« 文書中で「~を行う」は使用禁止 | Main | 日本人しか読まない文書でも主語を明記すべきか »

「操作を行う」=「操作」+「行」

前号では、「~を行う」という表現を使用禁止にすべきだと主張しました。その根拠は、オフショア大學の次のような講義内容に隠されています。

あなたの仕様書は、目の前にいる優秀なブリッジSE向けではなく、海の向こうにいる若いプログラマに向けて書くべきです。より具体的には、日本語力がない24歳の中国人プログラマにも伝わるように書くべきです。

オフショア大學の教えに従うと、仕様書では「操作を行う」ではなく「操作する」が正解です。理由は冗長表現だからです。とても、単純ですね。

仕様書中の「操作を行う」を24歳中国人プログラマがみると、漢字だけは読めるので「操作」と「行」の2つの漢字が目に入ります。「行」はムダです。さらに誤解の元になります。

同じ理屈から「操作をする」「操作することをしない」「操作をするとは限らない」も避けたほうが無難だと考えられます。

■ 問いかけ ■

次の表現を適切な言い回しに書き換えなさい。

「操作を行うことをしない」

|

« 文書中で「~を行う」は使用禁止 | Main | 日本人しか読まない文書でも主語を明記すべきか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 文書中で「~を行う」は使用禁止 | Main | 日本人しか読まない文書でも主語を明記すべきか »