« 上海万博から学ぶ受入検査への対応 | Main | 贈与品にレシートを添付する感性 »

面子を理解する

日中の内外環境の違い

現在、開講中のオフショア大學第7期では、中国人の「面子」に関する質問が数多く寄せられました。特に関心が高いのが、食事や飲み会、お土産に関するTipsです。

・中国では客人をもてなすために「食べきれない量の食事を用意する」というが、食べきると面子を潰すとは本当か?

・食事は誘ったほうが全額支払う。誘われた方が財布をだすだけで面子を潰すとは本当か?

・(食事を豪勢に振るまい、なおかつ全額自分で負担する)中国の方は金持ち、貧乏、男女も関係なく「面子」は重要なのでしょうか?

先日の公開セミナー6時間コースでも、同様な質問が飛び出しました。なぜ、最近のオフショア大學受講生は、このような疑問を持つのでしょうか。私は、その理由を以下のように分析します。

<理由1>オフショア初心者はプロセス標準化や監視コントロールの強化といった教科書的な取り組みよりも、まずは相手と中国式の意味で親密関係を築くことを優先せよ。とオフショア大學では泥臭さい交流促進を強調するから。よって、その教えに従い、オフショア初心者は、中国人との交流場面を仮想演習するのではないでしょうか。

<理由2>オフショア大學の門をたたく受講生の裾野が広がり、中国未経験者が増えたから。以前の受講生は、中国経験者(オフショア中級者)が圧倒的多数でしたが、最近はメディアや他人の噂話に振り回されがちな中国オフショア未経験者が増えました。よって、日本と中国にちょっとした「違い」に関心が集まり、ある種の過剰反応を示しているような気がします。リーマンショック以降の新しい傾向です。

中国人の面子に関するTipsは、近所の本屋に関連書籍が並んでいます。一部には単なる中国誹謗論も混ざっていますが、普段はなかなか中国人と接する機会がないオフショア初心者にとっては、中国式「面子」を理解するうえで欠かせない情報源だと思います。

オフショア大學では、本屋に並ぶ一般書籍との差別化を図るために、ビジネスの基本となる人間関係の異文化間相違を理解する2つのフレームワークを導入して、巷に溢れる中国Tipsを解説するよう心がけています。

1)身内環境と外部環境の範囲と強度を分析するフレームワーク
2)信頼関係を「信頼」と「関係」に分割するフレームワーク

そこで、私はオフショア開発セミナー受講生に対して次の課題を出しました。

オフショア大學が提唱する2つのフレームワークを使って、日本人出張者が中国現地のオフショア拠点を視察する際の留意点をまとめなさい。日本人出張者の歓迎会での留意点、特にこれだけはやってはいけない、などのタブーを検討しなさい。

ちなみに、中国語の面子と英語のプライドは別物です。

|

« 上海万博から学ぶ受入検査への対応 | Main | 贈与品にレシートを添付する感性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 上海万博から学ぶ受入検査への対応 | Main | 贈与品にレシートを添付する感性 »