« September 2009 | Main | November 2009 »

来週上海でオフショア交流会します予告

来週早々に上海入りして、現地でイベント運営を直接指揮します。先ほど、オフショア大學事務局にチケットを手配してもらいました。

すると、
なんと、

11/2(月)お昼便で上海入り。
帰国日は11/12(木)。

これは急ですな。

ということは、今日が最後の平日だ。ちゃちゃとお役所系の仕事を済ませます。銀行系は処理済み。月末処理に、集客や告知、問い合わせ対応など。さらに、拙著のPR活動も地道に続けます。

有難いことに、オフショア大學への問い合わせも急増中。景気復活の兆しは見えないものの、とりあえず「底を打った」という判断があるのかもしれません。つまり、今より悪くなることはない。

というわけで、教育コンサルの具体的案件の打診が増えてきました。教育コンサルって、意外に経済の先行指標かしら?

・・・

たった今、思いつきました。

来週、11/3(火)夜、上海市内にてオフショア開発交流会を主催します。場所、時間帯、参加費など全て未定(^^;)。決まったら、すぐに案内しますね。

| | Comments (0)

久しぶりの中国講演(幸地)

こんにちは、ブログ管理人の幸地司です。

11月はオフショア開発シンポジウムの連続です。どちらかと言えば、イベント企画運営は得意な私ですが、日中連続開催は初体験です。

第一弾は中国浙江省烏鎮シンポジウム
第二弾は東京大会

ところが、第一弾と第二弾の間にもう一つ大会が加わりました。

中国江蘇省無錫シンポジウム(初公開)

開催日をおさらいすると、以下の通りです。

11/7(土) 浙江省烏鎮
11/10(火) 江蘇省無錫
11/17(火) 東京・飯田橋

もう大変! というわけで、来週早々には私も現地入りして、大会運営を直接的に指揮します。なお、無錫大会では、私も久しぶりに講演します。中国では1年振り、いや、2年振りの講演でしょうか。今から楽しみです。

<幸地の講演テーマ>
(その1)世界同時不況に苦しむ日本企業のOutsourcing戦略と日本人管理者の心理分析 in 無錫
(その2)オフショア事業推進の成熟度アセスメントに役立つ診断技法 in 東京

| | Comments (1)

ウイークリーニュースダイジェスト(2009/10/30)

金曜日は、ウイークリーニュースダイジェストをお届けします。

・2009/8/23 - Wipro
OFFSHORING 2.0
タレント人材を世界規模で調達しマネジメントする能力が次世代オフショアリングの成功を左右します。そして、顧客とベンダが一体となったデリバリーモデル(delivery model)を確立します。そこでは、当然SaaS活用も視野に入れます。今後、少なくとも年平均成長率35%を見込んでいます。(ちょっと古い分析かな?)

・2009/10/22 - Forbes.com
[Oxford Analytica] IT Outsourcing Poses Risks
オフショアリングの影の部分を改めて整理しました。
- Uneven performance
- Risks factors; Operations / cost / Security
- International laws
- Industry initiatives
- Risk mitigation: Cultural similarity / Industrial relatedness
- Outlook : BPOは堅調に伸びるけど...

・2009/10/23 - TMCnet Industries Site
IT Outsourcing Market Growth Slows, Offshoring, Cloud
Computing to Increase: Report

2010年オフショア・アウトソーシングの市場には、若干明るい兆しが戻ります。といっても、以前のような爆発的な成長率は望めませんが。ただし、日本企業が考える「単発ソフトウェア開発の請負契約」への言及はなく、ほとんどが数年単位の大規模Outsourcing契約を前提とした議論です。M&Aが活性化すると予想。

・2009/10/28 - BusinessWeek
Quarterly Profit at Wipro Jumps 19%
India's third-largest software services exporter beats expectations and says the outlook for outsourcing is
improving.
顧客数を伸ばし、下期の売上予測も堅調。世界同時不況の影響を脱し、すでに最悪期を脱したと判断しました。TCSの業績も好調です。

・2009/10/29 - NTTデータ
平成22年3月期 第2四半期決算短信
http://www.nttdata.co.jp/release/2009/102900.html
(連結累計)
・売上高:5,328億円(+3.8%)
・営業損益:335億円(▲25.1%)
中国ベンダの買収により、直系子会社の中国要員は1,000名を突破。
・従業員一人当たりの売上高:4,655万円/年(2008年実績)
・従業員一人当たりの売上高:3,589万円/年(2009年予測)

・2009/10/29 - 日立製作所
平成22年3月期 第2四半期決算短信
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2009/10/1029.html
「情報通信システム分野」(連結累計)
・売上高:1兆0,367億円(▲19%)
・営業損益:238億円(▲63%)

・2009/10/29 - 富士通
平成22年3月期 第2四半期決算短信
http://pr.fujitsu.com/jp/ir/finance/2009h/
「ソリューション/SI分野」
(連結累計)
・売上高:5,175億円(▲11%)
(連結第2四半期のみ)
・売上高:2,785億円(▲14%)

・2009/10/29 - NEC
平成22年3月期 第2四半期決算短信
http://www.nec.co.jp/ir/ja/material/statement/index.html
「ITサービス分野」(連結累計)
・売上高:3,825億円(▲9.1%)
・営業損益:105億円(+2億円)

