« 精神論で朝寝坊は改善されぬ | Main | 要求仕様の意図を理解するために全体像が必要? »

同化政策と言いながらFace to Faceを避ける日本人の二枚舌

■ 同化政策とは
オフショア開発事業における同化政策とは、「日本人の思考/行動を変えなくても、従来と同等かそれ以上に品質のよい成果物がオフショア先から納品される」を目指す経営方針の一つです。 (オフショア大學講義録より)

次の意見に間違いがあれば、具体的に指摘しなさい。

(a) あなたの会社が、オフショア開発事業で同化政策をとるなら、日本側がFace to Faceで説明する努力が欠かせません。

(b) あるいは、オフショア委託国から外国人キーパーソンを日本に呼び寄せるための予算を確保しておき、日本の国内協力会社がそうするように、外国人がべったり日本の現場に張り付かなければなりません。

(c) そもそも同化政策とは、日本側がこれまで通りのやり方を継続してもオフショアを成功させられる体制作りが狙いです。これまで、日本側では頻繁にFace to Faceで説明&仕事していたなら、オフショア開発でもそうしないと同化政策にならないでしょう。

(d) 実際には、距離の壁は大きいので、例えば次のガイドラインを導入します。

「TV会議はFace to Faceの2分の1の伝達率」
「電話会議はFace to Faceの3分の1の伝達率」
「英語会議は日本語会話の2分の1の伝達率」

(e) ゆえに

「TV会議はFace to Faceと比べて2倍以上の伝達時間を要する」
「電話会議はFace to Faceと比べて3倍以上の伝達時間を要する」
「英語会議は日本語会話と比べて2倍以上の伝達時間を要する」
「英語による電話電話は、日本語によるFace to Face会議と比べて6倍以上の伝達時間を要する」

■ 問いかけ

主張(a) は全て正しい(Y/N)
主張(b) は全て正しい(Y/N)
主張(c) は全て正しい(Y/N)
主張(d) は全て正しい(Y/N)
主張(e) は全て正しい(Y/N)

|

« 精神論で朝寝坊は改善されぬ | Main | 要求仕様の意図を理解するために全体像が必要? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 精神論で朝寝坊は改善されぬ | Main | 要求仕様の意図を理解するために全体像が必要? »