« 次のリーダー候補は子育て中の女性SE | Main | オフショア開発やりがい成熟度の三段階 »

オフショア開発がつまらない3つの理由

「日本向けオフショア開発の仕事はつまらない」という中国人SEの不満をよく耳にします。日本人気質と中国人気質の違いを知れば知るほど、確かにその通りかもしれないと自嘲気味に頷く私。

中国人SEが日本向けオフショア開発がつまらないと感じる理由は、主に3つあると思います。以下、架空の中国人SEの気持ちを代弁します。以下の文章は、あくまでも幸地の妄想です。

1)挑戦的な技術課題が少ない

最先端の知識やツールを駆使して、SEが試行錯誤を繰り返しながら市場に新しい価値を提供する・・・。日本から受託したオフショア開発では、まずこのような仕事にはお目にかかれません。
自分に絶対的な自信を持つ一部の中国人SEにとって、枯れた技術を使い、全く顔が見えない日本人発注者の曖昧な仕様に振り回される対日オフショア開発は、退屈なブルーカラー業務だと感じられます。

2)ハイリスク、ローリターンである

世界標準と比べて少なくとも1桁は低いバグ摘出率が求められる日本向けオフショア開発では、バグゼロを達成したからといって誰からも褒められません。連日、残業を重ねて品質基準を満たしたからといって、臨時ボーナスが支給されることもありません。逆に、プロジェクトのQCD目標が一つでも未達成だと、日本人からこっぴどく叱られます。
一方で、中国市場向け電子商取引サービスを構築運営する中国人SEは、頑張れば頑張るほど売上が伸びます。中国のITベンチャー企業では、自社のサービスが市場にどれだけ受け入れられたかによって評価が決まります。だから、最近では、オフショア開発ベンダーから中国市場向けITベンチャーへの転職が増えています。

3)仕事の裁量権が小さい

多くの日本企業では、工場の生産ラインを参考にしてソフトウェア開発の各種プロセスを設計しています。すなわち、日本人は、SEの業務と工場の肉体労働を同一視します。
したがって、対日オフショア開発では、やれレビューだ、やれコーディング規約だ、やれ日報だと、優秀な大卒エリートを揃えた中国人SEの仕事に干渉してきます。日本人は形式にこだわりすぎです。そこまで中国人が信用できないのなら、なぜ日本人はオフショア開発をやりたがるのでしょうか。

■ 問いかけ

あなたは、「日本向けオフショア開発の仕事はつまらない」という中国人SEの不満を理解できますか。理解できませんか。

理解できる
理解できない
その他

結果を見る
コメントボード

締切:2010年05月26日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/

|

« 次のリーダー候補は子育て中の女性SE | Main | オフショア開発やりがい成熟度の三段階 »

Comments

3つの理由はオフショアだけでなく、日本でも同じです。チャレンジのない仕事は技術者にとって魅力はありません。QCDが達成すれば何らかのInsentiveがあればという意見ですが、開発ベンダーにそのような条件を当たり前に提示できる発注者は中国にも日本にもまだまだありません。アメリカのDodの発注のようにInsentive契約はまだまだ未熟です。発注者側にいるか、受注者側にいるかの大きな違いです。発注者は金を出すから、高品質を求めるのは当たり前で、受注者はそれを達成するためのコスト、要員計画を立てていますから、Insentiveを払う余裕などないのが普通です。発注者側の改革をしない限り、無理なのではないでしょうか。また技術者には単に枯れた技術の開発以外に学ぶことが多くあるはずです。プロジェクトマネジメント手法、設計・開発手法、自分が学ぶべき分野をプロジェクトの中で探すべきです。これが出来ない技術者は大きく成長できないでしょう。

Posted by: Dondon | May 18, 2010 at 04:26 PM

不満は理解できるが、イメージどおりの品が上がってこないのだから仕方ない。どう指示すればいいかのノウハウを持たない日本人が悪い、と言われればそれまでだが。

Posted by: ks | May 18, 2010 at 04:29 PM

Dondonさん、ksさん、コメントありがとうございます。
本アンケートの本質は、オフショア開発の大半は「労働集約型業務」という事実に対する日中SEの認識の違いを明らかにすることです。つまり、平均的な中国人SEにとって、頑張っても報われないのが対日業務。品質管理については別観点ということで。

Posted by: 幸地司 | May 18, 2010 at 04:34 PM

本記事の本質ではない「品質意識」に対する関心が高いようなので、少し補足説明します。
平均的な中国人SEが日本的な品質絶対主義に抵抗する理由は、マイクロソフト程度の低品質ソフトウェア(バグだらけという意味)でも、市場が認めてくれたらOK、という発想があるから。日本のSIには適合しにくい考え方かもしれませんね。

Posted by: 幸地司 | May 18, 2010 at 04:52 PM

こんにちは、中国人です。
幸地司さんのメルマガはいつも拝読させて頂いています。ちょっと一つ意見を言わせて頂きたいのです。
最近、メルマガの内容にはちょっと主観的なものが多いなという感じがします。今回の記事で言いますと、「中国人SEは仕事はつまらないと不満に思っている」という印象を読者に与えてしまいます、これは幸地司さんの言いたかったことであれば問題ないですが、そうでなければ、変な捉え方で理解されてしまうので避けたほうがいいと思いますね。そうしないと、本来勉強を目的としたメルマガはただのスドレスを発散するところとなってしまう恐れがあると思います。
幸地司さんはシステム開発、オフショア開発の最前線で努力されていますので、もっと方法論だとか、実戦の例だとかを教えて頂ければ幸いだなと思います。
あくまで個人的な感覚で書いた物で、ご参考になれたら嬉しいです。失礼しました。

Posted by: プログラ三 | May 19, 2010 at 12:51 PM

プログラ三さん、こんにちは。幸地司です。
オフショア大學を応援する気持ちが感じられる文面ですね。貴重なご意見を謙虚に受け止めたいと思います。ちなみに、過去記事のなかでプログラ三さんが好きなものがあれば教えてください。参考にします。

Posted by: 幸地司 | May 19, 2010 at 04:26 PM

こんにちは、プログラ三です。
別に私が好きなのか嫌いなのかを全然気にされなくてもいいと思います。好きじゃないから意見を言ったわけでもありません。
ただ失敗例とか実際の事例があれば、客観的に学ぶことができるので、記事としての説得力も上がるではと思うからだけです。
でも、幸地さんは凄くハイペースで記事を出されていますから、全てに実例を載せることも難しいというのも理解できます。
今後とも、ますます良い記事を出されるように応援しています。

Posted by: プログラ三 | May 26, 2010 at 02:25 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 次のリーダー候補は子育て中の女性SE | Main | オフショア開発やりがい成熟度の三段階 »