・2009/10/29 - クオリティマインド
【技術者のための中国語講座】第552号「烏鎮シンポジューム
http://archive.mag2.com/0000103084/index.html
浙江省烏鎮は私が一番好きな街です。烏鎮を知ったきっかけは、CCTVの『似水年華』という連続ドラマです。中国俳優・朱旭、黄磊、台湾女優・劉諾英、マレーシア女優・李心潔の豪華キャストです。このドラマの舞台となったのが烏鎮です。運河の街・烏鎮で撮影されたドラマはストーリィだけではなくその生活風景にも強く惹かれました。このドラマの放送(再放送)が終わった夜すぐにVCDを買いに走りました(笑)
そして時をおかず、杭州から烏鎮をめぐる旅行に行きました。ドラマの舞台となった運河を見下ろす食堂で食事をしたり、黄磊と李心潔が飲み明かした米酒蔵に寄ったりしました。特に暮れなずむ運河や夜景が気に入りました。地元の米酒(52℃)は意外にもおいしく、白酒が苦手な私でも半斤呑みきってしまいました。私は春に行きましたが、秋もきっと運河を渡る風が爽々しくて気持ちが良いでしょう。

| | Comments (0)

見本確認と現場指導が高品質を担保する

久しぶりに読者メールを紹介します。

オフショア開発と製造業の一番の違いは、「見本確認」ではないでしょうか。見本を作る見本室は、工場の中でも一流の職人を配置しています。したがって、見本を精査すれば、その工場の技術レベルの頂点が分かります。

見本チェックを元に、現場に技術者を派遣して工場内の要所を日本人の視点で精査します。チェックポイントは、仕様書に書かれた部分ではなく、あくまでも最終製品の出来映えです。日本消費者のつもりになって、できあがった製品を評価します。

このような現場評価および現場指導は、極めて属人的・職人的です。分業化が進んだ製造業とはいえ、このようなアナログ部分がまだ残っています。 (東京都・Tさん/文言の一部を修正済み)

簡単なまとめ

製造業では、「見本確認」と「現場指導」が高品質を担保する代表的な品質管理プロセスです。

■ 問いかけ

<問1>
「見本確認」と「現場指導」、それぞれの目的は何でしょうか?

<問2>
製造業では、「見本確認」と「現場指導」が高品質を担保する代表的な品質管理プロセスです。では、オフショア開発における「見本確認」と「現場指導」は、いったいどのような作業でしょうか。

★ヒント
「見本確認」の目的:相手先の技術力の○○○の確認
「現場指導」の頻度、指導者の要件を整理する

| | Comments (0)

高級ブランド品の国際分業製造

オフショア大學の通信講座グローバルソーシングレビューでは、毎月世界で活躍する一流人材へのインタビューを実施しています。2009年10月号では、イタリアのファッション(fashion)業界でコーディネータとして活躍する日本人女性に話を伺いました。

高級ブランド品という極めて高コンテクスト(high-context)な商材を扱いながら、世界規模の分業・調達を実現させるプロの仕事術。私たちオフショア開発業界にとっても大変参考になります。

例えば、デザインの肝であるパターン(型紙)を作成するパタンナーの仕事や、それを元に生地をカッティングする仕事はイタリア国内に残します。

そして、後工程の縫製をアフリカ・チュニジアの工場に任せる、といった国際分業体制が「高級ブランド品」の世界ですら実現されている現実に驚きました。なぜなら、高級ブランド品のデザインといえば、日本の情報システムと同じくらい曖昧な要求仕様と頻繁な仕様変更の連続だからです。

■ 問いかけ

Q.イタリアで対日高級ファッションのコーディネータとして活躍するためには、イタリア語は必要ですか?

A.最近はイタリアでも英語を話せる人が増えてきました。マネジメント層では、英語で全く問題ありません。ただイタリア語を話せると、断然効率が良くなります。イタリアでは個人と個人の付き合いの深さが大きく影響し、動き方が変わってくるのです。サッカーの中田英寿選手が良い例です。

<問いかけ>
サッカー元日本代表の中田英寿がイタリア移籍した際に、所属チームやイタリア社会に溶け込むためにどんな努力をしたでしょうか。費用対効果の大きい順に列挙しなさい。

| | Comments (0)

第二弾は東京「オフショア開発フォーラム2009」

私たちオフショア大學は、次世代オフショア開発の事業形態を模索すべく、大規模な専門シンポジウムを立て続けに開催することになりました。

シンポジウム第一弾は、11月7日(土)、中国浙江省の烏鎮(うちん)という風光明美な観光都市で開催されます。

シンポジウム第二弾は、11月17日(火)東京、昨年に続き二回目となるオフショア開発フォーラム2009です。

   第一部 9:40-18:00 基調講演、企業事例発表など
   第二部 18:30-20:30 指定教科書を使ったチュートリアル

今年は、UMLモデリング推進協議会のご協力を得て「オフショア開発向けUML適用ガイドライン」に関する講演などを企画しました。他にも大学・研究機関から二人、情報サービス産業協会(JISA)から一人、中国代表として1社、ベトナム活用企業1社の発表があります。

そして、極めつけは、同日夕方から始まる第二部のチュートリアル(tutorial)。第二部は、オフショア実務者を対象とした双方向学習の場です。

平日昼間は会社を抜けられないなどの時間制約を抱えるプロジェクトメンバを対象とする実践的な学習会です。指定教科書オフショアプロジェクトマネジメント【PM編】を持っていれば、誰でも無料でご参加になれます。奮ってご参加ください。


【昨年のオフショア開発フォーラム2008の様子(写真付き)】
御礼!オフショア開発フォーラム2008
海外の日本人二世・三世は日本語を話さず完全に現地化する
真面目で実直な日本人IT技術者はグローバル化できるか?
急拡大路線と品質向上のトレードオフ関係
大学の情報教育に苦言を呈する
プロマネは総経理になるための通り道

■ 問いかけ

オフショア開発フォーラム2009 in 東京 についてご意見をお聞かせください。

<問1>オフショア開発フォーラム2009をどう評価しますか?

有意義だ、応援したい
どちらかと言えば無関心
無意味だと思う

結果を見る
コメントボード(応援メッセージを募集中!)

