

オフショア案件の切り出し/受託を検討する際に、最も重視する判断基準を挙げなさい。オフショア切り出し基準の「減点要因」と「加点要因」をそれぞれコメント欄に追記しなさい。


・2009/6/2 - Business Standard
IT Services: Go Local

Perceived till recently as low-budget and low-margin, the domestic market now means big business to Indian IT majors.


・2009/6/2 - ARN
IDC: IT outsourcing market to grow by $1.6 billion to 2013

Analyst firm predicts the Australian outsourcing market will grow to $8 billion by 2013


・2009/6/2 - The Times
Threat of tangle with outsourced IT

ITアウトソーシングの見直しに言及する2つのレポートがある
(1) Outsourcing in Difficult Times
(2) PA's international IT outsourcing survey 2009
アウトソーシング推進の理由はコスト削減だけではありません。それ以外にも26の理由があります。

参考:
Outsourcing in Difficult Times

What lies beneath - PA's international IT outsourcing survey
2009 (PA Consulting Group)


・2009/6/3 - オフショア大學
[アンケート] 日本的柔軟性や行間を読む力は「魅力的品質」か?

あるオフショア受託企業では、日本での勤務経験を持つ幹部を複数揃えていて、日本的な「お客様は神様」を合い言葉に臨機応変に対応する柔軟さを備えています。お客様が仕様書で表現できない「行間」を読んで、あうんの呼吸によってシステムを作り上げます。これは「魅力的品質」ですか? それとも「当たり前品質」ですか?


・2009/6/3 - The Global Sourcing Council
Global Sourcing Council 2009 summit

The 2009 Summit will examine how corporate sustainability creates stockholder value through the supply chain, especially in the area of global social responsibility.


・2009/6/4 - NIKKEI NET
ITと並び世界をめざすインドの製薬産業

世界経済のリセッションとは関係なく成長しているのが携帯電話市場である。昨年1年間で約60%の成長で、今年3月の1カ月間だけでも新規加入者数は1500万台を超えた。特に通信インフラ網の整備が進む地方での伸びが大きかったようだ。さらに今後、第3世代の携帯電話が普及し始めれば、ますます市場の拡大が期待できる。輸出一辺倒のIT企業は惨憺たる状況で、国内IT市場も広がらないなか、当面は携帯電話だけがハイテク市場を牽引していくようだ。


・2009/6/4 - the Wharton School
Is the U.S. Government's New Tax Proposal Just Political Rhetoric?

米国には“Bangalored”という形容詞があるらしい、アウトソーシングによって職を失ったと言う意味。


・2009/6/5 - The Malaysian Insider
The surprising strength of Southeast Asia

南アジアの明るい経済動向について。フィリピンセブ島のコールセンタではUS$470で勤務する29歳オペレータ。ベトナムは中国一辺倒からの逃避地として電子部品製造が成長。


・2009/6/5 - ITpro
高まる中国のRuby熱---上海で初のRuby会議,まつもと氏も講演

まつもと氏は「Why Ruby?」と題して講演。英語100枚のプレゼンテーション資料を使って日本語で話し,逐次通訳がまつもと氏の日本語を中国語に訳していく。最後は「Enjoy Programming」というスライドで締めくくった。直後,満場の拍手と,デジカメのフラッシュが会場を包んだ。

|

« 論理学を復習 | Main | プロジェクト活動の計測化を阻害する要因 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 論理学を復習 | Main | プロジェクト活動の計測化を阻害する要因 »