« ベトナム現地法人社長は片道切符で赴任 | Main | オンサイト比率3:7を目指す »

NEUSOFTの初級人材供給プログラム

先日、開催されたオフショア開発フォーラム2009 in 東京より。

Neusoftslide01

演題:オフショア企業の人材育成と現状
講演者:野澤 幸弘(NEUSOFT Japan株式会社 第一システム事業部事業推進室室長)

Neusoft

NEUSOFT(東軟)といえば泣く子も黙る中国ナンバーワンのアウトソーシング業者です。2008年度の売上は5.05億米ドル(約450億円)。うちITアウトソーシング分野の売上は1.7億米ドル(約150億円)。さらに日本向けの売上は1.4億米ドル(約125億円)です。

驚異的な実績を誇る同社ですが、中国人ソフトウェア技術者の実力不足、経験不足、高コスト化、そして高い離職率には常に悩まされています。

そこで、同社は中国における圧倒的な知名度と資本力を活かして、強力な人材育成システムと人材募集のネットワークを構築しました。

NEUSOFTが掲げる人材供給および人材育成の計画は、下記5段階に分かれます。

1.初級人材開発・大規模供給計画
2.中級SE専門育成計画
3.高級技術人材専門育成計画
4.BSE専門育成計画
5.PM専門育成計画

NEUSOFT は、このような様々な専門育成プログラムを段階的に提供することで、中国ソフトウェア人材のピラミッド構造を構築しようと考えています。

以下、NEUSOFT の講演資料から、同社が提唱する初級人材育成システムの流れを紹介します。

□step1 入社教育

 企業文化を理解(勤勉・熱心・情熱)

□step2 通用技術トレーニング

 専攻知識と技術をマスター

□step3 外国語教育

 日本語国際検定試験四級取得、基本的な日本語力をマスター

□step4 実戦訓練(OJT)

 ソフトウェア開発プロセス規範に基づき、専攻知識と技術を運用し、プロジェクトを完遂

その他にも、NEUSOFTは、IT学院と呼ばれる情報系専門学校と提携した初級ソフトウェア人材育成にも系統的に取り組んでいます。

Neusoftslide10

以下、幸地コメント

・座学が有効な分野=step2 と step3
・OJT が有効な分野=step1 と step4

中国の教育方針に対しては、一部から「詰め込み型教育」と揶揄されます。ですが、NEUSOFT が掲げる初級人材の大量供給の取り組みは、中国では最も効率的な教育方式です。

その一方で、「PM専門人材育成計画」、すなわち、高級プロジェクト管理者の育成については課題が残ります。ただし、NEUSOFT だけはなく、中国ソフトウェア業界全体の課題だと考える方が健全です。

なぜなら、たとえ中国ソフトウェア業界に米国MBA のようなPM専門養成機関が存在しても、教育投資として1~2年間という時間を割くのは費用対効果の面から極めて非現実的だからです。

今の中国オフショア業界には、優秀なPM候補生を2年間企業留学させる人的余裕はありません。なぜなら、優秀なPM候補生なら、わざわざ教育せずとも「今すぐに稼げる」というのが中国オフショア業界の現状だから。

これが、費用対効果の面から、中国人の高級PM育成に本気で取り組まない理由です。現在の中国ソフトウェア労働人口動態を鑑みるに、現在オフショア大學が提供する1~2ヶ月の eラーニング方式が、最も優れた高級人材育成の方式の一つだと言えます。

今後、中国ソフトウェア業界の人口ピラミッドが厚みを増してくると、PM専門養成機関の役割が重視されるようになるでしょう。オフショア大學MBAプログラムは、そこに照準を合わせています。

|

« ベトナム現地法人社長は片道切符で赴任 | Main | オンサイト比率3:7を目指す »

Comments

さすがNEUSOFT ですねぇ。このような取り組みをすること自身、中国企業として偉大ですね。

Posted by: タケチャン | November 28, 2009 at 02:17 PM


松 葉 崩 しした時の女の横顔マジやばいよなあぁ(´ー`)y─┛~~

http://daisuki.twwitta.net/gw4mvia/

表情工ロすぎて見とれてたら生 セ クしてる事忘れてて
そのままうっかり中 出 ししてしまったしwwwwwwwww
まー頼まれて生 セ クしてたんだし、別に俺悪くねーよなー?

Posted by: 中 出 し気にしないwwww | December 01, 2009 at 07:49 AM

タケチャンさん、Neusoftさんとは今後教育分野で提携していく予定です。先方とうちでは知名度・規模ともに全く違いますが、まずは当方の得意分野を提供して、オフショア大學が有する独特な特殊価値を幹部に認めてもらいます。

Posted by: 幸地司 | January 22, 2010 at 09:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ベトナム現地法人社長は片道切符で赴任 | Main | オンサイト比率3:7を目指す »