締切:2009年10月31日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/


<問2>オフショア開発フォーラム2009 に参加しますか?

参加したい
検討中
不参加(興味ない/無関心)
残念ながら参加できない(関心あり/東京出張は難しい)

結果を見る
コメントボード

締切:2009年10月31日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

応援メッセージがあれば、ぜひともコメントボードにお書きください。また、ご意見・ご要望・改善要求などもどしどしお寄せください。お待ちしております。

| | Comments (0)

実践!中国市場攻略セミナー

こんにちは、当ブログ管理人の幸地司です。
お友達が主催するイベントを案内します。

実践!中国市場攻略セミナー


■開催概要

日時:2009年11月25日(水) 14:00~17:30(13:30開場、14:00開演)
会費:2,000円
定員:80名様
会場:スタンダード会議室 http://www.spaceuse.co.jp/
    東京都中央区京橋2-8-20京橋ビル8F

《地図》 http://www.spaceuse.co.jp/access/

《アクセス》
JR線 「東京」駅八重洲南口より徒歩4分
東京メトロ銀座線 「京橋」駅6番出口より徒歩30秒
東京メトロ銀座線 「銀座」駅より徒歩4分
東京メトロ有楽町線 「銀座一丁目」駅より徒歩4分
都営浅草線「宝町」駅A5番出口より徒歩4分

主催:中国ビジネスサポート.com
(紅橋株式会社、東邦メディアプランニング株式会社)
共催:株式会社中国市場戦略研究所、レジャーサービス研究所、アウングローバルマーケティング株式会社


■プログラム

◆第1部:14:10~15:10(60分)
中国の市場開拓 成功への法則

・世界の経済危機を救う中国の消費力 (内陸部を含む中国市場徹底分析)
・成功事例検証(B2C,B2B,通販など) (中国企業・外資企業・日系企業例)
講師:株式会社中国市場戦略研究所  
    代表取締役社長  徐 向東 氏


◆第2部:15:15~16:15(60分)
中国EC市場・インバウンド市場を攻略する新WEB戦略

講師:アウングローバルマーケティング株式会社 
    執行役員 坂口 雅宣 氏


◆第3部:16:30~17:30(60分)
中国人が買わずにいられない仕掛け作り

講師:レジャーサービス研究所 
     代表 斉藤 茂一 氏

ボタン

| | Comments (0)

第一弾は中国浙江省烏鎮シンポジウム

【アンケート】インハウス型、オフショア・アウトソーシング型、さらに、二つを掛け合わせたハイブリッド型オフショアリング、あなたはどの形態を好みますか?

◆インハウス型
◆オフショア・アウトソーシング型
◆ハイブリッド型オフショアリング
◆その他
結果を見る

昨日から始まった読者アンケートの途中結果に驚いています。

なんと、インハウス型を好むと考える回答が4分の3を占めました。すなわち、オフショア関係者の一部は、協力会社との請負契約よりも、海外現地法人の活用や長期ラボ契約によるオフショア形態を望んでいると考えられます。

ただいまの有効回答数は30件未満なので、必ずしも統計的に有意な数値とは断定できません。ですが、リーマンショック以降の業界の傾向を示す興味深い調査結果だと言えます。

そんな折、私たちオフショア大學は、次世代オフショア開発の事業形態を模索すべく、大規模な専門シンポジウムを立て続けに開催することになりました。

シンポジウム第一弾は、11月7日(土)、中国浙江省の烏鎮(うちん)という風光明美な観光都市で開催されます。

中国政府系のこの手の大会では、誘致担当の政府要人が笑顔で出迎えて「我が街に進出すれば、こんな優遇政策を受けられます」と大風呂敷を広げます。現地要人との人脈を広げるためには意味がありますが、講演内容に目新しさはありません。

ですが、私たちオフショア大學がイベント開催を運営協力すると、一味もふた味も変わります。今回は、単純な「人件費の鞘取り」では物足りない企業にとって、特に役立つ講演、視察、交流機会が満載です。

実際、今回の浙江省烏鎮シンポジウムの全行程に私も同行します。なぜなら、不況期の今こそ次世代オフショア推進の種を植えておく必要があるとひしひしと感じているからです。

シンポジウム第一弾は、中国浙江省人民政府のご厚意により、会場代や食事代などは全て無料で提供していただけることになりました。

今回、私は初めて烏鎮(うちん)という地名を知りましたが、最近は日本の大手旅行会社も水郷リゾート「烏鎮」への観光旅行を盛んに宣伝しています。興味津々です。

それと、日本在住で烏鎮シンポジウムに参加できない方には申し訳ありませんが、各スポンサー様のご協力のおかげで、とんでもない参加特典を4つ付けました。詳しくは、下記専用サイトをご覧ください。(かなりお金を使っています)

4大特典が嬉しい中国浙江省烏鎮シンポジウム(11/7)
http://www.offshoringleaders.com/forum2009wuzhen/

■ 問いかけ

<問1>中国浙江省の省都はどこですか?
<問2>中国浙江省と日本の関東地方、面積が広いのはどちら?
<問3>中国浙江省と日本の関東地方、人口が多いのはどちら?
<問4>今朝発表された今年7月~9月期の中国GDP伸び率は?
<問5>中国浙江省に限定した今年7月~9月期のGDP伸び率は?

| | Comments (0)

