« 見本確認と現場指導が高品質を担保する | Main | 久しぶりの中国講演(幸地) »

ウイークリーニュースダイジェスト(2009/10/30)

金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けします。

・2009/8/23 - Wipro
OFFSHORING 2.0
タレント人材を世界規模で調達しマネジメントする能力が次世代オフショアリングの成功を左右します。そして、顧客とベンダが一体となったデリバリーモデル(delivery model)を確立します。そこでは、当然SaaS活用も視野に入れます。今後、少なくとも年平均成長率35%を見込んでいます。(ちょっと古い分析かな?)

・2009/10/22 - Forbes.com
[Oxford Analytica] IT Outsourcing Poses Risks
オフショアリングの影の部分を改めて整理しました。
- Uneven performance
- Risks factors; Operations / cost / Security
- International laws
- Industry initiatives
- Risk mitigation: Cultural similarity / Industrial relatedness
- Outlook : BPOは堅調に伸びるけど...

・2009/10/23 - TMCnet Industries Site
IT Outsourcing Market Growth Slows, Offshoring, Cloud
Computing to Increase: Report

2010年オフショア・アウトソーシングの市場には、若干明るい兆しが戻ります。といっても、以前のような爆発的な成長率は望めませんが。ただし、日本企業が考える「単発ソフトウェア開発の請負契約」への言及はなく、ほとんどが数年単位の大規模Outsourcing契約を前提とした議論です。M&Aが活性化すると予想。

・2009/10/28 - BusinessWeek
Quarterly Profit at Wipro Jumps 19%
India's third-largest software services exporter beats expectations and says the outlook for outsourcing is
improving.
顧客数を伸ばし、下期の売上予測も堅調。世界同時不況の影響を脱し、すでに最悪期を脱したと判断しました。TCSの業績も好調です。

・2009/10/29 - NTTデータ
平成22年3月期 第2四半期決算短信
http://www.nttdata.co.jp/release/2009/102900.html
(連結累計)
・売上高:5,328億円(+3.8%)
・営業損益:335億円(▲25.1%)
中国ベンダの買収により、直系子会社の中国要員は1,000名を突破。
・従業員一人当たりの売上高:4,655万円/年(2008年実績)
・従業員一人当たりの売上高:3,589万円/年(2009年予測)

・2009/10/29 - 日立製作所
平成22年3月期 第2四半期決算短信
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2009/10/1029.html
「情報通信システム分野」(連結累計)
・売上高:1兆0,367億円(▲19%)
・営業損益:238億円(▲63%)

・2009/10/29 - 富士通
平成22年3月期 第2四半期決算短信
http://pr.fujitsu.com/jp/ir/finance/2009h/
「ソリューション/SI分野」
(連結累計)
・売上高:5,175億円(▲11%)
(連結第2四半期のみ)
・売上高:2,785億円(▲14%)

・2009/10/29 - NEC
平成22年3月期 第2四半期決算短信
http://www.nec.co.jp/ir/ja/material/statement/index.html
「ITサービス分野」(連結累計)
・売上高:3,825億円(▲9.1%)
・営業損益:105億円(+2億円)

・2009/10/29 - クオリティマインド
【技術者のための中国語講座】第552号「烏鎮シンポジューム
http://archive.mag2.com/0000103084/index.html
浙江省烏鎮は私が一番好きな街です。烏鎮を知ったきっかけは、CCTVの『似水年華』という連続ドラマです。中国俳優・朱旭、黄磊、台湾女優・劉諾英、マレーシア女優・李心潔の豪華キャストです。このドラマの舞台となったのが烏鎮です。運河の街・烏鎮で撮影されたドラマはストーリィだけではなくその生活風景にも強く惹かれました。このドラマの放送(再放送)が終わった夜すぐにVCDを買いに走りました(笑)
そして時をおかず、杭州から烏鎮をめぐる旅行に行きました。ドラマの舞台となった運河を見下ろす食堂で食事をしたり、黄磊と李心潔が飲み明かした米酒蔵に寄ったりしました。特に暮れなずむ運河や夜景が気に入りました。地元の米酒(52℃)は意外にもおいしく、白酒が苦手な私でも半斤呑みきってしまいました。私は春に行きましたが、秋もきっと運河を渡る風が爽々しくて気持ちが良いでしょう。

|

« 見本確認と現場指導が高品質を担保する | Main | 久しぶりの中国講演(幸地) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 見本確認と現場指導が高品質を担保する | Main | 久しぶりの中国講演(幸地) »