« その日本語が毒になる! | Main | 幼児が飲み物を床にこぼした後始末から考察(1) »

身内的親密関係なくしてオフショア成功なし

<原則>顔が見えない相手との身内的親密関係なくしてオフショア開発の成功なし

日本人と中国人が共同開発する際、異文化接触上の問題を多く抱えます。異文化接触の時間的・段階的変化を調べた研究によると、異文化接触の局面に応じて心理状態はU型もしくはW型の曲線を描くことが分かっています。

Wcurvemodel

1)異文化接触前の段階
心理状態=high(中国赴任が決まった。頑張ろう)

2)異文化接触の直前
心理状態=low(中国渡航を目前に不安な気持ちが大きくなる)

3)異文化接触開始
心理状態=high(中国は面白い!)

4)異文化接触からしばらく経ち、環境に慣れた段階
心理状態=low(中国への不満と脅威、カルチャーギャップ)

5)カルチャーギャップを克服した段階
心理状態=high(住めば都、人間関係もすこぶる良好)

6)日本への帰国間際
心理状態=high(中国大好き、みんなと別れたくない)

7)日本への帰国直後
心理状態=high(何だかんだ言って、日本は居心地よい)

8)日本に帰国後しばらく経ち、常識に疑問が生じだした段階
心理状態=low(日本は変だ、本社は分かっていない)

9)日本も中国もそれぞれ客観的に認知できる段階
心理状態=high(両国文化をありのまま受入れ、かつ統合する)

参考:Lysgaard, S., Gullahorn, J.T, & Gullahorn, J.E.
※上記(3)~(9)を時系列でグラフ化するとW字曲線を描く

上智大学の渡辺文夫教授は、異文化接触プロセスにうまく対応する能力(compepency)を「統合的関係調整能力」と説いて、当該能力を開発するトレーニング手法まで提唱しました。

2月23日に開催される第36回オフショア開発勉強会では、オフショア開発における異文化接触の事例を題材に、日本語話者向けの関係調整能力を高める実践トレーニング技法を解説します。

大学の研究から出発しているため、所々「かたい」専門用語が飛び出します。実際には、多様化したステークホルダーのマネジメントに役立つ関係調整力を高める実践的研究です。どうぞご安心ください。

■ 問いかけ

あなたは、オフショア開発者を対象とした異文化トレーニングを企画運営するよう指示されました。まずは、オフショア初心者が教育対象です。教育効果性の観点から、異文化トレーニングの実施時期と実施頻度を検討しなさい。

ヒント:上記W字曲線を眺めながら、どの時期に、どのような研修を、何回実施すればよいかを考える。

正解は第36回オフショア開発勉強会にて。

|

« その日本語が毒になる! | Main | 幼児が飲み物を床にこぼした後始末から考察(1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« その日本語が毒になる! | Main | 幼児が飲み物を床にこぼした後始末から考察(1) »