うちはオフショア開発をやめました

最近こんなセリフをよく耳にします。

「うちはオフショア開発をやめました」

これには二つの意味があります。

(1) 不況で仕事量が減ったので、海外発注をやめた
(2) 中国子会社を設立したので、外部委託をやめて内製化する

数の上では圧倒的に(1)が目立ちます。ただし、今後は(2)を志向する会社が増えるのではないかとオフショア大學は予想しています。

もともと(2)内製化が主流だった組込系ソフトウェア分野と同様に、これからは業務系アプリケーション分野でも同様な流れが加速しそうです。

一口にオフショア開発といっても、実際にはインハウス型とオフショア・アウトソーシング型に大別されます。前者は内製化のことであり、ODC(Offshore Development Center:オーディーシー)と呼ばれます。後者は、一般にオフショアリング(Offshoring)と呼ばれます。

本ブログでは、無意識のうちにこの二つを混同していましたが、これからはインハウス型とオフショア・アウトソーシング型を明示的に区別する機会が増えそうです。

今後は、ハイブリッド型オフショアリング(Hybrid Offshoring)と呼ばれる形態も見逃せません。ハイブリッド型オフショアリングとは、資本比率が50%未満の海外合弁会社を活用するオフショア開発方式です。実は、本誌の造語です。

ハイブリッド型オフショアリングの特徴は、以下の通りです。

a)合弁会社の経営に日本から口出しする
b)合弁会社のプロジェクトに日本から現場介入する
c)日本側の費用負担で合弁会社の人材育成を推進する
d)将来の現地市場開拓を見据えて、合弁相手の営業力を重視する
※ d)が重要。市場開拓がなければ無意味かも

まとめ
オフショア開発には二つの意味があります。
・インハウス型
・オフショア・アウトソーシング型

さらに、二つを掛け合わせた
・ハイブリッド型オフショアリング

も今後注目を浴びるでしょう。今号のタイトルは、単純な人件費の鞘取りを狙う「オフショア・アウトソーシング型」を徐々に減らしたいと考える経営者の本能を表わします。

■ 問いかけ

<問1>インハウス型、オフショア・アウトソーシング型、さらに、二つを掛け合わせたハイブリッド型オフショアリングのメリットとデメリットを「3×2表形式」でまとめなさい。

<問2>インハウス型、オフショア・アウトソーシング型、さらに、二つを掛け合わせたハイブリッド型オフショアリング、あなたはどの形態を好みますか?

インハウス型
オフショア・アウトソーシング型
ハイブリッド型オフショアリング
その他

結果を見る
コメントボード

締切:2009年10月29日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

| | Comments (0)

上場企業のSI売上・営業損益データ一覧

システム構築/情報サービス事業を営む主要な上場企業の売上と営業損益のデータを列挙します。

<NEC「ITサービス分野」2009年度第1四半期>
・売上高:1,697億円(▲7.6%)
・営業損益:▲1億円(前年同期比 30億円改善)

<日立製作所「情報通信分野」2009年度第1四半期>
・売上高:4,716億円(▲21%)
・営業損益:32億円(▲86%)

<富士通「ソリューション/SI」2009年度第1四半期>
・売上高:2,390億円(▲9%)
・営業損益:19億円(▲83.9%) ... 本業は堅調とのこと
アウトソーシングサービスは、堅調に推移しましたが、SIビジネスについては、公共分野が好調であったものの、企業の投資抑制などにより、金融及び製造・流通分野においてATM、POSシステム関連のソリューションを中心に減収となりました。

<NTTデータ 2009年度第1四半期>
・売上高:2,693億円(+10.0%) ... 企業買収により
・営業損益:166億円(▲21.3%)

<NRI「ITソリューションサービス」2009年度第1四半期>
・開発の売上高:325億円(▲5.5%)
・運用の売上高:370億円(+7.9%)
・中国への発注実績:41.5億円(+6.7%)

<ITホールディングス連結 2009年度第1四半期>
・売上高:659億円(▲21.6%)
・営業損益:8.5億円(+12億円)
・アウトソーシング・ネットワーク分野売上高:809億円(+7.3%)
・ソフトウェア開発売上高:274億円(▲8.9%)

<大塚商会「SI事業」H21年12月期第2四半期>
・売上高:1,256億円(▲17.4%)
・営業損益:101億円(▲34.4%)

<CTC H22年3月期第1四半期決算短信>
・売上高:597億円(+1.9%)
・営業損益:93億円(+558.3%)
流通、公共向けなどにおいて売上高は増加基調。システム運用等を中心にサービス売上高も増加。

<新日鉄ソリューションズ H22年3月期第1四半期決算短信>
・売上高:326億円(▲6.3%)
・営業損益:19億円(+33.8%)

<富士ソフト H22年3月期第1四半期決算短信>
・売上高:360億円(▲6.4%)
・営業損益:0.7億円(▲92.1%)
・ソフトウェア開発関連の売上高:284億円(▲9.0%)
・ソフトウェア開発関連の営業損益:4億円(▲15億円)

<CSK「情報サービス」H22年3月期第1四半期決算短信>
・売上高:366億円(▲21.0%)
・営業損益:6.8億円(▲60.5%)

<日本ユニシス H22年3月期第1四半期決算短信>
・売上高:546億円(▲3.2%)
・営業損益:37億円(H22通期予想160億円)

<住商情報システム H22年3月期第1四半期決算短信>
・売上高:283億円(▲4.9% H22通期予想 1340億円)
・営業損益:6.7億円(▲21.6% H22通期予想 75億円)

<トランスコスモス H22年3月期第1四半期決算短信>
・売上高:375億円(▲6.9% H22通期予想 1530億円)
・営業損益:5.4億円(H22通期予想 45億円)

<電通国際情報サービス H22年3月期第1四半期決算短信>
・売上高:112億円(▲21.5% H22通期予想 678億円)
・営業損益:▲20億円(H22通期予想 10億円)

<ソラン H22年3月期第1四半期決算短信>
・売上高:113億円(▲12.6% H22通期予想 555億円)
・営業損益:▲5.3億円(H22通期予想 28億円)

