« 過激すぎて書けない基調講演 | Main | 平均年齢26歳の投資誘致組織、無錫O-Park »

世界におけるコンピュータ科学技術分野の役割分担

今日私は、中国無錫で開催されるオフショア開発フォーラム2009 in 無錫に主催者として出席しています。今朝の基調講演「全球外包時代的国際IT人材戦略」から、興味深い話を抜粋します。

日本には4大権威があります。

 1.朝日新聞
 2.岩波文庫
 3.NHK
 4.東京大学

もし、中国が日本に対してアウトソーシング政策や投資環境を効率よく宣伝したいなら、これら4つの権威を利用すると良い。東アジアに位置する日本は、中国と同様に権威主義的な特徴があります。ところが、日本の特徴は権威を「シンボル化」することです。

コンピュータ科学技術分野では、常に下記の図式が成立します。

 企画・設計の提供者 = 米国・英国
 生産・品質の提供者 = 日本
 アプリケーション利用者 =先進国を中心に世界中

将来、情報通信サービス分野で中国と日本が硬く協業するなら、中国は(      )、日本は(     )を担当する。

 出典:中村維男、米国スタンフォード大学客員教授

|

« 過激すぎて書けない基調講演 | Main | 平均年齢26歳の投資誘致組織、無錫O-Park »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 過激すぎて書けない基調講演 | Main | 平均年齢26歳の投資誘致組織、無錫O-Park »