■ 問いかけ

<問1>システム構築/情報サービス事業を営む主要な上場企業の直近データをみると、厳しい市場環境が理解できます。日本のソフトウェア人口動態に与える影響を分析しなさい。

<問2>「システム構築/情報サービス事業を営む主要な上場企業」を思いつくままに拾い上げましたが、抜け漏れがあればお知らせください。

| | Comments (0)

まもなく告知!オフショア開発シンポジウム2009秋

こんにちは、本誌発行人の幸地司です。
2009年11月は、ビックイベントが目白押しです。

 第2回オフショア開発シンポジウム
 オフショア開発フォーラム2009 IN 東京
 日時:2009年11月17日(火) 10:00-17:00
 会場:東京しごとセンター(飯田橋)
 主催:オフショア開発フォーラム実行委員会
 同日夜は、同じ会場でチュートリアルを開催する予定です。

 烏鎮大会 オフショア開発シンポジウム2009
 日時:2009年11月7日(土)
 会場:烏鎮市(政府提供の会場)
 主催:浙江省政府
 共催:オフショア開発フォーラム実行委員会

 無錫大会 オフショア開発シンポジウム2009
 日時:2009年11月10日(火)
 会場:無錫市(政府提供の会場)
 主催:オフショア開発フォーラム実行委員会

申し込み方法:まもなく発表! 今しばらくお待ちください。

| | Comments (0)

NEC、2010年3月までに中国オフショア加速で100億円削減を目指す

NECは、ソフトウェア開発の製造原価を連結ベースで300億円削減すると発表しました。中国オフショア開発にとって、この動きは追い風となるでしょうか。

一般に、大手によるシステム開発の原価削減は、内的な方法と外的な方法に大別されます。

(1) 内的:プロセス改善、技術革新などによる生産性向上
(2) 外的:外注先の集約と見直し、オフショア比率の向上

NECの2008年度有価証券報告書から、関連する項目をざっと洗い出します。

2008年度「IT/NWソリューション事業」
・従事者:81,701名
・売上高:2兆7,239億円(▲5.0%)
・営業利益:1,249億円(▲22.3%)
・研究開発費:1,625億円
・設備投資費: 218億円(▲8.9%)

NECは、今年度から「ITサービス/SI分野」というセグメントで決算数値を出すようになりました。当ブログにとって、大事な数値はこちらです。

<NEC、2008年度「ITサービス/SI分野」>
・売上高:8,245億円(▲1.0%)

NECグループ全体の売上高は、NTTへの依存度が高く11.2%を占めるとのこと。もっとも、SI分野はそこまでNTTへの依存度は高くないと思いますが。

NECの2009年度第1四半期報告書から、最新の営業状況を確認します。

<NEC、2009年度第1四半期「ITサービス分野」>
・売上高:1,697億円(▲7.6%)
・営業損益:▲1億円(前年比同期比 30億円改善)
・研究開発費:11億円

世界不況の影響によって、NECに限らず大手のSI分野は軒並み前年同期比から大幅な売上ダウンとなっています。例えば、日立製作所の2009年度第1四半期の売上高と営業利益は、それぞれ前年同期比21%ダウン、86%ダウンとなっています。

<日立製作所、情報通信分野2009年度第1四半期>
・売上高:4,716億円(▲21%)
・営業損益:32億円(▲86%)


ここで話題をNECに戻します。NECグループ「ITサービス/SI分野」2010年度の売上高は、第1四半期実績を単純に4倍するとおよそ6,800億円。昨年実績のマイナス7.6%だとすると、8,245億円 x 0.924 = 7,618億円。

今回、NECが目指す300億円の開発費削減とは、営業利益をおよそ4%改善させる効果に相当します。

NECのソフト開発外注比率を50%とすれば、外注高はおよそ3,500億円。ということは、「300億円の開発費削減」とは約9%の外注費削減となります。

NECのソフト開発外注比率を60%とすれば、外注高はおよそ4,200億円。ということは、「300億円の開発費削減」とは約7%の外注費削減となります。

逆に、今年度のNECのソフト開発外注比率が30%とすれば、外注高はおよそ2,100億円。ということは、「300億円の開発費削減」とは約14%の外注費削減となります。つまり、外注比率が低いほど開発削減という手段は厳しい選択だといえます。

2009年度第1四半期の営業損益が▲1億円という危機的な状況を打開するために、NECは従来の下請け業者(business partner)に「開発費○%一律削減」と通達する手もあります。ところが、今回はパートナー企業の集約と中国オフショア拡大で乗りろうと考えているようです。

・従来2000社の下請け → 130社に集約し、200億円のコスト削減
・中国オフショア加速 → 100億円のコスト削減


<クイズ>
NECの2009年度ソフト開発/SI年間売上を7,000億円、外注費を3,348億円(外注比率=半分弱)だと仮定します。さらに、話を単純化するために、NECは毎月30,000名の外注を使っており、年間では36万人月分を外注していると仮定します。

NECが外注する毎月30,000人のうち、10%の3,000人月が中国オフショア発注人月工数だとします。

現在の国内外注単価を100万円/人月
現在の中国外注単価を 30万円/人月

「国内下請け業者の整理整頓で200億円の外注費削減」「中国オフショア加速により100億円の外注費削減」という2つの目標を同時に達成するためには、国内外注比率と国内外注単価、そして中国オフショア比率と中国発注単価それぞれどの値に設定すればよいでしょうか?

SI開発コストを300億円削減 NEC http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20091017AT1D1101H16102009.html

NECは2010年3月期中に情報システム構築とソフトウエア開発のコストを前期比で300億円(連結ベース)削減する。下請け会社への発注の集約や、海外へのソフト開発委託を進める。同社は10年3月期中に連結ベースの資材調達費・外部発注費を前期比で約1割(2000億円)削減する収益改善策に取り組んでおり、その一環となる。
NECグループが取引するシステム構築・ソフト開発の下請け会社約2000社のうち、取引の多い約130社で組織する「NECソフトパートナー会」を発足させた。所属企業に業務を集中的に発注し、1社当たりの発注額を大幅に増やしながら発注単価を引き下げる。この分で200億円のコスト削減につなげる。さらに中国を中心に海外へのソフト開発委託を加速することで100億円の削減を目指す。(日経新聞 2009/10/17 07:00)

| | Comments (0)

2015年は子育てパパ/心身症/介護者で溢れかえる

昨夜は、オフショア大學主催の教科書出版記念セミナーでした。普段は少数精鋭の研修トレーニングに徹する私ですが、昨夜は久しぶりに「講演」しました。

●演題

不況期にオフショア推進する意義と企業内人材育成の戦略的考察

●内容

・2015年には、日本人のソフトウェア産業従事者が最大で□割減ると推測されます。あなたの会社は、□□□の対策を検討すべきである。

・そろそろ"ゆとり世代"と呼ばれる若い日本人世代が入社します。あくまでも一般論ですが、彼らの価値観では、サービス残業や長時間労働、「空気を読め」のようなモーレツ放任主義、丁稚奉公は無意味です。あなたの会社は、□□□の対策を検討すべきです。

・2015年には、団塊ジュニア世代と呼ばれる40~50歳がソフトウェア業界を牽引する管理職になります。ところが、彼らの過半数は共働きであることから、子育てや両親の介護問題などで時間制約を抱えるようになります。しかも、ソフトウェア開発プロジェクトの工期は短くなる一方であり、その上さらに初対面のメンバーと仕事をする機会が激増します。「飲みニケーション」などで人間関係を作る時間がなくなり、腹を割って話し合うことなく淡々と仕事するようになる可能性があります。しかもITは3K職と揶揄されます。あなたの会社は、□□□の対策を検討すべきです。

<参考>
小室淑恵(2008)、なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術、日本能率協会マネジメントセンター

リクルートHCソリューショングループ (2008)、実践ダイバーシティマネジメント、英知出版

オフショア大學標準テキスト(2009)、オフショアプロジェクトマネジメント、技術評論社

●受講者の声

・報酬マネジメントについて、今まさに悩んでいる部分についてひんとをいただけました。理論は知っていても、実践できていなかったのでテキストを読んで自社に適した仕組みを構築したいと思います。

・新しいテキストには、今回も具体例が沢山ありそうで前回同様に期待しています。いつも有意義な情報をくださり、ありがとうございます。

・基本を抑えていて分かりやすいテキストだと思います。じっくり
読んでみます。

・日本のIT業界は、この不況を機に変わらなければ。

・経験に対しての独自の見解が参考になります。


■ 問いかけ

<問1>“研修トレーニング”と“講演”を比較対照しなさい。

<問2>オフショア推進に関する研修トレーニングの評価指標を検討しなさい。同様に、オフショア推進に関する講演の評価指標を検討しなさい。

<問3>オフショア大學では、2015年までに日本人ソフトウェア産業従事者は激減すると予測しています。その理由を分析しなさい。

<問4>"ゆとり世代"と呼ばれる若い日本人世代が入社してきたら、あなたの会社の組織人事制度やマネジメント評価観は変化しますか。

<問5>2015年、すなわち僅か5~6年後には、団塊ジュニア世代と呼ばれる人々が40~50歳になります。もし、ソフトウェア開発現場に子育てパパ・心身症・要介護の親を抱えるメンバーで溢れるようになったら、あなたの会社は今のままでやっていけますか?

今の状態でも十分やっていける
持続的改善を怠らなければやっていける
劇的な改革を断行すればやっていける
我が社は2015年まで生き残れない
その他

結果を見る
コメントボード(2015年までの行動計画を書き込む)

締切:2009年10月22日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

| | Comments (0)

手帳のスイッチングコスト

曼荼羅
あなたは、仏教の曼荼羅(まんだら)をご存じでしょうか。

私がビジネスと曼荼羅の深い関係を知ったのは、好川哲人さんが主催する某PMセミナーでした。確か2005年頃に受講したような記憶があります。

最近では、私が主催する仕様書セミナーでも曼荼羅を引き合いに出すようになりました。線形的な論理思考と全体思考的な発想法の違いに触れて、「東洋精神と西洋精神の違い」を解説します。

とはいえ、私は仏教についてはまるで素人なので、さすがに新著オフショアプロジェクトマネジメント(技術評論社)には書きませんでした。

先日、仏教の曼荼羅をモチーフとするマンダラチャートと呼ばれる思考法のイベントに出席しました。そこで、曼荼羅を使った様々なビジネス応用事例を目撃しました。

あたらしもの好きな私は、さっそくその場で曼荼羅を基盤とする来年度の手帳を購入。これまで長年「7つの習慣」でお馴染みのフランクリン手帳を使ってきましたが、ここらで気分転換を図ってみようと思います。

ビジネスパーソンなら誰しも肌身離さず持つ手帳ですが、そのスイッチングコストは意外に低いかも。実際、紙の手帳を辞めてケータイやiPhoneに移行する人も少なくなさそうだし。

| | Comments (0)

エレベーターから降りる順番

外資系企業が入居する東京のオフィスビルで目撃される風景より。

ラテン系の男性がエレベーターから降りるときは「僕が扉を抑えています!」と強烈にアピールしながら女性を先に降ろします。普通なら、人差し指で軽く「開くボタン」を押せば良いだけなのに、ラテン系男性の根性には脱帽です。

外国人女性、帰国子女の女性などは、西洋流レディーファーストの精神に従い、自分が最初に降りることが当然と教育されています。一方、特に日系の大企業勤務の日本人年配男性は、年上の自分が先にエレベーターから降りることが当然と思っています。

例えば、ラテン系男性と日本人女性が同じエレベーターから降りようとする場面。ラテン系男性がエレベーターの扉を押さえている状態で、女性も男性が降りるのを待つ状態で両方待っている間に、人がドヤドヤっと乗ってきてしまい、結局二人とも降りられない、と言った笑い話があります。

出典:グローバルソーシングレビュー2009年9月号 pp.18-26

■ 問いかけ

<問1>上記の笑い話でエレベーターを降り損ねたラテン系男性と日本人女性が同じチームに所属することになりました。仕事において、この二人の相性は?(よい/悪い/どちらとも言えない)

<問2>上記の笑い話から得られる教訓を、異文化ビジネスの観点から論じなさい。

<問3>西洋流レディーファーストの精神が染み付いた帰国子女の女性と「年上=目上」を当然だと考える日本人年配男性が同じエレベータに乗りました。その後に予想される物語を創作しなさい。

| | Comments (0)

予告オフショア開発フォーラム2009

こんにちは、当ブログ主宰者の地司です。

オフショア開発フォーラム2009 in 東京、今年もやります。

オフショア開発フォーラム2008
(昨年の様子

只今、会場および講演者の最終調整中ですが、今年は11/17(火)を予定しています。100名以上動員した昨年のシンポジウム同様、2009年も朝から夕方までみっちりオフショア講演三昧です。

会場は、朝9:00から夜21:00までがっちり確保しました。1ヶ月の開催となりますが、まずは予定を空けておいてください。専用申し込みフォームが完成したら、すぐにお知らせします。詳細案内は今しばらくお待ちください。

 第2回オフショア開発シンポジウム
 オフショア開発フォーラム2009 IN 東京
 日時:2009年11月17日(火) 10:00-17:00
 会場:東京都内を予定
 定員:180名
 参加費:昨年と同水準
 主催:オフショア開発フォーラム実行委員会
 申し込み方法:後日発表

※同日夜は、同じ会場でチュートリアルを開催する予定です。

| | Comments (0)

事例研究の落とし穴

中国の幹部教育 教育計画
中国では会社に育てていただいたのだからと薄給に我慢するという習慣はありません。能力が付けば賃金が上がるのは当然という理屈ですから、処遇・評価制度が充実していなければ、貴社は単なる「職業訓練学校」に成り下がります。
出典:佐藤忠幸、グローバルソーシングレビュー2009年9月号

事例研究(case study)は、ある程度経験を積んだ社会人にとって、暗記中心の知識学習よりもすぐれた学習効果をもたらします。優秀な指導者から事例研究の指導を受けると、従業員のコンピテンシー開発に大きく役立ちます。ところが、企業研修で事例研究を用いると、次のような非難の声があがってきます。

a) 前提条件の少ない事例研究を使った学習効果は疑問です。

b) このケースは我が社には当てはまらないので、学ぶ意味がありません。

c) このケースの答えは「どちらともいえない」。なぜなら、状況によってどうとでも解釈できるからです。もっと詳細な情報が与えられないと、この事例研究には答えられません。(だから、この研修は無意味です、と言いたい)

■ 問いかけ

<問1>オフショア研修において、初心者向け研修と経験者研修の違いを述べなさい。

<問2>オフショア研修において、日本人向け研修と外国人研修の違いを述べなさい。

<問3>来年度からオフショア未経験の日本人ベテラン従業員も、否応なしにオフショア開発プロジェクトに投入されます。不況期ゆえ、彼らに拒否権はありません。会社都合によるオフショア推進チームへの配置転換を円滑に進めるための施策を検討しなさい。

<問4>事例研究が非難される理由を2つ挙げなさい。

| | Comments (0)

経験豊富な先輩技術者として助言したけど一つ落とし穴が

オフショア大學の通信講座グローバルソーシングレビュー2009年9月号より。

Q.オフショア先の若き技術者らの経験不足を察知したら?
A.経験豊富な先輩技術者として助言する

多少、日本人的な思考回路かもしれませんが、私はオフショア先のプロジェクトマネージャへ以下の提案を持ちかけました。

「UMLを上手く使えば設計作業がやりやすくなりますよ。中国でも UML の書籍は手に入るでしょう? 私もそちらへの文書は UML ベースにしますよ」

かくして中国の若き技術者達は、書店で UMLの入門書を数冊購入し、大変な速度で読み込み、次々と自分達の物にしていきました。ちなみに、中国版UML入門書のほとんどは邦書の中文訳本でした。

■ 問いかけ

ところが、心やさしい日本人の先輩技術者は、ここで一つの間違いを犯しています。お気づきでしょうか?

| | Comments (0)

若き技術者らの経験不足を察知したら

海外のオフショア委託先で、若き技術者らが何やら設計について議論しています。ところが、彼らは、全て口頭だけでやりとりしています。また提示した解決策の根拠を示せないで紛糾している模様。

あなたは直感的に、技術者達の経験不足を察知しました。ところが、あなたは現地語(中国語、英語、ベトナム語など)を理解できません。

この場面に立ち会うあなたは、どう対処しますか?

出典:グローバルソーシングレビュー2009年9月号

| | Comments (0)

異なるムラ同士は互いを外部環境とみなす日本文化

拙著オフショアプロジェクトマネジメント【PM編】より。

日本人は自分が所属する集団(ムラ社会)のルールは守りますが、他のムラのルールは積極的に守ろうとしません。日本人は「赤信号みんなで渡れば怖くない」のような日和見的な発想があり、中国人の順法精神とは明らかに異なります。

その原因は、異なるムラ同士は互いを外部環境とみなす日本の文化的特徴から説明がつきます。

日本:
・ムラのルール優先
・個人の都合よりも集団の都合を優先
・下請け業者の都合より自社の都合を優先

京都の「一見さんお断り」は有名な風習です。「赤の他人」に対する態度に関しては、日本社会は欧米や中国と比べて極めて強い排他的な性質を持つようです。

中国や欧米の社会では、気軽に「赤の他人」に声をかける習慣があります。広大な中国社会では人の移動が激しく、毎日「一見さん」ばかりと出会うので、日本のように仲間内だけで固まってムラ社会を構成する方法は効率が悪いと考えられます。

日本:
・「赤の他人」のルールを軽視
・業者に自社のやり方を押し付ける
・パートナーと呼ばれる取引先でも、不景気にはあっさり切る

このような背景から、日本と中国では、集団が守るべきルールや規範に対する認識に大きな隔たりが生じたと考えられます。これは、善悪の問題ではなく、単なる文化的特徴の差異に過ぎません。安易な相手国批判は慎みましょう。

| | Comments (0)

日本人がルール違反する理由と中国人がルール違反する理由

次の問いに答えなさい。

中国人は自分勝手だと思われがちですが、日本人だってルールを守りません。違法なサービス残業、高速道路のスピード違反など。日本人がルール違反する理由と中国人がルール違反する理由を比較して、共通点と相違点をそれぞれ列挙しなさい。

・・・あなたの答えをコメント欄に記載しなさい。

| | Comments (0)

日本人が求めるプログラマ像

年度末対応やオフショア開発実践セミナーの慌ただしさに隠れていましたが、今週オンライン受業のオフショア大學第6期が修了しました。中国やインドから受講されたみなさま、お疲れ様でした。

オフショア大學第6期では、英語コミュニケーション/パッケージ開発/保守重視などの観点から、これまでとは趣の異なる議論が展開されました。そして、オンラインコースの最終課題では、「外国人若手SE向け教育コンテンツを検討せよ」というグループ課題が出題されました。

今回、受講生がまとめた外国人若手SE向け教育コンテンツは、次の三領域で構成されます。
(1) 日本企業が求める品質意識、擦り合わせ
(2) 対日オフショア業務に直結する日本商慣習/日本文化適応
(3) 対日オフショア業務で活躍するためのブリッジSE基礎知識

繰り返しますが、オフショア大學グループ課題の要求仕様は、対日オフショア業務での活躍が期待されれる外国人若手SEの教育コンテンツ開発です。

そのため、日本人SEの常識と外国人SEの常識が一致しない特異領域に焦点を絞ってレポートを書くと、よい点数が与えられます。逆に、元請けの大企業でしか通用しない価値観の押しつけのようなレポートが提出されると、私から厳しい指摘を食らいます。

例えば、次の四択問題は実に興味深いと思います。

<問1-5>日本人が求めるプログラマ像に最も近いものを、以下の選択肢の中から1つ選びなさい。
(1) とにかく実装スピードが速い
(2) 実装スピードはやや速く、コーディング規約を守る
(3) 実装スピードは、普通だが、コーディング規約を守り、かつ、
  共通ロジックや影響範囲を見極めた上で、実装を開始する


■ 問いかけ ■

<答1-5> (3)
日本人にとっては常識ですね。日本人の正解率100%でしょう。

では、ここで問いかけ。上記<問1-5>を来日経験がない20代の外国人若手技術者に出題しました。正解率は一体どれくらいでしょうか。

100%
80%
50%
20%
0%

結果を見る
コメントボード
締切:2009年10月10日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com

| | Comments (1)

「仕様書の詳細化」はオフショア開発成功の秘策ではない

先日1年ぶりに開催されたオフショア開発実践セミナーより。

講師:海外に提供する仕様書のコツは、記述粒度を細かくするよりも、文書全体の記述粒度を統一させることです。つまり、下手に頑張って仕様記述レベルを詳細化するよりも、粗くてもいいから全体の統一感を保ちます。

受講生:以前、私の部署でオフショア先に粗い仕様書を出したところ、明らかに仕様曖昧な箇所があるにもかかわらず、彼らは事前確認もせず勝手にプログラムを作り込んできました。

・・・・・・(質疑応答2分間)

講師:ということは、問題発生の根本原因は□□□□□□□ですね。したがって、再発防止策として「仕様記述粒度を細かくする」と掲げても、同種の問題再発は防げないでしょう。なぜなら、仕様書の詳細化は、根本原因とは無関係だからです。

受講生:なるほど、確かに・・・(目から鱗)。

講師:ということで、有効な再発防止策は□□□□□□□だと推測されますが、いかがでしょうか。

受講生:その通りだと思います。この解決策は、全く思いつきませんでした。

■ 問いかけ

「仕様書の詳細化」はオフショア開発成功の秘策とは言えません。

アルコール依存症の患者に向かって、医者が「酒を飲まないことが健康になる秘訣です」と説いたところで、いったい何の意味があるというのでしょうか?

同様に「相手とよくコミュニケーションする」「内部レビューに時間を割く」も有効な解決策ではありません。


先日のオフショア開発実践セミナーでは、短い時間の質疑応答だけで見事に問題発生の根本原因に斬り込みました。

ここで問題です。

前出の会話に代表される「仕様曖昧/確認不十分/仕様バグ」の問題を解決するために有効な質問法を検討しなさい。

ヒント:納期絶対主義

| | Comments (0)

祝・アイコーチ第8期目

今日からアイコーチ株式会社は第8期目に入ります。あっという間でした。これからも、よろしくお願いします。お祝いメッセージを歓迎します!

| | Comments (7)

« September 2009 | Main | November 2009 »